大人の関係におすすめの出会い系アプリの比較ランキングと評価、使い方と出会い方も徹底解説!

大人の関係や交際相手募集におすすめのマッチングアプリは?遊び目的、大人の出会いにおすすめの出会系アプリ、恋愛目的・彼氏彼女探しに最適な人気アプリを比較、ランキングで評価!それぞれのアプリのおすすめポイントを口コミ評判や体験談と共にを分かりやすく紹介。


出会い系アプリやマッチングアプリをすでに使っている人はもちろん、まだ使ったことがない人でも大人の関係に興味がある人は少なくないだろう。

お互いに都合のいい時にだけ会えて深入りせずに体の関係だけで付き合えるのは理想的だが、セフレや割り切りなどの大人の関係になれる相手を見つけるのは、日常生活においては簡単ではない。

だが、出会い系アプリやマッチングアプリを使うと、そのような大人の関係での出会いも簡単に見つけることが可能だ。

マッチングアプリでの大人の関係とは?

マッチングアプリや出会い系アプリを使っていると目にすることが多い「大人の関係」という言葉。端的に言えばその意味は「セックスをする関係」ということ。

pater(ペイターズ)やpaddy67、ワクワクメールなどのパパ活目的の女性が多いアプリでの「大人の関係」は、単純なセフレ関係ではなく金銭的な割り切り条件ありの体の関係で会うことを意味する場合が多い。

「大人の関係」の意味と最適なアプリとは?

一言で「大人の出会い」や「大人の関係」と言っても人によって、あるいは状況によって意味合いが微妙に異なる。

出会い系アプリやマッチングアプリにおける「大人の出会い」や「大人の関係」が意味する交際関係は、おおまかに以下の4つに分類することができ、それぞれの出会いに最適なアプリ以下のとおりだ。

「大人の出会い」や「大人の関係」とは?

  • 体だけのセフレ関係(タダマン)
    ⇒出会い系アプリがおすすめ
  • 割り切りでの大人の関係
    ⇒出会い系アプリ or パパ活系のマッチングアプリ
  • 食事やお酒を供に楽しむ気軽な関係
    ⇒出会い系アプリ or 恋活・婚活系のマッチングアプリ
  • 大人同士の恋愛
    ⇒恋活・婚活系のマッチングアプリ

これらの分類をベースとして、最適な出会い系アプリ、マッチングアプリを比較、評価している。

出会い系アプリとマッチングアプリの違い

マッチングアプリと出会い系アプリは法律的には同じくくりになるのだが、このサイトでは敢えて両者を分けて説明している。

その理由は使う目的やアプリの仕組みなどに大きな違いがあるためだ。

そこで「出会い系アプリ」と「マッチングアプリ」の違いについて、ここで一旦明確にしておくことにしよう。

「マッチングアプリ」は真剣交際目的

マッチングアプリ」とは、その名の通りお互いのユーザーが“マッチング”することでメッセージのやり取りや出会いを楽しめるアプリであり、お互いが「いいね」を押さなければマッチングしないという点で婚活や恋活目的などで利用されることが多い。

Pairs(ペアーズ)や「with(ウィズ)」、 タップル などがこれに該当する。

「出会い系アプリ」は気軽な関係向きで使い勝手も手軽

一方で「出会い系アプリ」は、一般的にマッチングアプリよりも少しカジュアルな出会いを楽しむためのサービスであり、これはお互いがマッチングしていなくても一方的にメッセージを送信できるのが特徴である。

「ワクワクメール」や「ハッピーメール」、「PCMAX」がこれに当てはまる。

つまり、主に彼氏彼女作りに使われることが多いのが「マッチングアプリ」であり、主にセフレ割り切りなどの遊び目的で使われることが多いのが「出会系アプリ」なのである(もちろん「ティンダー」などの例外もある)。

ワクワクメールは出会い系アプリで最も使い勝手がいい

「ワクワクメール」は出会い系アプリであるため遊び目的として利用されることが多い。

大人の出会い”、そして“遊びの関係”、すなわちセフレ作りを目的としている人にとって非常に好都合な出会い系アプリだ。

またワクワクメールは他の出会い系アプリと比べて非常に出会いやすいアプリだというのが魅力でもある。

これはあくまでも私の個人的な体験をベースにした意見ではあるが、「ワクワクメール」は他のアプリよりも遊び目的・大人の関係目的の女性が多い印象が強い。

もちろん、真剣な恋愛が目的で彼氏を探している女性もいるにはいるが、その割合はとても低く、実質大人の関係専用の出会い系アプリと言っても差し支えない。

そのような状況であるため、セフレの作りやすさはあらゆる出会い系アプリの中でも群を抜いて優れている。

ワクワクメールが出会いやすい理由

出会い系アプリでは時に業者の存在が問題となることがあるが、ワクワクメール業者の排除に本腰を入れて取り組んでおり、この1・2年で業者の数が急速に減少している。加えて、昨今のパパ活ブームによりワクワクメールに登録する一般人の女性が急速に増えていることが相乗効果を生みとても出会いやすくなっている。

出会い系アプリを初めて使うという人は、手始めにワクワクメールを使うのが最もおすすめだ。それぐらい誰でも比較的簡単に相手を見つけて会える。特に割り切りの大人の関係の相手を探している人にとってはとても重宝する出会い系アプリだ。

ワクワクメール公式はこちら *R18


話がやや横道に逸れたが、それでは大人の出会いに最適なアプリのランキングを詳しく紹介していこう。

ワクワクメールが出会い系アプリで最も出会いやすいことを前提として、以下のランキングで紹介している出会い系アプリの評価に目を通してもらうと自分に合うおすすめのアプリを選びやすいと思う。

大人の出会いや関係に最適なアプリランキング

それぞれの大人の出会いに最適なアプリを選ぶにあたって重視したのは以下の4点。

  • 実際に目的に沿った出会いができるか
  • 人気があるかどうか(規模や会員数、話題性や最新さなど)
  • 安全に利用できるか
  • アプリの利用料金(有料or無料、課金料金など)

これらの指標をベースに、アプリの口コミや評判、私個人の体験談や調査結果をもとに最適なアプリを選んでいる。

自身の目的に合わせてそれぞれの比較ランキングを参照してほしい。きっと最適なアプリが見つかるはずだ。

「セフレ探し」におすすめのアプリランキング

ここでは、以下のような「大人の出会い」を目的としている人を対象におすすめの出会い系アプリを比較、評価している。

  • タダマンできるセフレを見つけられるサイトやアプリを知りたい
  • 人妻や熟女の交際相手、遊び相手を探している、出会いたい

このような目的に最適な出会い系アプリを比較し評価をまとめたものが以下の表だ。

セフレ探しに最適な出会い系アプリの比較と評価
順位1位2位3位
アプリワクワクメールハッピーメールPCMAX
会員数950万人2,700万人1,600万人
運営実績20年21年13年
メッセージ
送信料
50円/回50円/回50円/回
プロフ閲覧無料無料1pt/回
業者少ない多いやや多い
出会いやすさかなり出会いやすい出会いやすい出会いやすい

それぞれの比較項目ごとにメリットやデメリットを見ていこう。

●会員数
会員数ではハッピーメールが群を抜いて多く、次いでPCMAX、ワクワクメールの順となっているが、この「会員数」には業者なども含まれているので単純に多い or 少ないだけで優劣をつけるのは難しい。個人的な体感としてはどれも同じような印象がある。

●運営実績
運営実績ではハッピーメールとワクワクメールに一日の長があると言える。

●メッセージ送信料
こちらはいずれも同じポイント料金設定となっている。

●プロフ閲覧
プロフィール閲覧が無料のワクワクメールとハッピーメールに比べるとPCMAXではポイント消費がやや多くなりやすい。

●業者の数
人気が高いハッピーメールは業者にも狙われやすいため、その数も多い。PCMAXはそれに比べるとやや少ない。ワクワクメールは出会い系アプリとしては業者がとても少ないのが特徴。

●出会いやすさ
出会いやすさで最も優れているのは、業者が少なく一般人の女性が探しやすいワクワクメールという結論になる。ハッピーメールとPCMAXはそれぞれに一長一短があり、出会いやすさの点では同等レベルにある。

●比較と評価のまとめ
これらの項目から3つの出会い系アプリを評価すると、

  1. ワクワクメール
  2. ハッピーメール
  3. PCMAX

このようなランキングになる。以下では、それぞれの特徴とメリットやデメリット、出会い方などを詳しく評価していく。

大人の出会い:セフレ部門第1位「ワクワクメール」

ワクワクメールのイメージ画像

大人の出会い【セフレ部門】ランキング、1位は「ワクワクメール」。

「ワクワクメール」の特徴とメリット

まずは「ワクワクメール」の特徴から確認していこう。

「ワクワクメール」は最近流行りのマッチングアプリではなく、ガラケーパソコンで利用されている出会い系サイトの黎明期の頃からずっとサービスを続けている老舗企業である。

その運営実績は2021年現在、なんと20年を超えており、国内を代表する最大手出会い系アプリの一つである。

ワクワクメールの概要
累計会員数950万人
利用年齢層20代を中心に中高年まで
料金体系男女ともに基本料金無料
※男性はメッセージ送信毎に50円
利用目的セフレや遊び目的、パパ活・割り切り・大人の関係など
運営会社株式会社ワクワクコミュニケーションズ(2001年創業
公式サイトワクワクメール公式 *R18

ワクワクメールで“大人の関係”で出会う方法

ワクワクメールの使い方は非常に簡単である。

まずは登録の仕方から順に見ていこう。

登録と年齢確認の方法

ワクワクメール」で登録する方法には電話番号登録Facebook登録の2パターンある。

電話番号登録では下記のように※ワクワクメール公式サイトへアクセスし、そのまま必要事項を記入すればすぐに登録完了である。

電話番号でワクワクメールに登録する方法
ワクワクメールで電話番号登録する方法

またFacebook登録も同様に、公式サイトのトップページから「Facebookではじめる」ボタンをクリックし登録手続きをしてもらえればすぐに完了する。

facebookでワクワクメールに登録する方法
ワクワクメールでフェイスブック登録する方法

またこれもPairs(ペアーズ)と同様に身分証明書を提出する必要があるのだが、「ワクワクメール」の場合は18歳以上であることが確認できれば良いので、年齢確認のための最低限の書類を提出すれば大丈夫である。

