メルパラを体験談や口コミ・評判から評価!

メルパラで本当に会える?それとも会えない?メルパラで本当に出会えるか検証するとともに、サクラや業者、キャッシュバッカーの危険性を徹底調査!メルパラで出会える攻略法、アプリとブラウザ版の違いや使い方、大手出会い系との比較による評価も紹介。


  • メルパラは本当に会えるのか?
  • メルパラにはどんな女性が登録しているのか?
  • サクラや業者、ポイント稼ぎのメールレディはいるのか?
  • 詐欺の危険はないのか?ポイント購入は安全か?
  • メルパラで会える攻略法はあるのか?
  • スマホアプリの対応状況や使い勝手はどうか?

この記事では、このようなことをメインテーマに、「メルパラ」を様々な角度から評価していきたい。記事の後半では、有名かつ人気のある出会い系との比較も行っているので、どのサイトやアプリを使えばいいのか分からないという人にも参考にしてもらえればと思う。

運営歴は20年以上と実績豊富なメルパラ
メルパラのイメージ画像
メルパラの運営者情報
運営会社有限会社エムアイシー総合企画
オープン2000年
TEL0570032281
メールoffice@meru-para.com
公式サイトログインメルパラ公式 *R18

メルパラはスマホやアプリが登場するずっと以前から運営されている実績豊富な出会い系サイト。スマホアプリにも対応しており出会い系アプリとしての知名度も高い。ミントC! Jメールとは姉妹サイトの関係にあたる。

メルパラの評価とよくある質問と答え

まずは、メルパラの評価について利用者からよく聞かれる質問とその回答をQ&A形式でまとめてみる。

Q. メルパラで本当に会える?
A. 会うこと自体は可能。ただし、一般の女性ユーザーを見つけるのが難しく、タダマンやセフレ探しは難易度が高い。「会えない」という評判が多いのはそのため。
Q. 業者が多いという評判は本当か?
A. メルパラには援デリ業者が多いのは事実。すぐにアドレスを聞いてきて会おうとするのは業者の可能性が高い。
Q. サクラはいる?
A. 男性会員とメールのやり取りをさせるために運営側がサクラを雇っている可能性は限りなく低くおそらくいない。しかし、男性会員にメールを送信させるために一般人の女性に見せかけた架空の女性会員はいる可能性がある。このような女性会員からは、基本的にメールの返信が来ることはないためサクラか一般人かは判別できない。
Q. キャッシュバッカー(メールレディ)の見分け方は?
A. 実体験やTwitter上での口コミなどから総合的に判断すると、キャッシュバッカーはいると考えていい。頑なに連絡先交換を拒否する女性はキャッシュバッカー(メールレディ)の可能性が高い。
Q. メルパラで会える攻略法は?
A. 一般人の女性を探して会うには、パパ活目的でメルパラに登録している女性を探すと見つけやすい。一般人の女性の割合が低いメルパラでは、パパ活のお礼はデート代と割り切って会うのも攻略法のひとつ。
Q. メルパラは詐欺?危険性はある?
A. メルパラは詐欺の出会い系ではない。サイトやアプリ自体の安全性に問題はない。しかし、キャッシュバッカーや業者といった危険性はある。
Q. メルパラのデメリットは?
A. 会員数が出会い系アプリの中でも少ないので会えるチャンスが大手のサイトやアプリに比べると少ない点はデメリット。
Q. セフレアプリとして使える?
A. メルパラに登録している一般女性はその多くがパパ活や割り切りを目的としているので、条件ありの関係であればセフレや大人の関係で会える「セフレアプリ」として使える。ただし、前述のようにタダマンできるセフレ探しは難しいかもしれない。
Q. 割り切り女性の実態は?
A. 割り切り目的の女性は、以前は業者ばかりだったが最近ではパパ活目的の女性が増えているので割り切りであれば一般人の女性とも比較的簡単に会えるようになっている。

メルパラで本当に会える?

