【令和決定版】彼氏・彼女探しに最強の出会いマッチングアプリをランキングで厳選紹介!

大人の関係」。男なら誰しもが望む理想のような関係ではないだろうか。

筆者
筆者
少なくとも私としては理想中の理想である。男のロマンとも言えるだろう。

今回の記事では、この「大人の関係」をテーマとした記事を執筆していきたいと思う。

それでは具体的にどういった話をしていくかというと、要点は以下の通りである。

  1. 「大人の関係」とはそもそも何か、「大人の関係」はどうやってつくるのか
  2. 「大人の関係」を作りたいのなら、出会いマッチングアプリを利用するべし
  3. 誰でも「大人の関係」に至れるようになるまでの3ステップ

これらが今回の主なテーマとなる。したがって、読者の皆様の中で、

  • 今好きな人がいてその人と本気で恋がしたい
  • そもそも今彼女奥さんがいて普通に幸せ

などに該当する方々は、今回の記事の内容にはそぐわない可能性があるため戻るボタンを押していただいて構わない。

それでは早速解説を始めていこう。

「大人の出会い」をどのように作っていくか。

大人の関係の定義

まずは「大人の関係」の定義から始めよう。

そもそも「大人の関係」とはどんな関係なのか、と言われたら、パッと思いつく限りでは以下のような辞書的な意味が浮かんでくることだろう。

  • 関係性を結んだ相手と長期的にセックスを楽しむ関係(いわゆるセフレ
  • 相手と会ってから一回限りの遊びを楽しむ関係(割り切り援助交際など)
  • 不倫や浮気など、ダメだとわかっていてもしてしまうような禁断の恋の関係

なるほど、大きく分けて「大人の関係」には、

セックスを楽しむor恋を楽しむ

の二つの意味合いがあるようだ。

そういった場合、今回この記事で主に取り扱うテーマは、前者の「セックスを楽しむ」関係性を作る方法についてである。

だがしかしよく考えてみると、「恋を楽しむ」ことを完全に抜きにして「セックスだけを楽しむ」ことができるような人がどれだけいるのだろうか。少なくとも私はたとえどんな相手でも、セックスした相手には僅かながら恋心のような気持ちを抱かないこともないし、そうした場合いつもよりも多少多くの幸福感を感じることも事実である。

つまり恋とセックスは完全に別々なものとして割りきれないのである。

前置きが長くなってしまったが、つまりは大人の恋愛の方法も教えますよ、ということである。

大人の出会いにはマッチングアプリ・出会い系アプリがおすすめ

それでは具体的にどういった方法で「大人の関係性」を構築していくか、ということについてであるが、結論から言うと私は「マッチングアプリ」の活用を強くオススメしたい。

なぜかというと、その理由は大きく分けて三つある。

まず一つ目の理由は、後腐れのなさである。

リアルな生活の中で恋人を作ったりセフレを作ったりしたことのある方ならわかると思うが、実生活上でのそういった関係性の維持は想像以上に面倒なものである。

例えば職場内で気になる人と恋人関係になった場合、付き合った直後は幸せで一杯に包まれるかもしれないが、しばらく経ってくると距離感が近い故に喧嘩やすれ違いが多くなったりするものである。挙句の果てには別れる時でさえ周りの知人や職場仲間に気を使ったりなど、面倒くさいことこの上ない。

一方で出会い系アプリならどうだろうか。

オンライン上なら面倒くさい後腐れの心配もなく、また共通の知人などもいないため純粋に出会いを楽しめる。アプリ自体も飽きたらその場でアンインストールしてお終いである。なんとも潔いではないか。

二つ目の理由は、自分に相性のいい相手を探せる可能性が高いということだ。

出会い系という名のオンラインでの膨大な出会いの中から、自分の好みや価値観に合った相手を見つけられる可能性が高いのは言うまでもない。

これがナンパとか合コンだとそうはいかない。結局はその場の第一印象でいいと思っただけで、後々になると「なんか違うな…。」と感じてしまったり、価値観が合わなくてうまくいかなかったりする場合も多い。実生活よりオンラインの方が相性のいい相手を見つけられるのは当然である。

その証拠に、米国科学アカデミーの研究結果によると、実社会でのカップル離婚率はおよそ40%~50%であるが、オンラインで知り合ったカップル同士の離婚率は約7%と圧倒的に少ない。

遊び相手を探すのに苦労してナンパをするのは、実は非効率だったりするのだ。

筆者
筆者
私も以前はナンパで女性を口説いていたことがあったが、最近はめっきりである。
私の周囲の友人達も最近はマッチングアプリを使い始めているようだ。

そして三つ目の理由は、マッチングアプリが今非常にアツいという事実である。

スマホが普及する前は、出会い系サイトと言えば怪しい業者やサクラのイメージが少なからずあったが、スマホでマッチングアプリが出始めてきてからはそのイメージもなくなり、もはや画面一つで出会いを探すという行為が当たり前になってきたのである。

またそれだけでなく、今回のコロナ騒動によって全国で外出がしづらくなり、人と人が会話する機会が急激に減ってきている。

そんな中注目されているのがマッチングアプリであり、このコロナ禍で出会い系アプリ/マッチングアプリ市場は急速に注目を集めている。コロナがきっかけで出会い系アプリを使ってみたという人も結構多いのではないだろうか。