以下の身分証明書の生年月日のところだけ抜き取って写真撮影すればいい(他にもクレジットカードを使った年齢確認方法もある)。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 年金手帳
  • パスポート
  • 定期券(Suica,PASMO,ICOCA等)

さて、これらの登録手続きが済み終わったら早速メッセージのやり取りを始めてみよう。

memo

ちなみに「ワクワクメール」は一メッセージ毎に利用料金がかかる仕組みなため、月額料金は発生しない。毎月の維持費がかからず高コスパな点も高評価である。

ワクワクメールの使い方とセフレの探し方

ポイントは、「ワクワクメール」で相手を探すのに使うべき掲示板は“ピュア募集”一択であるということである。

なぜならプロフ検索やアダルト募集(アプリ版ではその他募集)では、業者勧誘のリスクが高まってしまうのでピュア募集に比べて出会える可能性が下がるためだ。

アダルト募集の掲示板は一見、大人の出会いを求める人にとっては魅力的に見えてしまいがちだが、そういった遊び目的の出会いにこそピュア募集を利用すべきであるということを強くおすすめしたい。

下記画像のように、アダルト募集は業者と援助交際の投稿でいっぱいになっている。

ワクワクメールのアダルト募集掲示板
ワクワクメールのアダルト募集の画像

投稿されている募集を確認し、良さそうな相手が見つかればあとはひたすら投稿に返信しまくればよい。

その時、気をつけなければいけないのは、いきなり「エッチしない?」や「ムラムラしてる?」など気持ち悪い言葉をいきなり投げかけないことである。

たとえ女性がどんなにムラムラしていたとしても、普通にドン引かれて終了するだけなので決してやらないようにするべきである。意外とやってしまう男性が多いので一応触れておきたい。

下記のように誠実に、わかりやすく要件を伝えるのが良いメッセージ例である。

メッセージ交換のやり方
ワクワクメールの募集にメッセージを返信した時の画像

あとはこの作業を繰り返すだけである。オススメの時間帯は平日の17~19時

ちょうど仕事が終わり、軽くご飯にいきたいという女性が何気なしに投稿する時間帯である。

ワクワクメールで大人の関係で会えた時の体験談

返信を続けていると早速一人から返信をもらえた。(画像下)

メッセージ交換からの誘い方
ワクワクメールで返信が会った子とのメッセージ画像

たまたま近くにいたそうなので、思い切って打診してみたところすんなりOK。

話はするすると決まっていき、駅前で約束して出会うことに。(画像下)

メッセージ交換からの待ち合わせの仕方
ワクワクメールでやり取りをしている子と実際に会うまでのメッセージ画像

待ち合わせ場所でスマホをいじりながら待っていると、一人の女性に声をかけられた。

すいません、〇〇さんですか?

そこに現れたのはかわいらしいロング丈のスカートを履いた細見の女性であった。

大学生くらいであろうか。普通に可愛い。

多分クラスにいたら3,4番目くらいに可愛い部類には入るのではないだろうか。

仮称としてA子と呼ぶことにする。

とりあえず暑かったので近くのカフェまでお茶しにいくことに。

暑いねー。それにしてもなんでワクワクメールやってたの?


なんか最近彼氏と別れちゃって。
それで友達に誘われて一緒にインストールしよってなって(笑)

へー。でもPairs(ペアーズ)とか他のマッチングアプリもあるじゃん?なんでワクワクなの?


えーわかんない。でも普通になんか遊びたくて(笑)
今は別に彼氏とかいらないかなって。

どうやらA子は最近彼氏と別れたばかりで、気晴らし的な目的でインストールしたようである。

そして遊びたいという言葉を聞いた私は、これは今日ひょっとしていけるんじゃないか?と思い攻めてみることに。

そっかー。そしたら気晴らしにカラオケでもいかない?歌ったら気分晴れるよ。


いいね!いく!

ということでカフェを出たあとカラオケへ向かうことに。

その後の展開は読者の皆様のご想像にお任せするとしよう。


……と、いかがだっただろうか。

この体験談はあくまで個人的に経験した一例に過ぎないが、ワクワクメールではこのように出会って大人の関係になるまでの障壁は非常に低く、だいたいこのような流れで話が展開していくことが多い。

そもそも、ほとんどのユーザーがそういった目的でみんなインストールしているため、適当に誘っても暗黙の了解として受け入れてくれ、めんどくさいやり取りなどしなくて済むことが多い。

そういった意味で、私は個人的に一番使いやすい出会い系アプリがワクワクメールと評価している。

ワクワクメールの口コミ・評判や噂

次に「ワクワクメール」の口コミ・評判を紹介していこう。

高評価の口コミ①

こちらはTwitterの高評価口コミ。やはり「ワクワクメール」はエロ目的遊び目的で使われることが多いのがわかる。

それにしても今どきの大学生は彼氏持ちでも「ワクワクメール」を使っているのだろうか。恐ろしい。

高評価の口コミ②

こちらのTwitter口コミはどうやらパパ活目的の女性の話であるようだ。

余談であるが、ワクワクメールを利用する人の中にはパパ活目的の女子大生やOLなどが多く、割り切りという意味での大人の関係も盛んである。

memo

割り切りの相手を探している男性はパパ活女子と相性がとてもいいのでチャレンジしてみるのもアリだ。

高評価の口コミ③

男性からの口コミ情報には、業者に対する取り締まりが厳しいという意見も見られた。その評判の通り、ワクワクメールでは業者に対して徹底的に取り締まりをおこなうサポート体制を敷いており、規約違反や不審なやり取りが確認されたアカウントはすぐに削除されるので安全に利用することが可能だ。

ワクワクメールの安全性
ワクワクメールのサポートは24時間365日敷かれていることがわかる。
ワクワクメールのサポート体制は24時間365日敷かれている。

また下記のような低評価の口コミも存在するが、業者に関しては完全に避けることは難しくないので大して気にならない存在である。

ワクワクメールで業者に釣られてしまう人は、最初から大人の関係の条件を聞いたり、会って即ホテルに行こうとする人ばかりである。

そういう意味では業者を見分けて避けるのは実はとても簡単で大して邪魔にならないぐらいだ。

memo

基本的には一般の人ばかりだが、中には業者も混じっている。LINEでやり取りをしようとしても、すぐにガラケーなのでメアドを教えて下さいと言ってきたり、教えると態度が急に変わって最終的にはサイトへの勧誘・誘導となる。

この記事の後半では、そういった危険な出会いから身を守るためにはどうすればよいかについても徹底的に解説しているので、よかったらご一読いただきたい。

出会い系やマッチングアプリを使って大人の出会いをする場合は、ワクワクメールはまず最初に登録しておかなければいけない必須のサイトでありアプリだ。

現状、ワクワクメールほどコスパが良く、会える相手が簡単に見つかるサイトやアプリはない

業者を避けるには、最初は顔合わせのお茶から始めるなどすると、大人の関係ありのパパ活目的の一般女性を簡単に見つけて会うことが可能となる。

ワクワクメール公式はこちら *R18

※ワクワクメールのレビュー記事
ワクワクメールの体験談と評価、口コミ評判

大人の出会い:セフレ部門第2位「ハッピーメール」

ハッピーメールのイメージ画像

セフレ探しに向く出会い系アプリの第2位は、ハッピーメール

ハッピーメールはワクワクメールなどと並び、日本最大手の出会い系アプリの一つだ。

ハッピーメールとは一体どういうサービスなのか、また2位にランクインした理由はなんなのか、ハッピーメールの特徴を掘り下げていくとともに徹底的に検証していきたいと思う。

ハッピーメールの特徴とメリット

まずはハッピーメールの特徴をまとめてみよう。

ハッピーメールのアプリ概要
累計会員数2,700万人以上
利用年齢層20代を中心に中高年まで
料金体系男女ともに基本料金無料
※男性はメッセージ送信毎に50円
利用目的恋活や遊び目的、セフレ、大人の関係など
運営会社株式会社アイベック(2000年創業
公式サイトハッピーメール公式 *R18

ハッピーメールはワクワクメールとほとんど同じ時期にサービスを開始し、2021年で創業21年となる超老舗企業である。

またハッピーメールの最大の特徴は、圧倒的な会員数の多さが挙げられる。

累計会員数はその数なんと2,700万人以上と破格の規模を誇っており、この数字は恐らく日本の出会い系アプリやマッチングアプリの中でも最大の数を誇っていることと思われる。

それ故、ハッピーメールの強みは、その圧倒的なユーザー数の中から自分の好きな相手を選べるところにある。

試しに「ハッピーメール」の掲示板を開いてみると、投稿が一分間で何十件レベルとものすごい数で増え続けており、これはワクワクメールなどよりも断然多い。

ハッピーメールの掲示板には分単位で大量の募集が書き込まれる
ハッピーメールの掲示板投稿数は非常に多いことがわかる画像

なによりもメッセージのやり取りの多さや、出会える可能性を重視している方にとってはハッピーメールはうってつけのアプリと言えるだろう。

ハッピーメールの口コミ・評判や噂

次にハッピーメールの口コミ・評判を紹介していきたい。

高評価の口コミ -男性編-

男性からの高評価の口コミで多いのはやはり「ちゃんと会えた」という意見と「サクラはいなかった」という意見。サクラがいないというのは事実であり、例により「ハッピーメール」も徹底した業者対策をおこなっているので特にトラブルになることは少ない。

高評価の口コミ -女性編-

女性の口コミには「知名度が高くて安心できる」という意見が多かった。やはり評判も高く、人気のアプリは女性目線から見ても安心安全だということのようだ。

実際他の出会い系アプリは知らなくても、ハッピーメールの名前は聞いたことがある、という方は結構いるのではないだろうか。

特に知名度に関してはは、数年前に某新潟県知事が「ハッピーメール」で女子大生などと割り切りや大人の関係で出会っていたというニュースで話題になったり、野呂佳代さんが主演の映画が公開されたりなどで一般的な知名度がここ最近で急増している。