メルパラに関して調べている人にとってももっとも気になるのは、メルパラで本当に会えるのか?ということだろう。

結論を端的にまとめると次のようになる。

メルパラの評価まとめ

メルパラは女性と会える出会い系。会おうと思えば簡単に会えるものの、会える相手は業者の女性の割合が高く一般女性と会えるチャンスはやや少ない。ただし、割り切りやパパ活目的の女性であれば一般女性とも出会いやすい

メルパラの評価のポイントは赤文字でマークした3点だ。まずは会える理由から順番に見ていこう。

本当に会えると言える根拠

メルパラが本当に会える出会い系と言える理由は、次の3つ。

  • 異性紹介事業届出も行っており会えるシステムになっていることは間違いない
  • LINEやメールアドレスなどの連絡先交換も問題なくできる
  • App Storeでの知名度や人気ランキングもそこそこ高いため一般女性ユーザーの流入が見込める

異性紹介事業届出済み

メルパラをはじめとした“異性同士が交際相手を募集して実際に会える機能を有している”出会い系サイト(アプリ)は、法律により「異性紹介事業」の届出を各都道府県の公安委員会に提出することが義務付けられている。

メルパラではこの規制に則り、運営会社のある福岡県にて「異性紹介事業」の届出を提出している。このことにより、メルパラは会える仕組みになっている出会い系サイト(アプリ)と言える。

世の中の「出会い系」を名乗るサービスの中には、出会い系と標ぼうしていながら実は、ユーザー同士が連絡を取り合うことすらもできない「出会えない系」のサイトやアプリも数多い。

「出会い系」を標ぼうするのであれば会える仕組みになっていることは、常識に照らし合わせると至極当然のことでしかないが、出会い系業界では“会える機能”を有していること自体が価値が高いのだ。

LINE、アドレス交換可能

メルパラが会えるシステムになっていることを裏づける要素のひとつは、LINEやアドレスを交換することが自由にできること。

メルパラでは、メッセージにLINEのQRを添付して送ったり、アドレスを書いて送るのはまったく問題なくできる。

メルパラではメールアドレスやLINE交換も簡単にできる
メルパラのメッセージ画面
メルパラの女性からのメッセージ
memo

出会い系で会うのに、LINEやアドレスの交換は必須というわけではないが、事前に直接のやり取りができれば確実に会える見込みが立ちやすく安心して会いやすいのはたしか。できれば、LINE通話などまで済ませておくと確実に会える可能性がより高まる。

App Storeからの一般女性の流入

メルパラで本当に会えると言えるもう一つの理由は、一般の女性ユーザーが流入してくる経路がきちんと整っていることだ。

メルパラはネット媒体での広告展開にも積極的であるだけでなく、App Storeでの知名度や人気ランキングもそこそこに高いため、各所で一定の露出があり一般の女性ユーザーの目にも触れやすい

おまけに、App Storeには「恋人探しアプリ」として登録されているので、女性が安心してダウンロードしやすくなっている

運営歴の長さからくる安心感と「恋人探しアプリ」というコピーから一般女性にとっても手を出しやすい
App Storeのメルパラの画面

出会い系アプリでの出会いやすさ、優良 or 悪質は「一般の女性ユーザーとの出会いやすさ」が大きく影響するので、一般の女性が流入してくる見込みがちゃんとあることはメルパラで出会える可能性を期待できるという意味で心強い点と言える。

会える女性は業者の場合が多い

一般の女性ユーザーが流入してくる経路がきちんと整っており、会える見込みや可能性があることはたしかながら、簡単に会う約束ができる女性の多くが業者、という点には気をつけたい。

簡単にアドレス交換できて会えるのは業者の場合が多い
メルパラの援デリ業者からのメール

このやり取りにあるように、ホテル代と別に初回だけ2万を要求してくる業者に遭遇することがメルパラではとても多い。特に、やり取りし始めてからすぐにアドレスを聞いてくる女性、すぐに会う話になる女性のほとんどは援デリ業者である。

「業者」とは?

「業者」とは、割り切りや援助交際の女性のふりをして男性ユーザーにアプローチしてくる売春斡旋業者のことで、「援デリ業者」とも言われる。

実際にメルパラで業者から送られてきたメッセージにあるように「1回目だけホテル代と別に2万円」など「初回だけ2万」を要求してくるのは100%業者と見なして間違いない。

事例にあるような「学費を自分で払っているから」以外にも「ヤリ逃げされないため」「2回目会ってもらうための保証として」など、理由は様々だが、こういった類のメッセージを送ってくるのはすべて業者なので無視しよう。

※参考記事
出会い系の援デリ業者の特徴と見分け方
出会い系で「最初だけ2万」「初回に2万」払えばセフレができる?