そういった意味では、マッチングアプリをやってないこと自体がもはや時代遅れなのかもしれないのである。

出会えるアプリをランキング形式で徹底紹介

それでは具体的にどういったアプリがオススメなのだろうか。

先ほど書いた通り、「大人の関係」を作る目的には“セックスを楽しむ”ことと“恋を楽しむ”ことの二通りある。そして出会い系アプリもそれに対応して利用コンセプトが分かれており、その種類は様々だ。

この記事ではそんな人気出会い系アプリを、目的別にそれぞれランキング形式で紹介していきたい。

指標としては、

  • 実際に目的に沿った出会いができるか
  • 人気があるかどうか(規模や会員数、話題性や最新さなど)
  • 安全に利用できるか
  • アプリの利用料金(有料or無料、課金料金など)

などを総合的に判断して掲載する。またランキングがあまり多すぎると読者の皆様に負担を強いてしまうため、あえて数を5つほどに厳選して紹介していきたいと思う。この記事を参考にした画面の向こうのあなたが、理想の「大人の関係」を作れることを心から願っている。

それでは順番に見ていこう。

大人の出会い:恋愛部門第1位「ペアーズ(pairs)」

まずは“大人の恋愛”部門から見ていこう。

選ばれた第一位は、人気マッチングアプリの「ペアーズ(pairs)」である。

マッチングアプリの中で一番規模の大きいアプリといえばこの「ペアーズ」である。CMや広告などもバンバン出しており、急速に人気を集めている「ペアーズ」であるが、実際の使い勝手おすすめのポイントはどうであろうか。ランキング1位の「ペアーズ」について徹底的に解説していきたい。

「ペアーズ」の特徴とメリット

まずは「ペアーズ」の特徴について見ていこうと思う。

ペアーズについての概要
累計会員数 1,000万人
男女比 約7:3
利用年齢層 主に20代から40代
料金体系 男性:定額月3,590円
女性:無料※メッセージ無料
利用目的 主に恋活、婚活

「ペアーズ」はマッチングアプリの中でも日本最大級の規模を誇るアプリで、累計会員数は1,000万人超え、一日のマッチング数は約8,000人と、他のサービスと比べて破格の実績を誇っている。

「ペアーズ」の最大の特徴は、その圧倒的な会員数ゆえの出会いの多さである。

単純に出会いの数が多いというのは、その数だけ色んな好みや価値観を持った人がいるというわけで、自分にとって相性の合う人を見つけるのにはもってこいの環境なのである。

筆者
筆者
この“圧倒的な会員数”という要素は非常に重要であり、出会いやすさを決めるうえで一番重要な項目の一つである。後で紹介する「ハッピーメール」などもまさにこれに当てはまる。

ペアーズで“大人の関係”を作るまで

それでは「ペアーズ」で実際に“大人の恋愛”を楽しむには具体的にどうすればいいか、アプリの使い方を説明しつつ詳しく解説していこうと思う。

まずは登録だが、“Facebookアカウントで登録”と“電話番号で登録”の二種類がある。補足だが、Facebook登録をした場合でも友達に身バレするようなことは決してないためご安心いただきたい。

また「ペアーズ」などのマッチングアプリは安全な利用のために、身分証明書での年齢確認が必要となる。確認に使える身分証明書は以下の通りである。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード

さて、登録後実際にメッセージ機能などを使うには男性側が定額の月額料金を払う必要がある。女性は完全に無料で利用できるので、安心してほしい。支払い方法はクレジットカード/デビットカードの他に、iTunesカードやGooglePlayカードも利用できる。

それでは「ペアーズ」の基本的な使い方をご紹介していこう。

まず原則として、「ペアーズ」はこちらから一方的にメッセージを送ることはできない。

“マッチングアプリ”という名の通り、お互いがそれぞれ「いいね」を押してマッチングしない限りは、会うどころかメッセージを送ることもできないのだ。

↓画像のようにマッチングするとメッセージのやり取りを行えるようになる

ペアーズでマッチングした瞬間の画像
筆者
筆者
特に男性は、いくらやっても全然マッチングしないなんてことがザラにあるが、使い続けていれば徐々に評価されていくこともあるため気長に続けてみることをオススメする。

うまくマッチングしたら、次にメッセージを送ってみよう。

「ペアーズ」ではメッセージを送る際、自分で設定した初回定期分を利用できるため、それを利用してマッチングでき次第バンバンメッセージを送るのも良い。しかし私は相手のプロフィールを見て、趣味や好きなもの・価値観に合わせてメッセージを変えた方が、返信率が高いのではないかと思う。

私はいつも一番最初は画像のようなメッセージを送信している。

ペアーズで一番最初にメッセージを送信したときの画像

この辺はそれぞれの自由だが、自分のスタイルに合ったメッセージのやり取りを楽しんでほしい。またやり取りを続けていると、中には暇つぶし目的やただ話すだけの関係がいいとかいう子もいるため、その辺はうまく見極めが必要だ。