コロナの影響もあり、さらにどんどん人の流入が多くなっているので、出会い系で出会いを見つけようと思ったら実は今が一番のチャンスなのである。

コロナ禍になって以来稼ぎ口を失った若い女子大生や派遣、フリーターなどの女性が出会い系やマッチングアプリを使ってパパ活を始めるケースが増えている。

中でもハッピーメールは知名度と人気の高さもあって、女性にとっても手が出しやすく大人の関係で会える女性が急増している。

ハッピーメール公式はこちら *R18

※ハッピーメールのレビュー記事
ハッピーメールの体験談と評価、口コミ評判

大人の出会い:セフレ部門第3位「PCMAX」

2022年大注目の出会い!
PCMAXのイメージ画像

セフレ探しに向く出会い系アプリの第3位はPCMAX

このアプリも「ワクワクメール」や「ハッピーメール」同様、人気出会い系アプリの一つとして括られている。

他の上位2つの出会い系アプリとは違い、PCMAXにはどういった特徴があるのか・なぜ3位にランクインしたのかを今からご説明していきたいと思う。

PCMAXの特徴とメリット

まずPCMAXの特徴がこちらである。

PCMAXのアプリ概要
累計会員数1,600万人以上
利用年齢層20代を中心に中高年まで
料金体系男女ともに基本料金無料
※男性はメッセージ送信毎に50円
利用目的恋活や遊び目的など
運営会社株式会社マックス(2002年創業
公式サイトPCMAX公式 *R18

PCMAXの特徴としては、上位二つの出会い系アプリと比べてアダルト色が強い点が挙げられる。

実際公式ホームページのコンテンツでもセフレに関する情報を掲載していたり、少し前であるがAV女優を招いたイベントを開催していたりと、公式側がアダルトな方向性を勧めていることがよくわかる。

使用した感想としても、やはり遊び目的や割り切りなどの募集が多く目立っており、より大人の出会いに特化した出会い系アプリとして個人的には高く評価しているお気に入りのアプリだ。

また他の特徴として、宣伝・広告費に多額の費用をかけており知名度が抜群に高い点も挙げられる。

有名どころではユーチューバーのぷろたん氏がPCMAXとコラボして動画を投稿しており、再生回数は100万回を超えている。

また都市圏を中心にアドトラックが走り回って派手な宣伝活動を行っていたりと、話題に事欠かさないことで知られている。

↓実際に街中をこういったトラックが走っているのを見かけたことはないだろうか。

PCMAXの広告トラックを見かけたことがある人も多いだろう
街中を走り回るPCMAXのアドトラック

しかし一方で、アダルト色が強まることの弊害として業者の数もまた多くなることが欠点として挙げられる。

業者見分けること自体はそんなに難しくはないのだが、やはり数が多い分一般の女性ユーザーを探す出すのが少し面倒というデメリットが存在する。

だがそれさえ乗り越えられれば、特に大人の関係などのアダルトな目的での出会いを求めている男性にはこの上なく魅力的なアプリになることは間違いないだろう。

PCMAXの口コミ・評判や噂

それでは次にPCMAXの口コミおよび評判を見ていこう。

高評価の口コミ

PCMAXはやはりヤリ目が多いとの評価が多い。

アダルトな利用目的を推奨していることから、やはりそういった利用目的の人達が集まる場所として多くの人に認識されているのだろう。

しかも選べば可愛い子もちゃんといるそうである。素晴らしい。

その他の口コミ

「会えるけれども、ポイント代が少々高くつく」。PCMAXの口コミ・レビューにはこのような意見もある。

出会いを楽しめるアプリとして評価されている一方で、利用料金が少々高いとの評判を耳にすることも少なくない。

実際PCMAXはユーザーのプロフィールを見るだけでもポイントがかかってしまい、これは上位二つのアプリと比べても少し見劣りしてしまうデメリットではあるだろう。

ポイント消費が早いことを嫌ってハッピーメールやワクワクメールに流れるユーザーが多い分、PCMAXではその両者に比べて男性同士で激しい競争を繰り広げることなく相手を見つけられるメリットもある。

特に、最近はパパ活目的の一般女性が大人の関係で会える男性を探すために登録するケースが増えているので、さらに出会いやすくなっている。

PCMAX公式はこちら *R18

※PCMAXのレビュー記事
PCMAXの体験談と評価、口コミ評判


以上、上記3つのサイト(アプリ)がセフレ出会いに向いている出会い系のベスト3となる。

上記3つ以外にもセフレ出会いができるサイト(アプリ)はあるので、それについては以下の記事を参考にしてもらいたい。

※参考記事
ミントC! Jメールの出会いを評価!アプリの口コミや評判も検証!

「割り切り・大人の関係」におすすめのアプリランキング

ここでは、次のような人を対象に、「割り切り・大人の関係」に最適なアプリを比較、評価していく。

  • 割り切りや大人の関係で会えるセフレの作り方を教えてほしい
  • 1回だけの割り切った体だけの関係で会える相手と出会いたい
大人の関係・割り切り募集に最適なアプリの比較と評価
アプリpaterspaddy67Jメール
会員数100万人100万人600万人
運営実績4年4年21年
メッセージ
送信料
無料無料70円/回
月額会費12,800円10,800円無料
大人の関係
条件の相場
お茶1 大人3・4以上お茶1 大人3・4以上別1.5~2.5
出会いやすさかなり出会いやすいかなり出会いやすいまあまあ出会いやすい

それぞれの比較項目ごとにメリットやデメリットを見ていこう。

●会員数
会員数では、Jメールが他の2つのアプリに比べて圧倒的に多い。運営実績の長さはもちろん、パパ活や割り切りに限らず大人の出会い全般に対応した「出会い系」としての強みが影響している。

●運営実績
運営実績でもJメールが群を抜いて長い。これだけの長期間運営を続けられていることは、安定した信頼をユーザーから得ていることの証と言える。一方、paters(ペイターズ)とpaddy67の2つは運営歴が短いながらに急激に会員数を増やしていることから、注目度や人気が急激に高まっていると評価できる。

●メッセージ送信料
paters(ペイターズ)とpaddy67は「マッチングアプリ」であるため、都度のメッセージ送信料はかからない。対して、Jメールは「出会い系アプリ」なので都度70円のメッセージ送信料がかかる。

●月額会費
Jメールは「出会い系アプリ」なので月額会費が無料なのに対して、paters(ペイターズ)とpaddy67は「マッチングアプリ」なので月額会費が必要となる。会費は一般的なマッチングアプリ(4,000円前後)と比較するとかなり高いが、それだけの価値は十分あるので単純に会費が高いとは言えない。

●大人の関係の条件の相場
paters(ペイターズ)とpaddy67はパパ活目的の女性が多く使うマッチングアプリなので、大人の関係の相場は出会い系アプリよりも高い傾向が見られる。会える女性のレベルを考慮すると、見方によってはJメールでの割り切り募集やパパ活募集よりもコスパがいい場合も多い。もちろん、とにかく安くということであればJメールを使うのがいいだろう。

●出会いやすさ
出会いやすさではpaters(ペイターズ)とpaddy67の2つがJメールを上回っている。Jメールには出会いの障害となるキャッシュバッカーも女性ユーザーと登録している場合があるので、その分出会いやすさでは若干見劣りしてしまう。

●比較と評価のまとめ
これらの項目から3つのアプリを評価すると、以下のようなランキングになる。

割り切り条件の相場重視の人
⇒1位 Jメール、2位 paters(ペイターズ)、3位 paddy67
コスパ(会える女性のレベル)重視の人
⇒1位 paters(ペイターズ)、2位 paddy67、3位 Jメール

それぞれの特徴とメリットやデメリット、出会い方などを詳しく見ていこう。

※ここでは「コスパ(会える女性の質やセフレ体験の満足度の高さ)」の観点から見た評価ランキングを紹介していく。

大人の出会い:割り切り部門第1位「paters(ペイターズ)」

続いて、大人の出会いでも男女共に需要の多い「割り切り」部門のアプリランキングを紹介したい。

まずは、何と言っても割り切り出会いの絶対王者ともいうべき「paters(ペイターズ)」だ。

ペイターズのイメージ画像

paters(ペイターズ)はワンランク上の出会いとマッチングをテーマとしたアプリで人気急上昇中だ。

ワンランク上の出会いというと畏まった、手を出しづらい感じがするかもしれないが、要は割り切り相手を見つけるためのマッチングアプリだ。

女性は、デートや大人の関係のお礼としてお小遣いを支援してくれるパパを見つけに、男性は大人の関係前提で会えるそれらPJ(パパ活女子)とを見つけるために使っている人がほとんどである。

そんな「paters(ペイターズ)」は一体どういったアプリなのだろうか。早速詳細を見ていこう。

paters(ペイターズ)の特徴とメリット

こちらがpaters(ペイターズ)の特徴をまとめた一覧表である。

paters(ペイターズ)のアプリ概要
累計会員数100万人以上
利用年齢層男性:30代~40代50代
女性:2/3以上が24歳以下
料金体系男性:月額12,000円~
女性:完全無料
利用目的パパ活・割り切り
運営会社株式会社amica
公式サイトpaters(ペイターズ)公式 *R18

割り切り・パパ活に特化したアプリだけあって、月額の会費はやや高く設定されているものの、考えようによっては、毎月12,800円払えば、割り切りの大人の関係ですぐに会える若くて可愛い子が見つけ放題というメリットは計り知れない。

出会い系でホテル代と別に2万など支払って、援デリ業者が派遣するどうしようもない女性と関係を持つぐらいであれば、多少会費が高くてもはるかに満足度の高い大人の出会いが楽しめるのは間違いない。