筆者
筆者
我々の本来の目的は「大人の恋愛」を楽しむこと。相手に会う意思がない場合は、私なら思い切って返信をスルーしてしまうことをオススメする。

やり取りを続け仲良くなったら、いよいよデートに誘ってみよう。

初デートは基本どこでもいいが、大人の女性なら最初はあまりがっつかずにランチやカフェなどの落ち着いた場所、積極的に攻めるなら夜景の綺麗なレストランなんかに誘うといいだろう。スマートにかつ攻める時は攻める、といった姿勢が“大人の恋愛”の秘訣かもしれない。

ちなみに冒頭でも書いたが、私は大人の恋の関係はあまり望んではいなかったため「ペアーズ」で彼女ができたことはないが、付き合うまではないにしろこのアプリで女性との素敵な出会いも何度か経験した。

私個人としては、「ペアーズ」の女性は恋にガツガツとした人が多いという印象よりかは、一緒に楽しい時間を過ごしたいというような人が多いような気がした。この微妙なバランスが私にはとてもピッタリに感じて、個人的に1位とさせていただいた。

少なくとも“大人の恋愛”を楽しむには、十分すぎるほど満足のできるマッチングアプリだと私は考える。

ペアーズの口コミ・評判や噂

次に、「ペアーズ」に関する口コミと評判について見ていこう。

高評価口コミ

男性<br />GooglePlay
男性
GooglePlay
就職して友達も彼女もおらず暇でとにかく出会いが欲しかったので、友達がガチで出会いたいならコレといった言葉を信じてやってみたら一週間足らずでちゃんと会えました。本気で出会いを求めているならコレがいいでしょう。

やはり出会いやすさにおいては「ペアーズ」がかなり優秀なようだ。それにしても1週間足らずで出会えたというのだから普通にすごい。

高評価口コミ

男性<br />GooglePlay
男性
GooglePlay
こちらのアプリで年齢を問わず20人ほどの女性とお会いしました。お茶したり、映画を観たり、食事やスキー、一夜を共にした方もいました。でも、長くは続きませんでした(笑)
男性には、このペアーズは本気でやるというよりは、今後のための練習くらいの気持ちでやるといいと思います。

一方でこんなコメントも。本気で出会いを見つけるのもいいが、「大人の出会い」のためには肩の力を抜いて遊ぶのを楽しむことも大切なのかもしれない。

高評価口コミ

こちらはTwitterからの口コミ評判。なんと「ペアーズ」で出会った人と結婚にまで至ったらしい。とてもめでたいことである。

「ペアーズ」は恋活だけでなく婚活にも力を入れているようなので、結婚願望のある方にはオススメしたい。

高評価口コミ

遊び目的も婚活での利用も可能とのこと。この辺は個人の腕にかかっているのだろう。

低評価口コミ

男性<br />GooglePlay
男性
GooglePlay
本当に男性会員登録しない方がいいです。女性かサクラか知らねーけど、自分からいいねしてきてメッセージシカトとか意味分からない女性が多い。

一方でこちらは低評価コメント。サクラの女性がいるとのことだが、「ペアーズ」はそもそも定額サービスなのでサクラが発生することはまずあり得ない。恐らく出会えなかったことに対する妬みの口コミであろう。

このように「ペアーズ」にはサクラがいるとの評判が見られることがたまにあるが、下記の運営コメントのように、運営はサクラ業者を取り締まるサポートをおこなっているため、不安に思う必要はない。

「ペアーズ」を安心・安全に利用するためのガイドライン。
ペアーズのサクラや業者に対するサポート体制

大人の出会い:恋愛部門第2位「ウィズ(With)」

続いてのご紹介。

恋愛部門第二位は、マッチングアプリの「ウィズ(With)」である。

「ウィズ(With)」といえば、メンタリストのDaiGo氏が監修している恋愛心理学に基づいたマッチングを提供しており、自分の性格価値観好みを反映した最適なマッチングが評判となって最近人気急上昇中のアプリである。

そんな「ウィズ(With)」について、ここでは徹底的に掘り下げていこう。

「ウィズ(With)」の特徴とメリット

こちらが「ウィズ(With)」についての特徴をまとめた一覧である。

ウィズについての概要
累計会員数 約250~300万人
男女比 6:4
利用年齢層 主に10代から30代
料金体系 男:定額月3,600円
女性:無料※有料オプションあり
利用目的 主に恋活、婚活

「ウィズ(With)」の最大の特徴は、なんといってもマッチングの精度の高さである。

他のマッチングアプリにはない「ウィズ(With)」の特徴的なコンテンツとして、心理テスト性格診断などがある。これはメンタリストのDaiGo氏が監修した心理テストを基に、アプリが自動でユーザーの好み価値観を分析し、恋愛心理学的に一番相性がいいユーザー同士を自動的にマッチングさせてくれるというなんとも便利なコンテンツなのである。

自分にとって相性の良い相手を探したい、性格や価値観で相手選びを失敗したくない、といった方には一番オススメできるアプリだといえるだろう。

「ウィズ(With)」の使い方説明

それでは簡単に「ウィズ(With)」の使い方について説明していこう。

まず登録に関してだが、「ペアーズ」と同様にこちらも電話番号登録、それからFacebook登録の二種類が選べる。特にFacebook登録では、Facebook上の友達が「ウィズ(With)」で表示されるのを防いでくれるため非常に便利である。