はっきり言って、paters(ペイターズ)で大人の関係になれる女性のレベルは、高級デリヘルなどよりも全然高い

そのレベルの素人女性と会えて関係を持てることを踏まえると逆にコスパは一番いいとすら思えるほどだ。

paters(ペイターズ)の口コミ・評判や噂

次にpaters(ペイターズ)の口コミ・評判を見ていこう。

高評価の口コミ

paters(ペイターズ)の口コミで多いのはやはり「綺麗な女性と大人の関係で会えて関係が持てた」というもの。

paters(ペイターズ)の男性利用者には、このように大人の関係での出会いを繰り返し何度も楽しんでいる人がとても多い。

一方若い女性からは、太パパに会えることもあるけれども、タダマンしようとする男性や低い条件しか提示してこない男性もいるという苦情に近い意見もあるようだ。

パパ活・割り切りアプリという趣旨を理解していない男性からのタダマン要求にウンザリした様子だ。

こういった口コミから明らかなように、paters(ペイターズ)で大人の関係で会う場合は、女性は割り切りを前提としているので、あわよくばタダマン……なんて淡い期待はしないでおこう。

出会い系やTinderで割り切りの相手を探すぐらいだったら、paters(ペイターズ)に登録して好みの顔やスタイルの女性と大人の関係で会った方がはるかに満足できる

正直言って、出会い系やTinderでの割り切りとは雲泥の差がある。paters(ペイターズ)の女性のレベルはそれぐらい高い。

paters(ペイターズ)公式はこちら *R18

大人の出会い:割り切り部門第2位「paddy67(パディロクナナ)」

paters(ペイターズ)に続いて割り切り出会い部門の2位に推したいのが、paters(ペイターズ)と競合関係にあるpaddy67(パディロクナナ)だ。

paddy67(パディロクナナ)のイメージ画像

paddy67(パディロクナナ)もpaters(ペイターズ)同様、割り切りやパパ活を目的とした女性と、そのような女性と出会いたい男性が集うアプリだ。

paddy67(パディロクナナ)には、モデルやグラビア、レースクイーンなどの仕事をしている芸能事務所所属の女性がとても多く、実際レベルも高い。そういった顔もスタイルもいい若くて可愛い女の子たちがウヨウヨいるのだ。

おまけにパパ活をしている一般的な女の子と違って顔合わせのお茶や食事は省いて、直接ホテルデートとなることが多い。

はじめは

「いくら割り切りとはいえ、こんなに可愛い子と会ってすぐホテルに行って関係を持てるなんて怪しい!」

と疑心暗鬼になるのだが、本当にその通りになるのだから驚きだ。

それぐらい簡単にレベルの高い女の子と大人の関係を存分に楽しめるのがpaddy67(パディロクナナ)の最大の魅力だ。

paddy67(パディロクナナ)の特徴とメリット

こちらがpaddy67(パディロクナナ)の特徴をまとめた一覧表である。

paddy67(パディロクナナ)のアプリ概要
累計会員数100万人以上
利用年齢層男性:30代~40代50代
女性:9割以上が24歳以下
料金体系男性:月額10,800円~
女性:完全無料
利用目的パパ活・割り切り
運営会社株式会社オスリー
公式サイトpaddy67公式 *R18

paters(ペイターズ)との比較で言えば、paddy67(パディロクナナ)にはサクッとホテルデートに行ける割り切り目的の女性が多いことだ。

それに比べてpaters(ペイターズ)には、顔合わせのお茶や食事を挟んでからの大人の関係の有り・無しと話が展開していくことが多い印象がある。

つまり、手っ取り早く大人の関係を楽しみたいという人にはpaddy67(パディロクナナ)が向いているということになる。

paddy67(パディロクナナ)の口コミ・評判や噂

次にpaddy67(パディロクナナ)の口コミ・評判を見ていこう。

高評価の口コミ

「遊ぶ金はちょっと高くつくが、満足できる相手と大人の関係で簡単に会える。」
「キャバクラなんかで頑張って落とそうとお金をドブに捨て続けるよりよっぽど効率がいいし満足できる。女性のレベルもかなり高い。」

paddy67(パディロクナナ)の口コミにはこのような好意的な評価や意見が多い。

その他の評価

一方「都会はいいかもしれないけど、自分の地域では会える人がほとんどいない。」このような意見もあった。

地方で会える相手が見つかりづらいという声は、たしかにたまに耳にする。実際、アプリを使って地方で登録している女性を検索しても少ないことは否めない。そういう人はやはり会員数の多いpaters(ペイターズ)を使う方がいいだろう。

グラビアやモデルなどの芸能関係の仕事をしている女性でも大人の関係の条件はそれほど高くない。せいぜい3~4万程度だ。

出会い系やTinderで相手を見つけて2・3万を無駄にするのに比べるよりもはるかにマシだ。

paddy67(パディロクナナ)公式はこちら *R18

大人の出会い:割り切り部門第3位「Jメール」

割り切り出会い部門の3位はJメール。

Jメールのイメージ画像

割り切りの出会いができる出会い系アプリはJメールのほかにもたくさんあるが、ここでJメールを敢えて3位とした一番の理由は、割り切り業者ばかりと言っても過言ではないぐらい闇デリヘル業者がたくさんいるためだ。

価格の安い風俗感覚で使う人も多いぐらいなので、安く簡単にコトを済ませたい人には最適な出会い系アプリとなっている。最近では、パパ活目的の女性も増えているので素人の女性と割り切り条件でのセフレ関係になれる可能性も高まっている。

Jメールの特徴とメリット

Jメールのアプリ概要
運営会社有限会社エムアイシー総合企画
オープン2000年
TEL0570032280
メールoffice@mintj.com
公式サイトログインJメール公式 *R18

近年のJメールは「援交・割り切り業者」とすぐに待ち合わせの約束をするための専用の出会い系と化していると言っても過言ではない。それぐらい大人の関係で会える業者系の女性が多い。

加えてここ1・2年はパパ活目的の素人女性も増えていて、ますます「割り切りセフレ専用アプリ」としての特徴が際立ってきているのが特徴だ。

Jメールの口コミ・評判や噂

Jメールに関する口コミや評判には「業者が多い」というものが目立つが、実際にその通りで「援交・割り切り業者だらけ」だ。

それ故に、安価に手軽にセックスできる相手を今すぐ見つけたいという人にとっては好都合なアプリとなっている。

高評価の口コミ

「マッチング不要でメッセージが送れるので話が進むのが早い」
「パパ活アプリのような高い月額会費を払わずに済むので、セフレにかかるお金を安く抑えられる」

低評価の口コミ

「キャッシュバッカーが結構多い」
「割り切りで待ち合わせた女性のレベルが見た目、サービスどれも低い」

Jメール公式はこちら *R18

※参考記事
Jメールの出会いを評価!アプリの口コミや評判も検証!

「飲み友・遊びの出会い」におすすめのアプリランキング

では次に、飲みや食事などの気軽な関係など遊びの出会いに向いている出会い系アプリを見ていこう。

遊びの出会いに最適な出会い系アプリの比較と評価
順位1位2位
アプリイククルワイワイシー
会員数1,500万人1,400万人
運営実績20年20年
メッセージ
送信料
50円/回54円/回
プロフ閲覧10円/回11円/回
プロフ閲覧10円/回11円/回
業者多い比較的少ない
キャッシュバッカー少ない多い
大人の出会い募集可能不可
出会いやすさ出会いやすい普通

それぞれの比較項目ごとにメリットやデメリットを見ていこう。

●会員数
会員数はほぼ互角。優劣はつけがたい。

●運営実績
運営実績に関してもイククルとYYC(ワイワイシー)に差はない。

●メッセージ送信料
メッセージ送信料は、ほんのわずかではあるもののイククルの方が安く設定されている。

●プロフ閲覧
プロフィール閲覧にポイントがかかる料金設定も両者同じ。価格は若干イククルが安い。

●業者の数
業者はイククルで多く見受けられ、YYC(ワイワイシー)ではあまり遭遇することはない。割り切り募集の女性は、いたとしても業者と言うよりむしろ個人で相手を探している素人の印象が強い。

●キャッシュバッカーの数
割り切り業者が少ない反面、キャッシュバッカーの女性が多いところがYYC(ワイワイシー)のデメリットのひとつ。イククルにはキャッシュバッカーの女性はそれほど多く見られない。

●大人の出会い募集
YYC(ワイワイシー)は大人の掲示板カテゴリが廃止されたため、割り切りや大人の関係を前面に出した募集ができないようになっている。単なる遊び相手では満足できない、体の関係もある程度前提の出会いがいいという人はイククルの方がいいだろう。

●出会いやすさ
出会いやすさではイククルの方が優れている。その理由は、YYC(ワイワイシー)ではキャッシュバッカーの女性が妨げになってスムーズに会えないケースがたまにあること。

●比較と評価のまとめ
イククルとYYC(ワイワイシー)に大きな差はないものの、総合的に評価すると2つの出会い系アプリのランキングは以下のとおりとなる。

  1. イククル
  2. YYC(ワイワイシー)

では、それぞれの特徴とメリットやデメリット、出会い方を詳しく評価していく。

大人の出会い:遊び相手探し部門第1位「イククル」

これまで紹介してきたような、完全に割り切ったセフレの関係ではなく、はじめは友達感覚で気軽に会えるような出会いがいいという人も多いのはないだろうか?