しかしFacebook登録は友達の数が10人未満だと利用できないため、Facebookアカウントなし・もしくは友達が10人未満の場合は電話番号登録をしよう。

登録後、免許証などで本人確認を済ませたら早速「ウィズ(With)」を利用してみる。

「ウィズ(With)」で好みの相手を探す方法は二つある。

まず一つ目は検索条件を設定する方法である。「ウィズ(With)」では画像のように細かい検索設定ができ、住まいや年齢、身長や体型などあらゆる条件から自分の好みのユーザーを探すことができる。

ウィズの検索画面

また“好みカード”で検索条件を絞ることで、趣味や価値観などが一致した相手ともつながることができる。

ウィズの好みカード

そしてもう一つは、「心理テスト」の結果を用いる方法である。メニュー下の「さがす」ボタンを押すと真ん中に出てくる中央の赤いボタンをタップすると、このように心理テストの画面になる。

ウィズの心理テスト

この心理テストは自分の性格好み価値観を分析するためのツールとしてとても優秀であるだけでなく、この心理テストの結果が一致した相手を探す際に「いいね」が無料で押せるという特典も付いているのである。

ウィズでは心理テストの結果で一致したユーザーにはいいねが無料で送れる
特に私は「心理テスト」をオススメしたい。大人の出会いを楽しむうえで、そういった自分の価値観に合う女性を自動的に選んでくれるというのは非常に便利だと言える。

ウィズの口コミ・評判や噂

それでは次に「ウィズ(With)」の口コミ・評判を確認していこう。

高評価口コミ

女性<br />AppStore
女性
AppStore
さすがメンタリストDaiGoさんの監修なだけあって、心理テストもネットのよくある文章ばかりでなく、初めて言われる内容もあって、しかもちゃんと当たってて、すごいです。
恋愛コラムもどうせありきたりなことが書いてあると思って読みましたが、全然そんなことなくて、ちゃんと当たっててすごいです。
いい人に出会えるかは運次第だと思いますが、アプリ自体はとてもいいと思います。

やはり「ウィズ(With)」特有の心理テスト恋愛コラムを評価するコメントが多く見られた。

心理学的な知見に基づいた正確な情報が載っているため、読んでいて単純に面白いだけでなくタメになるという点で評価されているのだろう。

高評価口コミ

女性<br />AppStore
女性
AppStore
withにはとても良い人ばかりだなと感じます。
私は女性ですが2年間アプリをやっててたくさんの方々とお話しして来ました。とにかく他のアプリより使いやすくてここでは30人以上の方々とお話したと思います。(実際にあったのは6人です)
真面目でお話し上手な方々も多く年齢も落ち着いて20代前半~27歳が多く私と年齢が近くて話しやすかったですね。
わりと恋愛経験ない感じな方が多くみられたので、私もあまり経験がない身分としては他のアプリよりお勧めできるかなとは思います!

こちらも女性の評価コメント。使いやすさユーザーの質の良さを評価しているようである。

女性から評判の高いマッチングアプリというのは、つまりそれだけ女性ユーザーが多いということであり非常に重要な要素である。また下記のような口コミも存在する。

現在「ウィズ(With)」の人気が凄まじいらしく、週ごとの入会人数は2万人と「ペアーズ」を大きく引きはがしているようである。他の評判とも照らし合わせると、特に20代前半の若年層からの支持が大きいらしく、実は今一番アツいマッチングアプリは「ウィズ(With)」なのかもしれない。

低評価口コミ

男性<br />AppStore
男性
AppStore
他の出会い系アプリに比べて安心度がとても高い。
好み傾向テストなどを定期的に行って相性の良い相手を提案してくれるので、普通に使っていて楽しい。
ただ、入会したてはかなりいいねがくるが、長く使っているとマッチング率がめちゃくちゃ下がる。
定期的にログインしないとトータルいいね数がどんどん減っていくので、長く続けるなら定期的にログインした方がいい

こちらは低評価口コミ。男性側の意見であるが、どうやら長くサービスを利用しているほどマッチング率が下がるというものらしい。

確かにアプリを始めた直後が一番マッチングしやすいというのは間違いなく、これは始めたばかりの初心者がアプリから離れるのを阻止するための措置だろう。しかしだからといって、長く使えば使うほどマッチングがしにくくなるようなことは個人的にないと思われる。

だが口コミのように、毎日ログインはかかさずやるべきであろう。毎日連続でログインする毎に「ログインボーナス」がもらえ、無料でいいねを獲得することができるのである。細かいところではあるが重要なポイントである。

大人の出会い:恋愛部門その他アプリ(Omiai、タップル、ゼクシィ縁結び)

今回の恋愛部門のランキングからは外れたが、一般的には人気があり評判も高いアプリをそれぞれ紹介していこうと思う。また、それらのアプリがなぜランキングに入らなかったかの理由も説明したい。

恋愛部門ランク番外編①「Omiai」

まずはマッチングアプリの「Omiai」である。

「Omiai」は累計会員数400万人とマッチングアプリの中でもかなり大規模なサービスで、アクティブ数や男女比などもバランスがよく良質なマッチングアプリである。

「Omiai」の特徴として挙げられるのは、「いいね数」のバランスである。

通常出会い系アプリでは、特に女性などは人気のユーザーに「いいね」が一極集中してしまい、他のユーザーが置いてけぼりになってしまうことが多々ある。

しかし「Omiai」ではその偏りをなくすため、人気のユーザーには「いいね」をより多く押さなければマッチングしないという構造になっており、より色んなユーザーに多くの出会いの場が提供されているというのが最大のメリットである。