最初のデートは食事やお酒の席を供にして仲良くなってから大人の関係になりたいという需要は女性はもちろん男性側にも多い。

そのような出会いに最適なのが「イククル」だ。

イククルのイメージ画像

イククルはハッピーメールやワクワクメールなどと同時期にサービスが開始された超・有名出会い系サイトのひとつ。

人気・実績ともに申し分ないサイトだ。近年ではマッチングアプリとしても大きくスケールアップを果たしていて、女性ユーザーからの支持を集めている。

イククルの特徴とメリット

イククルのアプリ概要
累計会員数1,500万人
利用年齢層20代を中心に中高年・熟女まで
料金体系男女ともに基本料金無料
※男性はメッセージ送信毎に50円
利用目的恋活や遊び目的など
運営会社プロスゲイト株式会社
公式サイトイククル公式 *R18

イククルを使うメリットは、一般的な出会い系アプリとは少し異なり、アダルトに振り過ぎていない“普通の出会い”が楽しめるところ。

出会い系アプリでは、体の関係という意味での大人の関係が前提の出会いが多いが、イククルでは飲み友、飯友などの気軽なデートからスタートして徐々に仲良くなっていくようなスタイルでの出会いが楽しめる。

出会い系アプリほどガッツリでもなく、マッチングアプリほど真面目過ぎるわけでもない、ちょうどいいバランスの出会いが気軽にできるところが他のアプリにはない独自の魅力になっている。

その“力みのない感覚”で気軽に使えることが女性にも支持されているのか、イククルでは実際に軽い感じで手軽に会えるケースがとても多い

イククルの口コミや評判

キャッシュバッカーは少ないものの業者は一定数いることなどから、イククルの口コミ・評判には良い・悪い両方の意見が目立つ。

高評価の口コミ・評判

イククルを高く評価する口コミやレビューには、「本当に会える」「普通に会うことができる」という意見が多かった。

中には、出会い系では出会いやすい部類に入るという評価も見られるなど、評判は上々な模様。これに関しては、実際に調査してみて同様のことを体感したので間違いないと言える。

低評価の口コミ・評判

一方、イククルに関する低評価のレビューとしては、やはり援デリ業者に関するものが多い。事実、イククルでは業者からのメッセージがよく送られてくるので遭遇する機会が多めだ。

とはいえ、イククルで業者からメッセージが送られてくることが多いのはたしかではあるものの、メッセージ内容は“モロにアダルト”という感じで業者からのものと一目で見分けられるので実際はそんなに害になることはない。

memo

イククルにはハッピーメールやPCMAXなどと比較してもそん色ないぐらい、一般人の女性ユーザーも数多く登録していて、出会いやすい。パパ活目的の女性もいるので、食事やお酒の相手を探している女性を探せば比較的簡単に出会える。

イククル公式はこちら *R18

※参考記事
イククルの体験談と評価、口コミ評判

大人の出会い:遊び相手探し部門第2位「YYC(ワイワイシー)」

気軽に会えるデート相手や共通の趣味や価値観から似た感覚の人と探せることで人気なのがYYC(ワイワイシー)。

YYCのイメージ画像

YYC(ワイワイシー)はハッピーメールやPCMAX、イククルなどと並んで会員数が1,000万人を超える有名出会い系アプリのひとつで運営実績も長い。

大人の出会いカテゴリの掲示板を廃止したにもかかわらず、イククルやPCMAXと同等レベルの会員数を維持していることからも根強い人気やユーザーからの支持が見受けられる。

YYC(ワイワイシー)の特徴とメリット

YYC(ワイワイシー)の概要
累計会員数1,400万人
利用年齢層20代・30代の女性を中心
料金体系男女ともに基本料金無料
※男性はメッセージ送信毎に54円
利用目的恋活や遊び目的など
運営会社株式会社Diverse
公式サイトYYC(ワイワイシー)公式 *R18

YYC(ワイワイシー)は、東証一部上場企業「IBJ」のグループ傘下企業という出会い系アプリとしては異色の存在だ。その信頼性は高い。

母体のIBJグループは元々婚活出会いの最大手企業のひとつであり、YYC(ワイワイシー)の姉妹サイトにあたる「youbride(ユーブライド)」も婚活サイトとして歴史が古い。

YYC(ワイワイシー)はそれらの出会いサービスと、よりカジュアルな出会い系アプリの中間に位置するようなアプリと言っていい。

本格的なセフレ作りなどを期待する男性にとっては、やや物足りないかもしれないが、女性にとっては手を出しやすい絶妙な立ち位置にあるため人気も高い。

「遊びの出会いよりも、もう少し真剣な関係がいいけれども、恋活や婚活のようにガッツリした感じはちょっと…。」に向いているおすすめの出会い系アプリと言える。

YYC(ワイワイシー)の口コミや評判

YYC(ワイワイシー)の口コミ評判の傾向を見ていこう。

高評価の口コミ・評判

YYC(ワイワイシー)を高く評価するレビューでよく見受けられるのは、他の出会い系アプリよりも「可愛い女の子」と出会えた、という趣旨の声だ。

こうした意見からは女性人気が他の出会い系アプリよりも高いことが伺える。その背景にあるのは、運営企業の大きさやアダルト色を廃した運営姿勢に対する信頼感や安心感と分析することができる。

低評価の口コミ・評判

YYC(ワイワイシー)のアプリを低く評価する人たちの声で目立つのは、旧アプリから新アプリへの移行に伴い、ポイントなどが移行できないことや、Webとアプリで同期しない部分があるという使い勝手の悪さに関するものだ。

正直この点に関しては、そういった意見に同意せざるを得ない。改善が望まれる部分だ。

YYC(ワイワイシー)公式はこちら *R18

「恋愛・婚活」におすすめのアプリランキング

ここでは、以下のような目的の人向けに最適なマッチングアプリを比較、評価していく。

  • 信頼関係を築いて長く付き合っていける交際相手
  • 恋愛から結婚までをも視野に入れつつ真剣に付き合えるパートナー

このような目的の人におすすめのマッチングアプリが以下の3つ。その特徴を比較してみよう。

大人の出会い・恋愛に最適なアプリの比較と評価
順位1位2位3位
アプリペアーズwithOmiai
会員数1,000万人300万人400万人
料金体系男性:定額月3,590円
女性:無料
男性:定額月3,600円
女性:無料
男性:定額月4,800円
女性:無料
婚活本気度高いまあまあ高いかなり高い

どのアプリともいわゆるセフレなどの大人目的での利用は禁止されていて、目的は「恋活や婚活」に限定されているのが特徴。だが、会員数や料金設定、アプリユーザーの婚活本気度などにはそれぞれ違いが見られる。

●会員数
会員数ではPairs(ペアーズ)が圧倒的に多い。withとOmiaiは同じくらい規模にあり大きな差はない。

●料金体系
料金体系は、3つのアプリとも月額会費制だが、Omiaiが最も高い設定になっていて、Pairs(ペアーズ)、withがそれに比べるとやや安い。Omiaiの料金設定が高めに設定されていることは、婚活本気度の高い人だけに登録してもらいたいという運営側の意図があるものと分析できる。

●婚活本気度
婚活本気度の高さはOmiaiが一番高い印象がある。withにも真剣な目的の会員が多い印象があるが、会員数が最も多いPairs(ペアーズ)に関しては、“今すぐ”の結婚に向けた婚活というよりも、“まずは真剣に付き合える恋人探し”という恋活目的の人が多い傾向が見られる。

●比較と評価のまとめ
これらの項目から3つのアプリを評価すると、以下のようなランキングになる。

  1. Pairs(ペアーズ)
  2. with
  3. Omiai

会員数の多さや利用目的の汎用性などを踏まえると、やはりPairs(ペアーズ)が頭ひとつ抜けているという評価になる。

それぞれの特徴とメリットやデメリット、出会い方などを詳しく見ていこう。

大人の出会い:恋愛部門第1位「(Pairs(ペアーズ)」

“大人の恋愛”部門第一位は、人気マッチングアプリの(Pairs(ペアーズ)である。

(Pairs(ペアーズ)のイメージ画像

マッチングアプリの中で一番規模の大きいアプリといえばこのPairs(ペアーズ)である。CMや広告などもバンバン出しており、急速に人気を集めているPairs(ペアーズ)であるが、実際の使い勝手おすすめのポイントはどうであろうか。ランキング1位のPairs(ペアーズ)について徹底的に解説していきたい。

Pairs(ペアーズ)の特徴とメリット

まずはPairs(ペアーズ)の特徴について見ていこうと思う。

Pairs(ペアーズ)のアプリ概要
累計会員数1,000万人
男女比約7:3
利用年齢層主に20代から40代
料金体系男性:定額月3,590円
女性:無料※メッセージ無料
利用目的主に恋活、婚活
公式サイトPairs(ペアーズ)公式 *R18

Pairs(ペアーズ)はマッチングアプリの中でも日本最大級の規模を誇るアプリで、累計会員数は1,000万人超え、一日のマッチング数は約8,000人と、他のサービスと比べて破格の実績を誇っている。

Pairs(ペアーズ)の最大の特徴は、その圧倒的な会員数ゆえの出会いの多さにある。

単純に出会いの数が多いというのは、その数だけ色んな好みや価値観を持った人がいるというわけで、自分にとって相性の合う人を見つけるのには最適な環境なのである。

memo

この“圧倒的な会員数”という要素は非常に重要であり、出会いやすさを決めるうえで一番重要な項目の一つである。すでに紹介したハッピーメールなどもまさにこれに当てはまる。

Pairs(ペアーズ)で“大人の関係”を作るまで

それではPairs(ペアーズ)で実際に“大人の恋愛”を楽しむには具体的にどうすればいいか、アプリの使い方を説明しつつ詳しく解説していこうと思う。

登録と年齢確認の方法

まずは登録だが、“Facebookアカウントで登録”と“電話番号で登録”の二種類がある。

補足だが、Facebook登録をした場合でも友達に身バレするようなことは決してないので安心だ。

またPairs(ペアーズ)などのマッチングアプリは安全な利用のために、身分証明書での年齢確認が必要となる。年齢確認に使える身分証明書は以下の通りである。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード
Pairs(ペアーズ)の使い方と出会い方

さて、登録後実際にメッセージ機能などを使うには男性側が定額の月額料金を払う必要がある。女性は完全に無料で利用できるので、安心してほしい。支払い方法はクレジットカード/デビットカードの他に、iTunesカードやGooglePlayカードも利用できる。