Omiaiとその他マッチングアプリの比較
Omiai その他
会員数 400万人 平均100万人程
アクティブユーザー数 多い 普通
「いいね」のバランス 多くのユーザーに広くいいねが行き渡っている 一部のユーザーに一極集中している

一方でデメリットを挙げるとすれば、年齢層が少々高く婚活を意識した出会いが多いという点である。

「Omiai」はその名の通り、恋活よりもどちらかというと“婚活”を意識したユーザーが多くおり、そのため出会いに関しても真剣な雰囲気が感じられてしまうのである。正直完全に意見が別れるところではあるが、「大人の出会い」を楽しみたい私としては、婚活をメインに据えた「Omiai」は少々気遅れしてしまう気がしたのである。

恋愛部門ランク番外編②「タップル」

続いて紹介するのは「タップルtapple)」である。

累計会員数500万人、総マッチング数2億と、ものすごい実績を誇る国内規模第2位の超大手マッチングアプリである。

「タップル」の特徴は、年齢層の若さカジュアルな出会いを楽しめる点である。

他のマッチングアプリと比較しても、「タップル」の平均年齢層は20代~30代前半と、かなり若いユーザーが偏っているイメージである。

実際に使ってみても、「タップル」は婚活というよりかは恋活、もしくは遊び相手募集などの使われ方をされている傾向が強い。

筆者
筆者
最も恋活や婚活などのガチガチな関係ではなく、ソフトで軽い遊び目的のような出会いというのは私が理想とする「大人の出会い」そのものであり、その点に関しては非常にポイントが高い。

しかしデメリットとして挙げられるのは、何よりも業者の多さである。

その出会いのカジュアルさから、「タップル」は現在業者数がかなり多く、他のアプリよりも出会いにくくなっている状況にある。

もちろん業者を回避する方法もあり、見分けるのは比較的簡単ではあるのだが、だったら「ペアーズ」や「ウィズ(With)」でいいやと思ってしまうところが残念なポイントである。

実際に「タップル」を利用しているユーザーの評判を見ても、業者の多さに言及する口コミが多く目立った。

この点に目を瞑れるなら、「タップル」を活用して遊び相手を見つけてみるのもアリかもしれない。

恋愛部門ランク番外編③「ゼクシィ縁結び」

最後にご紹介するのは、結婚情報誌「ゼクシィ」を手掛けるリクルートがリリースした、「ゼクシィ縁結び」である。これは主に婚活を目的とした男女をターゲットとし、結婚情報誌を出版しているノウハウを基に最適なマッチングを提供するオンライン婚活サービスである。

正直この記事で取り扱うのは少し違うかもしれないと思ったが、一応メリット・デメリットを紹介していこうと思う。

メリットとしては、婚活に特化しているためマッチング時のミスマッチがなく、真剣な恋を考えている方にとってはもっていこいのサービスだという点である。

婚活目的でアプリを使いたい場合、遊び目的で絡んでくるユーザーがいれば腹が立つことは間違いない。「ペアーズ」などではそういった可能性があるが、「ゼクシィ縁結び」でそういった絡みをしてくる人はまずいないだろう。これは最大のメリットだといえる。

一方でデメリットとしては、「婚活」という目的そのもの自体にあるといえる。

前提として婚活目的で集まっているため、男女とも相手に対する目利きが非常に鋭くなっている。そのため、マッチングがスペック重視となってしまい、一部以外のユーザーが取り残されてしまうといった現象が多発しているのである。要するにオンライン版婚活パーティー状態である。

この点に関してはいくつかのユーザーが低評価の口コミを残している。

男性<br />GooglePlay
男性
GooglePlay
女性も有料なので始めましたが基本的にハイスペ狙いが多い印象。3ヶ月で登録してますがマッチング1ヶ月たちますがまだ0見た目がそこまで良いというわけではないということもありますが、年収最低でも600万以上じゃないとマッチングしないように思われます。
女性<br />AppStore
女性
AppStore
イケメン高収入の男性からイイネをもらって、メッセージのやりとりをすることになりました。(メッセージのやりとりできるのは有料会員だけなので、一か月¥5000円の有料会員に入らざるを得なかった)
男性と浅いメッセージからラインの交換しましょうという流れになり、お互いのラインを交換しました。しかし、男性からラインの既読がなく、おかしいと思った私はメッセージの方に男性に連絡したところ男性は退会していました。。。

それでもこういった婚活に特化したアプリというのは珍しく、良い出会いがあれば他のどのアプリよりも最高の経験を得られることは間違いないため、結婚を考えている方はぜひ活用してもらいたい。

恋愛部門:評判・口コミをまとめてみた

いかがだっただろうか。恋愛マッチングアプリに関して一通りランク付けさせてもらったが、ここではさらに上記アプリ利用ユーザーの評判口コミをまとめてみたので、インストールを考えている方はぜひ参考にしてもらいたい。

こちらの利用者の方は「ペアーズ」よりも「ウィズ」を推していると思われる。最近のトレンドとしてはやはり「ウィズ(With)」がやや優勢か。

ペアーズ」>「タップル」>「Omiai」といったところか。

こちらの記事では紹介しそびれたが、「東カレデート」というハイスペックな恋愛を望む方向けのマッチングアプリも存在する。入会審査などもありややターゲットが狭まれるため掲載していないが、ステータスに自信のある方はチェックしてみるのもアリだろう。

やはりここでも「ペアーズ」を推す声が。
ゼクシィ縁結び」はサポートの充実さを評価する口コミが多数見受けられた。やはり婚活を全面的に支援するアプリなだけあって、その辺のサポートは徹底しているのだろう。

男性<br />AppStore
男性
AppStore
コロナの影響で外出自粛のため時間があったのでタップルを登録してみました。
2020年2月に登録し約3ヵ月の間に40人くらいマッチしました。
20代の方が多く、特に休校になった大学生や入社して即リモートになった方とのマッチがほとんどでした!
他の方が言っているようにめちゃめちゃマッチしやすくなった気がします。

こちらはAppStoreでの「タップル」の口コミ。コロナ禍でマッチングアプリの利用者が急増したのは知っていたが、3か月で40人というのはなかなかの数字である。

「タップル」に限らず、コロナの自粛ムードで人との接点が減った結果マッチングアプリの需要が急激に増えているため、もしこの機会に始めようと思った方は絶好のチャンスかもしれない。(マスク着用やソーシャルディスタンスなどの予防は徹底しましょう)

以上で大人の恋愛に関するアプリのご紹介は終了である。

大人の出会い番外編:危険な出会いについて

大人の出会いを楽しむうえで常に気を付けなければならないのは、そこに潜む危険な出会いの数々である。

大手の出会い系アプリやマッチングアプリなどは、日々様々なトラブルクレームに丁寧に対応して、我々が安心安全に出会いを楽しめるサポートを提供してくれている。

しかしそういった目をかいくぐって、あたかも本当に出会えるかのように誘導しお金をだまし取るような悪徳業者が存在していることもある。

そしてさらに悪質な場合は、そもそもアプリ自体がまったく出会えないようなサクラだらけの詐欺アプリで、大量のお金を騙し取ったり事件に巻き込まれたりなんてケースも十分あり得る。

今回は、実際に存在するそういった危険な悪徳詐欺アプリを、AppStoreGooGlePayストアの上位順に紹介していくとともに、危険な悪徳業者に騙されないようにするにはどうすればよいかの対策方法を徹底的に解説していこうと思う。

絶対に使ってはいけない危険な詐欺出会い系アプリ一覧

まずは絶対に使ってはいけない、AppStoreやGooGlePlayストアでランキング上位にいる詐欺出会い系アプリ達を紹介していきたい。

これらのアプリは一見「ワクワクメール」や「ハッピーメール」などの優良出会い系アプリと混同され、口コミや評判の良さからつい手軽にインストールしてしまいがちである。

おしゃれな見た目や使いやすさ、また可愛い女性がたくさんいるといったところから、ついつい利用してみたくなってしまいそうになるが、その実態はただの詐欺アプリなのだ。以下がその一覧である。

  • デイズdays
  • ぴたっと
  • 出会いのマッチ(match)
  • リアトーク

※特に赤字のアプリは上位に表示されているため、注意が必要である

詐欺アプリの特徴として、課金料金異常に高いといった点が挙げられる。

一般的な出会い系アプリ、例えば「ハッピーメール」などの料金体系はメッセージ一通あたり約50円という相場になっている。

しかし、例えば「days」などで言えば、メッセージ一通あたり250円と、約5倍もの差があるのである。

詐欺アプリデイズの悪質な料金体系表
詐欺アプリデイズの悪質な料金体系相場表

その上、これらのアプリには大概サクラの女性がいることが挙げられる。

こうした詐欺アプリは女性から利用者の男性に積極的に出会いや夜の関係を誘ってきたりなど、男性が「もっとこの女性と連絡を取りたい!」と思わせるよう仕向けてくるのである。

しかしそれ自体がサクラの思う壺なのであり、サクラはメッセージのやり取りをどんどん続けさせ、永遠に男性からお金をむしり取ろうと画策しているのである。

詐欺アプリデイズの悪質な料金体系相場表

↑アプリをインストールして一日目、しかもプロフィール設定一切無しにもかかわらず、大量のメッセージで溢れかえっている(しかもほとんどエロ目的)。

普通の出会い系アプリではありえないことだし、間違いなくこれらは全てサクラである。

意外と知らないサクラと業者の違い

ここまででサクラの危険性は十分理解できたことだろうと思われる。

しかしこういった疑問も持たれた方もいるのではないだろうか。

業者とサクラってどう違うの?
ワクワクメールにもサクラとか業者はいる?