それではPairs(ペアーズ)の基本的な使い方をご紹介していこう。

まず原則として、Pairs(ペアーズ)はこちらから一方的にメッセージを送ることはできない。

“マッチングアプリ”という名の通り、お互いがそれぞれ「いいね」を押してマッチングしない限りは、会うどころかメッセージを送ることもできないのだ。

マッチングするとメッセージのやり取りを行えるようになる

memo

特に男性は、いくらやっても全然マッチングしないなんてことがザラにあるが、使い続けていれば徐々に評価されていくこともあるため気長に続けてみることをオススメする。

うまくマッチングしたら、次にメッセージを送ってみよう。

Pairs(ペアーズ)ではメッセージを送る際、自分で設定した初回定期分を利用できるため、それを利用してマッチングでき次第バンバンメッセージを送るのも良い。

しかし私は相手のプロフィールを見て、趣味や好きなもの・価値観に合わせてメッセージを変えた方が、返信率が高いのではないかと思う。

このあたりはそれぞれの自由だが、自分のスタイルに合ったメッセージのやり取りを楽しんでほしい。またやり取りを続けていると、中には暇つぶし目的やただ話すだけの関係がいいとかいう子もいるため、うまく見極めが必要だ。

memo

我々の本来の目的は「大人の恋愛」を楽しむこと。相手に会う意思がない場合は、私なら思い切って返信をスルーしてしまうことをオススメする。

やり取りを続け仲良くなったら、いよいよデートに誘ってみよう。

初デートは基本どこでもいいが、大人の女性なら最初はあまりがっつかずにランチやカフェなどの落ち着いた場所、積極的に攻めるなら夜景の綺麗なレストランなんかに誘うといいだろう。スマートにかつ攻める時は攻める、といった姿勢が“大人の恋愛”の秘訣かもしれない。


ちなみに冒頭でも書いたが、私は大人の恋の関係はあまり望んではいなかったためPairs(ペアーズ)で彼女ができたことはないが、付き合うまではないにしろこのアプリで女性との素敵な出会いも何度か経験した。

私個人としては、Pairs(ペアーズ)の女性は恋にガツガツとした人が多いという印象よりかは、一緒に楽しい時間を過ごしたいというような人が多いような気がした。この微妙なバランスが私にはとてもピッタリに感じて、個人的に1位とした。

少なくとも“大人の恋愛”を楽しむには、十分すぎるほど満足のできるマッチングアプリだと私は考える。

Pairs(ペアーズ)の口コミ・評判や噂

次に、Pairs(ペアーズ)に関する口コミと評判について見ていこう。

高評価の口コミ

「本気で会える人を探すならPairs(ペアーズ)が一番いいと思う」

Pairs(ペアーズ)を推す意見としてはこのようなものが多い。やはり出会いやすさにおいてはPairs(ペアーズ)がかなり優秀なようだ。それにしても1週間足らずで出会えたというのだから普通にすごい。

こちらはTwitterからの口コミ評判。なんとPairs(ペアーズ)で出会った人と結婚にまで至ったケースだ。とてもめでたいことである。

Pairs(ペアーズ)は恋活だけでなく婚活にも力を入れているようなので、結婚願望のある方にはオススメしたい。

遊び目的も婚活での利用も可能とのこと。この辺は個人の腕にかかっているのだろう。

低評価の口コミ

低評価のレビューにはサクラの存在を疑うものもあったが、Pairs(ペアーズ)はそもそも定額サービスなのでサクラがいるすることはあり得ない。恐らく出会えなかったことに対する妬みの口コミであろう。

このようにPairs(ペアーズ)にはサクラがいるとの評判が見られることがたまにあるが、下記の運営コメントのように、運営はサクラや業者を取り締まるサポートを実施しているため、不安に思う必要はない。

Pairs(ペアーズ)を安心・安全に利用するためのガイドライン

マッチングアプリで彼氏や彼女を見つけるのであれば、Pairs(ペアーズ)は外せないアプリだ。知名度も信頼度も高いPairs(ペアーズ)であれば、マッチングアプリきっかけで出会ったと人に話すのも恥ずかしくないし、何より使っている人が多いので好みや条件に見合う人が見つかる可能性が高い。

Pairs(ペアーズ)公式はこちら *R18

大人の出会い:恋愛部門第2位「with(ウィズ)」

続いてのご紹介。

恋愛部門第二位は、マッチングアプリのwith(ウィズ)である。

with(ウィズ)といえば、恋愛心理学に基づいたマッチングを提供しており、自分の性格価値観好みを反映した最適なマッチングが評判となって最近人気急上昇中のアプリである。

そんなwith(ウィズ)について、ここでは徹底的に掘り下げていこう。

with(ウィズ)の特徴とメリット

こちらがwith(ウィズ)の特徴をまとめた一覧である。

with(ウィズ)のアプリ概要
累計会員数約250~300万人
男女比6:4
利用年齢層主に10代から30代
料金体系男性:定額月3,600円
女性:無料※有料オプションあり
利用目的主に恋活、婚活

with(ウィズ)の最大の特徴は、なんといってもマッチングの精度の高さである。

他のマッチングアプリにはないwith(ウィズ)の特徴的なコンテンツとして、心理テスト性格診断などがある。

これは心理テストを基に、アプリが自動でユーザーの好み価値観を分析し、恋愛心理学的に一番相性がいいユーザー同士を自動的にマッチングさせてくれるというなんとも便利なコンテンツなのである。

memo

自分にとって相性の良い相手を探したい、性格や価値観で相手選びを失敗したくない、といった方には一番オススメできるアプリだと言えるだろう。

with(ウィズ)の使い方と出会い方

それでは簡単にwith(ウィズ)の使い方について説明していこう。

まず登録に関してだが、Pairs(ペアーズ)と同様にこちらも電話番号登録、それからFacebook登録の二種類が選べる。特にFacebook登録では、Facebook上の友達がwith(ウィズ)で表示されるのを防いでくれるため非常に便利である。

しかしFacebook登録は友達の数が10人未満だと利用できないため、Facebookアカウントなし・もしくは友達が10人未満の場合は電話番号登録をしよう。

登録後、免許証などで本人確認を済ませたら早速with(ウィズ)を利用してみる。

with(ウィズ)で好みの相手を探す方法は二つある。

まず一つ目は検索条件を設定する方法である。with(ウィズ)では以下の画像のように細かい検索設定ができ、住まいや年齢、身長や体型などあらゆる条件から自分の好みのユーザーを探すことができる。

ウィズの検索画面

また“好みカード”で検索条件を絞ることで、趣味や価値観などが一致した相手ともつながることができる。

ウィズの好みカード

そしてもう一つは、「心理テスト」の結果を用いる方法である。メニュー下の「さがす」ボタンを押すと真ん中に出てくる中央の赤いボタンをタップすると、このように心理テストの画面になる。

ウィズの心理テスト

この心理テストは自分の性格好み価値観を分析するためのツールとしてとても優秀であるだけでなく、この心理テストの結果が一致した相手を探す際に「いいね」が無料で押せるという特典も付いているのである。

ウィズでは心理テストの結果で一致したユーザーにはいいねが無料で送れる
memo

特に私は「心理テスト」をオススメしたい。大人の出会いを楽しむうえで、そういった自分の価値観に合う女性を自動的に選んでくれるというのは非常に便利だと言える。

ウィズの口コミ・評判や噂

それでは次にwith(ウィズ)の口コミ・評判を確認していこう。

高評価の口コミ

やはりwith(ウィズ)特有の心理テスト恋愛コラムを評価するコメントが多く見られた。

心理学的な知見に基づいた正確な情報が載っているため、読んでいて単純に面白いだけでなくタメになるという点で評価されているのだろう。

現在with(ウィズ)の人気が凄まじいらしく、週ごとの入会人数は2万人とPairs(ペアーズ)を大きく引き離しているようである。他の評判とも照らし合わせると、特に20代前半の若年層からの支持が大きいらしく、実は今一番アツいマッチングアプリはwith(ウィズ)なのかもしれない。

使いやすさユーザーの質の良さを評価しているようである。

女性から評判の高いマッチングアプリというのは、つまりそれだけ女性ユーザーが多いということであり非常に重要な要素である。

低評価の口コミ

一方で次のような意見もある。

「長く使っているとマッチング率が低くなる」

男性側の意見であるが、どうやら長くサービスを利用しているほどマッチング率が下がるらしい。

確かにアプリを始めた直後が一番マッチングしやすいというのは間違いなく、これは始めたばかりの初心者がアプリから離れるのを阻止するための措置だろう。

しかしだからといって、長く使えば使うほどマッチングがしにくくなるようなことは個人的にないと思われる。

だが毎日ログインは欠かさずやるべきであろう。毎日連続でログインする毎に「ログインボーナス」がもらえ、無料でいいねを獲得することができるのである。細かいところではあるが重要なポイントである。

大人の出会い:恋愛部門その他アプリ(Omiai、タップル、ゼクシィ縁結び)

今回の恋愛部門のランキングからは外れたが、一般的には人気があり評判も高いアプリをそれぞれ紹介していこうと思う。また、それらのアプリがなぜランキングに入らなかったかの理由も説明したい。

恋愛部門ランク番外編① Omiai

まずはマッチングアプリのOmiaiである。

Omiaiは累計会員数400万人とマッチングアプリの中でもかなり大規模なサービスで、アクティブ数や男女比などもバランスがよく良質なマッチングアプリである。

Omiaiの特徴として挙げられるのは、「いいね数」のバランスである。

通常出会い系アプリでは、特に女性などは人気のユーザーに「いいね」が一極集中してしまい、他のユーザーが置いてけぼりになってしまうことが多々ある。

しかし Omiai ではその偏りをなくすため、人気のユーザーには「いいね」をより多く押さなければマッチングしないという構造になっており、より色んなユーザーに多くの出会いの場が提供されているというのが最大のメリットである。

Omiaiとその他マッチングアプリの比較
Omiaiその他
会員数400万人平均100万人程
アクティブユーザー数多い普通
「いいね」のバランス多くのユーザーに広くいいねが行き渡っている一部のユーザーに一極集中している

一方でデメリットを挙げるとすれば、年齢層が少々高く婚活を意識した出会いが多いという点である。

Omiai はその名の通り、恋活よりもどちらかというと“婚活”を意識したユーザーが多くおり、そのため出会いに関しても真剣な雰囲気が感じられてしまうのである。正直完全に意見が別れるところではあるが、「大人の出会い」を楽しみたい私としては、婚活をメインに据えた Omiai は少々気遅れしてしまう気がしたのである。