そもそもサクラと業者違いとは一体なんなのか、また「ワクワクメール」などの優良出会い系アプリにもそういったものが存在するのか、などなど気になる点を一度おさらいしていこうと思う。

まずサクラとは、アプリ側が用意した悪徳詐欺行為をおこなうユーザーのことを指している。

先ほどの「デイズ」のように、アプリ側とユーザーがグルになっており、サクラのユーザーが一般のユーザーと会話をすればするほどぼったくり料金で課金させることができ、アプリ側が儲けられるという仕組みである。

そいういった目的から、サクラは「ハッピーメール」などでは見られない。なぜなら「ハッピーメール」などの優良出会い系アプリは適正価格での課金相場であり、サクラをつけてもアプリ側にメリットがないからである。

つまり、サクラは悪徳詐欺アプリにしか存在しないということなのである。

一方で業者はどうだろうか。

業者というのは、アプリとは関係のない勧誘や援デリ、ぼったくりバーへの誘導などの迷惑行為をおこなうユーザーのことである。

業者はアプリとはグルの関係ではなく、そういった迷惑行為自体でお金を儲けようとしているためどこにでも湧く存在である。

これはどうしても「ワクワクメール」などの優良出会い系アプリにも発生しまうのであるが、これに関しては業者を徹底的に排除する24時間体制のサポートを敷いているため、比較的安全に利用できる。

それでも、業者というのはどうしても巡り合ってしまうものであり、事前に特徴を把握し対策しなければ騙される可能性は少なくない。

ここではそういった業者たちの特徴をまとめあげ、それぞれどういった勧誘をしてくるのかを紹介していきたいと思う。

悪徳業者その1.援デリ

援デリとは援助交際とデリバリーヘルスが組み合わさったもので、主にSNS出会い系アプリなどで集客をおこなう業者である。

仕組みとしては、SNSなどで一般ユーザーのフリをした女性アカウント(中身は業者のおっさん)が男性に話しかけてお金などの条件を持ち掛け、条件が成立した場合、素人女性を装ったデリヘル嬢が派遣されるというものである。隠れて目立たないが立派な違法風俗営業者である。

基本は本番前提だが、大体がホ別2万などのぼったくり価格で設定されているため、援デリするぐらいならソープランドに行った方がはるかにお得で満足度も高い。

また男性側からしたら、アイコンの可愛い女性が来るかと思ったら似ても似つかないおばさんが来たり、プレイも雑で消化不良に終わったりと散々な目に合ってしまうやっかいな存在である。

といった風に、援デリ業者は非常にやっかいな存在である。そして出会い系アプリに存在する業者の大半もまたこの援デリ業者なのである。

下記画像は「ハッピーメール」に来た援デリ業者のメッセージであるが、いきなりこのような誘いの連絡が来たら真っ先に疑ってかかった方がよい。

援デリ業者からの迷惑なメッセージ画像

悪徳業者その2.勧誘

援デリの次に多いのがこの勧誘業者である。

こちらは業者というよりかは個人でやってる詐欺ビジネスのようなもので、出会い系アプリ・マッチングアプリ問わず遭遇することがある。

特徴としては、

「今お金に困っている男性に向けた小口投資サービスがあるんだけどどう?」
転売で一発儲けたいんだけど、一緒にやってみない?」

などの簡単にお金を稼げるといった内容のメッセージがいきなり届くことが多い。

その他にも宗教団体への誘いだったり、中にはスピリチュアル系の勧誘などもあったりする。

またキーワードとして、資産投資副業、稼ぐ、ビジネス、お金持ち、健康、お得などといった文言が入っていた場合は要注意である。

下記のような勧誘例も存在している。

悪徳業者その3.美人局

美人局(つつもたせ)は出会い系などで実際に会ってから遭遇する迷惑業者である。

最近は少なくなってきたそうであるが、それでも未だに被害は出ているそうなので紹介しておきたい。

美人局とは、女性との性的行為後、その関係者を名乗る男性が突然現れ、何らかの理由(彼氏や兄など)を盾にして恐喝し、お金を要求する存在である。

この場合大抵は女性が未成年であることを理由に警察に通報するなどと脅し、エスカレートすると訴訟裁判といったワードを出してさらに被害者を追い詰めてくるケースが多い。

もし不運にも遭遇してしまった場合、金銭的にも精神的にも非常にダメージの被る恐ろしい存在である。

悪徳業者その3.ぼったくりバー

最後に紹介するのはこのぼったくりバーの業者である。

こちらも実際に出会ってから遭遇する業者であるのだが、美人局とは違い最近急速に数が増えており、また見分けの付きにくい存在であるため非常に厄介である。

ぼったくりバー業者の手口は少し複雑である。まず一般女性に扮した業者(中身はおっさん)がSNSや出会い系アプリ上で、

今日飲みにいけない?