恋愛部門ランク番外編② タップル

続いて紹介するのは「タップルtapple)」である。

累計会員数500万人、総マッチング数2億と、ものすごい実績を誇る国内規模第2位の超大手マッチングアプリである。

タップル の特徴は、年齢層の若さカジュアルな出会いを楽しめる点である。

他のマッチングアプリと比較しても、 タップル の平均年齢層は20代30代前半と、かなり若いユーザーが偏っているイメージである。

実際に使ってみても、 タップル は婚活というよりかは恋活、もしくは遊び相手募集などの使われ方をされている傾向が強い。

memo

最も恋活や婚活などのガチガチな関係ではなく、ソフトで軽い遊び目的のような出会いというのは私が理想とする「大人の出会い」そのものであり、その点に関しては非常にポイントが高い。

しかしデメリットとして挙げられるのは、何よりも業者の多さである。

その出会いのカジュアルさから、 タップル は現在業者数がかなり多く、他のアプリよりも出会いにくくなっている状況にある。

もちろん業者を回避する方法もあり、見分けるのは比較的簡単ではあるのだが、だったらPairs(ペアーズ)や「with(ウィズ)」でいいやと思ってしまうところが残念なポイントである。

実際に タップル を利用しているユーザーの評判を見ても、業者の多さに言及する口コミが多く目立った。

この点に目を瞑れるなら、 タップル を活用して遊び相手を見つけてみるのもアリかもしれない。

恋愛部門ランク番外編③「ゼクシィ縁結び」

最後にご紹介するのは、結婚情報誌「ゼクシィ」を手掛けるリクルートがリリースした、「ゼクシィ縁結び」である。これは主に婚活を目的とした男女をターゲットとし、結婚情報誌を出版しているノウハウを基に最適なマッチングを提供するオンライン婚活サービスである。

正直この記事で取り扱うのは少し違うかもしれないと思ったが、一応メリット・デメリットを紹介していこうと思う。

メリットとしては、婚活に特化しているためマッチング時のミスマッチがなく、真剣な恋を考えている方にとってはもっていこいのサービスだという点である。

婚活目的でアプリを使いたい場合、遊び目的で絡んでくるユーザーがいれば腹が立つことは間違いない。Pairs(ペアーズ)などではそういった可能性があるが、「ゼクシィ縁結び」でそういった絡みをしてくる人はまずいないだろう。これは最大のメリットだといえる。

一方でデメリットとしては、「婚活」という目的そのもの自体にあるといえる。

前提として婚活目的で集まっているため、男女とも相手に対する目利きが非常に鋭くなっている。そのため、マッチングがスペック重視となってしまい、一部以外のユーザーが取り残されてしまうといった現象が多発しているのである。要するにオンライン版婚活パーティー状態である。

こういった婚活に特化したアプリというのは珍しく、良い出会いがあれば他のどのアプリよりも最高の経験を得られることは間違いないため、結婚を考えている方はぜひ活用してもらいたい。

恋愛部門:評判・口コミのまとめ

いかがだっただろうか。恋愛マッチングアプリに関して一通りランク付けさせてもらったが、ここではさらに上記アプリ利用ユーザーの評判口コミをまとめてみたので、インストールを考えている方はぜひ参考にしてもらいたい。

こちらの利用者の方はPairs(ペアーズ)よりも with(ウィズ)を推していると思われる。最近のトレンドとしてはやはり with(ウィズ)がやや優勢か。

Pairs(ペアーズ)> タップル > Omiai といったところか。

こちらの記事では紹介しそびれたが、東カレデートというハイスペックな恋愛を望む方向けのマッチングアプリも存在する。入会審査などもありややターゲットが狭まれるため掲載していないが、ステータスに自信のある方はチェックしてみるのもアリだろう。

やはりここでもPairs(ペアーズ)を推す意見が聞かれる。

ゼクシィ縁結びはサポートの充実さを評価する口コミが多数見受けられた。やはり婚活を全面的に支援するアプリなだけあって、その辺のサポートは徹底しているのだろう。

タップル に限らず、コロナの自粛ムードで人との接点が減った結果マッチングアプリの需要が急激に増えているため、もしこの機会に始めようと思った方は絶好のチャンスかもしれない。(マスク着用やソーシャルディスタンスなどの予防は徹底しよう)

大人の関係での出会い方、会える理由

「大人の関係」には、

  • 割り切った体だけの関係(セフレ)
  • 金銭的な支援を伴う割り切り交際関係
  • 食事やお酒を供に楽しむ気軽な関係
  • 大人の同士の恋愛

大きく分けてこの4つの意味合いがあることはこれまで紹介したとおりだ。

いずれの関係性でも最終的にはセックスをする関係になることが多いわけだが、そこに至るアプローチや関係性の進み方には大きな違いがあり、それぞれの関係に向いている出会い方がある。

以下では、この4つの「大人の関係」について、それぞれに向いているアプリと使い方、出会い方のコツを紹介していく。

マッチングアプリ・出会い系が大人の出会いに向く理由

それでは具体的にどういった方法で「大人の関係性」を構築していくか、ということについてであるが、結論から言うと私は「出会い系アプリか大人の出会い系のマッチングアプリ」の活用を強くオススメしたい。

なぜかというと、その理由は大きく分けて3つある。

後腐れがない

まず一つ目の理由は、後腐れのなさである。

リアルな生活の中で恋人を作ったりセフレを作ったりしたことのある方ならわかると思うが、実生活上でのそういった関係性の維持は想像以上に面倒なものである。

たとえば職場内で気になる人と恋人関係になった場合、付き合った直後は幸せで一杯に包まれるかもしれないが、しばらく経ってくると距離感が近い故に喧嘩やすれ違いが多くなったりするものである。

別れる時には周りの知人や職場仲間に気を使ったりなど、面倒くさいことこの上ない。

一方で出会い系アプリならどうだろうか。

オンライン上なら面倒くさい後腐れの心配もなく、また共通の知人などもいないため純粋に出会いを楽しめる

アプリ自体も飽きたらその場でアンインストールしてお終いである。なんとも潔いではないか。

好みや相性の合う相手を探せる

2つ目の理由は、自分に相性のいい相手を探せる可能性が高いということだ。

出会い系という名のオンラインでの膨大な出会いの中から、自分の好みや価値観に合った相手を見つけられる可能性が高いのは言うまでもない。

これがナンパとか合コンだとそうはいかない。結局はその場の第一印象でいいと思っただけで、後々になると「なんか違うな…。」と感じてしまったり、価値観が合わなくてうまくいかなかったりする場合も多い。

実生活よりオンラインの方が相性のいい相手を見つけられるのは当然である。

その証拠に、米国科学アカデミーの研究結果によると、実社会でのカップル離婚率はおよそ40%~50%であるが、オンラインで知り合ったカップル同士の離婚率は約7%と圧倒的に少ない。

遊び相手を探すのに苦労してナンパをするのは、実は非効率だったりするのだ。

私も以前はナンパで女性を口説いていたことがあったが、最近はめっきりである。

私の周囲の友人達も最近はマッチングアプリを使い始めているようだ。

出会い系やマッチングアプリを使う人が増えている

そして3つ目の理由は、出会い系やマッチングアプリが今非常にアツいという事実である。

スマホが普及する前は、出会い系サイトと言えば怪しい業者やサクラのイメージが少なからずあったが、スマホでマッチングアプリが出始めてきてからはそのイメージもなくなりつつある。

もはやスマホの画面一つで出会いを探すという行為が当たり前になってきたのである。

またそれだけでなく、今回のコロナ禍によって全国で外出がしづらくなり、人と人が会話する機会が急激に減ってきている。

そんな中注目されているのがマッチングアプリであり、このコロナ禍で出会い系アプリやマッチングアプリは多くの人の注目を集めている。

コロナがきっかけで出会い系アプリを使ってみたという人も結構多いのではないだろうか。

そういった意味では、出会い系アプリやマッチングアプリをやっていないこと自体がもはや時代遅れなのかもしれないのである。

出会い系やマッチングアプリが大人の出会いや割り切った関係に向いている最たる理由は、日常とは切り離したところで相手を探せることにある。

日常から切り離されたところだからこそ、男性も女性も見栄を張ったり体裁を繕って紳士淑女を装うことなく、自分の目的や願望を表現することができる。出会い系やマッチングアプリは、そういう点から都合がいい環境が整っている。

特に、セフレ探しや不倫関係、割り切り交際の相手探しなど、大人の出会い・関係が目的の場合は、出会い系やマッチングアプリは絶好の環境と言えるだろう。

普段の生活の延長上にある人間関係においては、セフレ願望や不倫願望を表立って口にするのは難しい。下手をすれば立場やキャリアを失うリスクさえある。ましてや割り切り願望などは間違っても口にできるものではない。

その点、そういう目的の人ばかりが集まる出会い系やマッチングアプリであれば、相手も同じような考えで使っているので容易に大人の関係の相手が見つかるというわけだ。

大人の出会いの危険性と気をつけたい点

大人の出会いを楽しむうえで常に気を付けなければならないのは、そこに潜む危険な出会いの数々である。

大手の出会い系アプリやマッチングアプリなどは、日々様々なトラブルクレームに丁寧に対応して、我々が安心安全に出会いを楽しめるサポートを提供してくれている。

しかしそういった目をかいくぐって、あたかも本当に出会えるかのように誘導しお金をだまし取るような悪徳業者が存在していることもある。

意外と知らないサクラと業者の違い

こういった疑問も持たれた方もいるのではないだろうか。

業者とサクラってどう違うの?
ワクワクメールにもサクラとか業者はいる?

そもそもサクラと業者違いとは一体なんなのか、また「ワクワクメール」などの優良出会い系アプリにもそういったものが存在するのか、などなど気になる点を一度おさらいしていこうと思う。


まずサクラとは、アプリ側が用意した悪徳詐欺行為をおこなうユーザーのことを指している。

アプリ側とユーザーがグルになっており、サクラのユーザーが一般のユーザーと会話をすればするほど課金させることができ、アプリ側が儲けられるという仕組みである。

そいういった目的から、サクラはハッピーメールなどでは見られない。なぜならハッピーメールなどの優良出会い系アプリはポイント料金がとても安く設定されているので、仮にサクラを使ってメールのやり取りをさせたとしても、それにかかる労力やサクラの人件費の割りに大した儲けにならないからである。

つまり、サクラは悪徳詐欺アプリにしか存在しないということなのである。

一方で業者はどうだろうか。

業者というのは、アプリとは関係のない勧誘や援デリ、ぼったくりバーへの誘導などの迷惑行為をおこなうユーザーのことである。

業者はアプリとはグルの関係ではなく、そういった迷惑行為自体でお金を儲けようとしているためどこにでも湧く存在である。

これはどうしてもワクワクメールなどの優良出会い系アプリにも発生しまうのであるが、これに関しては業者を徹底的に排除する24時間体制のサポートを敷いているため、比較的安全に利用できる。

それでも、業者というのはどうしても巡り合ってしまうものであり、事前に特徴を把握し対策しなければ騙される可能性は少なくない。

ここではそういった業者たちの特徴をまとめあげ、それぞれどういった勧誘をしてくるのかを紹介していきたいと思う。

悪徳業者その1.援デリ

援デリとは援助交際とデリバリーヘルスが組み合わさったもので、主にSNS出会い系アプリなどで集客をおこなう業者である。

仕組みとしては、SNSなどで一般ユーザーのフリをした女性アカウント(中身は業者のおっさん)が男性に話しかけてお金などの条件を持ち掛け、条件が成立した場合、素人女性を装ったデリヘル嬢が派遣されるというものである。隠れて目立たないが立派な違法風俗営業者である。

基本は本番前提だが、大体がホ別2万などのぼったくり価格で設定されているため、援デリするぐらいならソープランドに行った方がはるかにお得で満足度も高い。

また男性側からしたら、アイコンの可愛い女性が来るかと思ったら似ても似つかないおばさんが来たり、プレイも雑で消化不良に終わったりと散々な目に合ってしまうやっかいな存在である。

といった風に、援デリ業者は非常にやっかいな存在である。そして出会い系アプリに存在する業者の大半もまたこの援デリ業者なのである。

下記画像は「ハッピーメール」に来た援デリ業者のメッセージであるが、いきなりこのような誘いの連絡が来たら真っ先に疑ってかかった方がよい。

ハッピーメールを調査した際に援デリ業者から送られてきた実際のメール
援デリ業者からの迷惑なメッセージ画像

悪徳業者その2.勧誘

援デリの次に多いのがこの勧誘業者である。

こちらは業者というよりかは個人でやってる詐欺ビジネスのようなもので、出会い系アプリ・マッチングアプリ問わず遭遇することがある。

特徴としては、

「今お金に困っている男性に向けた小口投資サービスがあるんだけどどう?」
転売で一発儲けたいんだけど、一緒にやってみない?」

などの簡単にお金を稼げるといった内容のメッセージがいきなり届くことが多い。

その他にも宗教団体への誘いだったり、中にはスピリチュアル系の勧誘などもあったりする。

またキーワードとして、資産投資副業、稼ぐ、ビジネス、お金持ち、健康、お得などといった文言が入っていた場合は要注意である。

下記のような勧誘例も存在している。

悪徳業者その3.美人局

美人局(つつもたせ)は出会い系などで実際に会ってから遭遇する迷惑業者である。

最近は少なくなってきたそうであるが、それでも未だに被害は出ているそうなので紹介しておきたい。

美人局とは、女性との性的行為後、その関係者を名乗る男性が突然現れ、何らかの理由(彼氏や兄など)を盾にして恐喝し、お金を要求する存在である。

この場合大抵は女性が未成年であることを理由に警察に通報するなどと脅し、エスカレートすると訴訟裁判といったワードを出してさらに被害者を追い詰めてくるケースが多い。

もし不運にも遭遇してしまった場合、金銭的にも精神的にも非常にダメージの被る恐ろしい存在である。

悪徳業者その3.ぼったくりバー

最後に紹介するのはこのぼったくりバーの業者である。

こちらも実際に出会ってから遭遇する業者であるのだが、美人局とは違い最近急速に数が増えており、また見分けの付きにくい存在であるため非常に厄介である。

ぼったくりバー業者の手口は少し複雑である。まず一般女性に扮した業者(中身はおっさん)がSNSや出会い系アプリ上で、

今日飲みにいけない?

などと誘い、男性と集合場所で落ち合う。そして「行きたい店があるの!」と脇道に逸れた小さい居酒屋やバーに案内され、ご飯やお酒を楽しむ。

しかしお会計を済まそうとすると、なんと合計金額が10万円であると言われる。

もちろんぼったくりの金額であるため、支払いを拒否しようとする。だがその場合裏から暴力団系の見た目のお兄さんがやってきて、払うまで返さないなどと脅される。

そうして根負けしたあなたはATMで貯金を崩し、なくなく10万円を支払うことになるのである……。

といったように、もしぼったくりバーに遭遇した場合、被害額と精神ダメージは計り知れないのである。

また厄介なのが、ぼったくりバー業者は会うまでそれが業者であるかどうかが非常にわかりづらいところにある。

援デリ業者であればお金のやり取りが前提であるため、支払い意思がなければ交渉の時点で行為をキャンセルすることができる。

しかしぼったくりバーの場合、支払う意思に関係なく店に連れてこられた時点でゲームオーバーである。

あとは脅されてなくなくお金を支払うしかなくなってしまうため、ある意味他のどの業者よりも一番恐ろしいものに他ならない。

業者の見分け方

出会い系アプリには数多くの業者が紛れていることが判明した。

それではどうすればこういった業者から自身の身を守れるのであろうか。

それぞれの業者の見分け方、そして対策法を紹介していこう。

出会う前の段階での業者の見分け方

まず援デリ、勧誘などの出会う前の段階でやり取りをおこなう業者についての対策法をまとめてみる。

これら業者の特徴はシンプルで、メッセージ上で直接的または間接的にお金を要求してくる点で業者だとわかる。

たとえば援デリ業者で言えば、下記のように“保証金”などと言ってお金を預けるようにと言っているが、もちろん預けたお金が返ってくるようなことはなく一度行為を済ませればそれで終わりである。

こういった間接的な方法でお金を要求されると一見大丈夫そうに思えてしまうが、その実は素人女性を装ったただの業者であることがわかる。

したがって、メッセージ上での業者対策法に関してはとにかく無視することが一番である。

話の中でお金の話題が出てきたときは警戒する、またプロフィールの時点で明らかに怪しいポイントがあればメッセージを送らないなどの事前的な対策が重要である。

出会った後での業者の見分け方

一方で約束を取り付け、業者と思われる人物に実際に出会った時の対処法はどうであろうか。ここでは主にぼったくりバー被害を想定して話を進めていく。また美人局に関しても似たパターンで対応できるので、一緒のものとして扱うことにする。

まず前述の通り、ぼったくりバー業者は見分けが難しい。食事に行くまではまったく自然な流れであるし、食事中も特に勧誘などの話もなく楽しく進んでいってしまう。しかし食事をしてしまった時点でこちら側がかなり不利な立場に陥ってしまう。

となると、やはり見分けるタイミングとしてはお店に行く前のところでしかない。

相手の女性にこのように聞いてみよう。

「店こっちで適当に決めちゃっていい?その辺のチェーンとか。」と。

もし女性が業者であれば、提案を渋るか最悪逆ギレする可能性もあるだろう。それでも絶対に譲るべきではない。なぜなら一般女性なら特定の店に行くことにそこまでの執着を見せる可能性は限りなく少ないからである。

またありがちなパターンとして、

「今日ダーツとかカラオケ行きたいんだよね。知り合いがやってて安くしてくれるとこあるからいこうよ!」

とこだわりを見せることで自分の行きたい場所を絞ろうとしてくることもある。

そういった場合は、

「個人の店はちょっと恐いからチェーンならいいよ。」

と正直に言ってしまうのも一つの手である。

もし業者だった場合、この言葉を聞いた時点で「コイツは無理だ……。」と判断してくれるため、変な話相手にとっても都合が良い。

またもし一般の女性だったとしても、チェーン店へ誘うのは安心感を与えることにも繋がる。

被害に遭ってしまった時の対処法

それでは実際にこれらの業者から被害を被ってしまった後の対処法について説明していきたい。

まず援デリであるが、これは仮に行為を済ませてしまった場合、契約が成立しているものとして見なされる可能性が高いため通報や裁判を起こしても無駄になってしまう可能性が高い。

しかし相手は違法風俗営業者であるため、もし仮に相手女性の身元および所属先が判明できるモノがあれば、それを利用して裁判を起こせる可能性がある。

だが基本的には援デリに捕まってしまったら、お金を取り戻すのは難しいと考えた方がよいだろう。

それでもまずは一度警察に被害相談を出すことが重要である。

一方で勧誘やぼったくりバーに関しては、被害に遭った場合裁判で争えるケースが多い。

特にぼったくりバーに関しては、可能な限り店内でまずお金を払わない意志を表明することが重要である。

脅してきたとしても、毅然とした態度で向かうことでトラブルを回避できることがある。

しかし仮に暴行やひどい脅迫を受けてしまった場合は、身の回りに危険性が生じるため一旦仕方なく一部のお金を払い、一回帰ることを考えた方がよい。

その場合は後に裁判を起こし、被害返金を要求できる可能性が高いため、まずは自分の安全を確保することが大事である。

詳しくはぼったくりバー対策に関して丁寧に解説されているこちらの動画を参照いただきたい。

まとめ

いかがだったであろうか。

今回は「大人の出会い」をテーマとしたオススメの出会い系アプリマッチングアプリについてランキング形式でご紹介させていただいた。

この記事を執筆している2021年現在も、新型コロナウイルスの猛威によって日々の行動に強いストレスを感じている方々も多いことと思われる。

しかしそういった中でも人と人との出会いを楽しみ、日々の生活に華やかさをもたらすことで大人としての余裕や充実感を忘れず、鬱屈とした混沌の世界を少しでも美しく彩る手助けができれば私としては感無量である。

こんな世の中であるが、無理せずあなたのペースで自由に「大人の出会い」を楽しんでもらいたい。

【おすすめ特集】

↑ページTOPへ戻る