などと誘い、男性と集合場所で落ち合う。そして「行きたい店があるの!」と脇道に逸れた小さい居酒屋やバーに案内され、ご飯やお酒を楽しむ。

しかしお会計を済まそうとすると、なんと合計金額が10万円であると言われる。もちろんぼったくりの金額であるため、支払いを拒否しようとする。だがその場合裏から暴力団系の見た目のお兄さんがやってきて、払うまで返さないなどと脅される。

そうして根負けしたあなたはATMで貯金を崩し、なくなく10万円を支払うことになるのである……。

といったように、もしぼったくりバーに遭遇した場合、被害額と精神ダメージは計り知れないのである。

また厄介なのが、ぼったくりバー業者は会うまでそれが業者であるかどうかが非常にわかりづらいところにある。援デリ業者であればお金のやり取りが前提であるため、支払い意思がなければ交渉の時点で行為をキャンセルすることができる。

しかしぼったくりバーの場合、支払う意思に関係なく店に連れてこられた時点でゲームオーバーである。あとは脅されてなくなくお金を支払うしかなくなってしまうため、ある意味他のどの業者よりも一番恐ろしいものに他ならない。

業者の見分け方

出会い系アプリには数多くの業者が紛れていることが判明した。それではどうすればこういった業者から自身の身を守れるのであろうか。それぞれの業者の見分け方、そして対策法を紹介していこうと思う。

出会う前の段階での業者の見分け方

まず援デリ、勧誘などの出会う前の段階でやり取りをおこなう業者についての対策法をまとめてみる。

これら業者の特徴はシンプルで、メッセージ上で直接的または間接的にお金を要求してくる点で業者だとわかる。

例えば援デリ業者で言えば、下記のように“保証金”などと言ってお金を預けるようにと言っているが、もちろん預けたお金が返ってくるようなことはなく一度行為を済ませればそれで終わりである。

こういった間接的な方法でお金を要求されると一見大丈夫そうに思えてしまうが、その実は素人女性を装ったただの業者であることがわかる。

したがって、メッセージ上での業者対策法に関してはとにかく無視することが一番である。

話の中でお金の話題が出てきたときは警戒する、またプロフィールの時点で明らかに怪しいポイントがあればメッセージを送らないなどの事前的な対策が重要である。

出会った後での業者の見分け方

一方で約束を取り付け、業者と思われる人物に実際に出会った時の対処法はどうであろうか。ここでは主にぼったくりバー被害を想定して話を進めていく。また美人局に関しても似たパターンで対応できるので、一緒のものとして扱うことにする。

まず前述の通り、ぼったくりバー業者は見分けが難しい。食事に行くまではまったく自然な流れであるし、食事中も特に勧誘などの話もなく楽しく進んでいってしまう。しかし食事をしてしまった時点でこちら側がかなり不利な立場に陥ってしまう。

となると、やはり見分けるタイミングとしてはお店に行く前のところでしかない。

相手の女性にこのように聞いてみよう。

「店こっちで適当に決めちゃっていい?その辺のチェーンとか。」と。

もし女性が業者であれば、提案を渋るか最悪逆ギレする可能性もあるだろう。それでも絶対に譲るべきではない。なぜなら一般女性なら特定の店に行くことにそこまでの執着を見せる可能性は限りなく少ないからである。

またありがちなパターンとして、

「今日ダーツとかカラオケ行きたいんだよね。知り合いがやってて安くしてくれるとこあるからいこうよ!」

とこだわりを見せることで自分の行きたい場所を絞ろうとしてくることもある。

そういった場合は、

「個人の店はちょっと恐いからチェーンならいいよ。」

と正直に言ってしまうのも一つの手である。

もし業者だった場合、この言葉を聞いた時点で「コイツは無理だ……。」と判断してくれるため、変な話相手にとっても都合が良い。

またもし一般の女性だったとしても、チェーン店へ誘うのは安心感を与えることにも繋がる。

被害に遭ってしまった時の対処法

それでは実際にこれらの業者から被害を被ってしまった後の対処法について説明していきたい。

まず援デリであるが、これは仮に行為を済ませてしまった場合、契約が成立しているものとして見なされる可能性が高いため通報裁判を起こしても無駄になってしまう可能性が高い。

しかし相手は違法風俗営業者であるため、もし仮に相手女性の身元および所属先が判明できるモノがあれば、それを利用して裁判を起こせる可能性がある。

だが基本的には援デリに捕まってしまったら、お金を取り戻すのは難しいと考えた方がよいだろう。それでもまずは一度警察に被害相談を出すことが重要である。

一方で勧誘やぼったくりバーに関しては、被害に遭った場合裁判で争えるケースが多い。

特にぼったくりバーに関しては、可能な限り店内でまずお金を払わない意志を表明することが重要である。暴力団関係者が脅して来たとしても、毅然とした態度で向かうことでトラブルを回避できることがある。

しかし仮に暴行やひどい脅迫を受けてしまった場合は、身の回りに危険性が生じるため一旦仕方なく一部のお金を払い、一回帰ることを考えた方がよい。

その場合は後に裁判を起こし、被害返金を要求できる可能性が高いため、まずは自分の安全を確保することが大事である。

詳しくはぼったくりバー対策に関して丁寧に解説されているこちらの動画を参照いただきたい。

まとめ

いかがだったであろうか。

今回は「大人の出会い」をテーマとしたオススメの出会い系アプリマッチングアプリについてランキング形式でご紹介させていただいた。

この記事を執筆している2020年9月現在も、新型コロナウイルスの猛威によって日々の行動に強いストレスを感じている方々も多いことと思われる。

しかしそういった中でも人と人との出会いを楽しみ、日々の生活に華やかさをもたらすことで大人としての余裕や充実感を忘れず、鬱屈とした混沌の世界を少しでも美しく彩る手助けができれば私としては感無量である。

こんな世の中であるが、無理せずあなたのペースで自由に「大人の出会い」を楽しんでいただきたい。