割り切りやパパ活目的の女性であれば一般人とも会える

ただし、メルパラでも一般の女性ユーザーと比較的簡単に出会える方法がある。割り切りやパパ活目的で登録している女性を探すことだ。

特に、パパ活が目的でメルパラに登録している女性であれば、待ち合わせてから即ホテルに行こうとする援デリ業者と明確に見分けられるので安心して会うことが可能だ。

パパ活が目的で登録している一般の女性ユーザーは、会ってからいきなりホテルに行こうとする人はむしろ少ない。最初は顔合わせ程度のお茶をして互いに相手を確認してからホテルデートなど「大人の関係」になる場合が多いので簡単に見分けられるのが特徴。

パパ活と言うと、会うのにお金がかかることを嫌がる男性も多いが、タダマンできる女性やセフレでもホテル代やその前の飲食代は男性側が負担することが多いので、実際のところはさほど大きな負担を強いられるとは言えない

むしろ、簡単に一般女性を見つけられるメリットの方が大きいという見方もできるので、一般人の女性を探すのであれば“パパ活女子”を探すのは有効な攻略法と言える。

メルパラのサイト内、アプリ内をくまなく調査してみると、ハッピーメールやPCMAXなどでパパ活をしていた女性を見かけることが何回もあった。

パパ活をしている女性は、男性と出会える間口をより大きくしようとするので、いろいろなサイトやアプリを同時に使うケースも多い。そのような女性を見つけられれば一般人の女性と会える可能性はより高くなる。

ハッピーメールでパパ活をしていた女性をメルパラでも発見
メルパラでパパ活をしていた女性のメッセージ

このように、実際に他の出会い系やマッチングアプリでもパパ活目的で登録している女性をメルパラでも見かけることは決して珍しくない。

パパ活が流行したことで期せずしてメルパラで一般の女性ユーザーを見つけやすくなり出会いやすくなったことは間違いない。

メルパラ公式はこちら *18歳未満禁止

メルパラの評判・口コミ評価

メルパラの実態を調査してみて得られた情報や実態に関する“使用感”がどの程度正確なものであるかを測るために、メルパラを実際に使ったことがある人による感想や体験談なども併せて調査してみた。

その結果、メルパラの口コミ評価や評判には次のような傾向が見られることが分かった。

  • アプリのレビューや体験談は不自然な高評価が多い
  • 悪評は業者の多さを指摘する評価コメントが目立つ
  • ポイント稼ぎのメールレディの存在を指摘する意見

この3つについて詳しく見ていこう。

傾向① アプリのレビューや体験談は不自然な高評価が多い

メルパラのアプリの評価は高評価のレビューが多いのが特徴だ。

しかし、メルパラを高く評価している人物のレビューやコメントをつぶさに見ていくと、不自然なほどにメルパラを絶賛するコメントで溢れかえっていることに気づく。

理想の出会いが見つかった。一番おすすめの出会い系アプリ。

高い評価レビューはこのようなコメントだらけで、実際に調査して感じたことや確認できた実態とは大きく異なるものが大半だった。

また、単にアプリの使い勝手だけや出会い系の仕組みを評価するだけで、メルパラでの出会いに関する具体的な評価や体験談には一切言及していないレビューも数多く見られた。

こういったことから、メルパラのアプリに関する高評価のレビューは正直参考にならない意見ばかりと評価せざるを得ない。

そもそもApp Storeのアプリの評価とレビューには、メルパラに限らずアプリの実態とはかけ離れた嘘が書き込まれるケースがとても多い。高評価のレビュー投稿と引き換えにポイントを付与したり、偽レビューの投稿を請け負う業者が存在するなど、信用できる口コミ情報が少ないという問題がある。

傾向② 悪評は業者の多さを指摘する評価コメントが目立つ

反対に、メルパラを酷評している人たちのレビューの傾向を調べると、やはり業者が多いことを指摘する意見が目立った。

業者が多いことに関しては、すでに触れた通り私自身も自らの体験から強く感じたことでもあり信憑性が高いと言える。

メルパラの業者に関する口コミ情報の中には、待ち合わせ場所に来た女性が日本人ではなくアジア系の外国人だったという体験談もいくつか見受けられた。

援デリ業者を「手軽に使える風俗」と捉えて会う男性も少なくないが、実態は詐欺レベルの別人が来るケースばかりで会うメリットは無いに等しい。

傾向③ ポイント稼ぎのメールレディの存在を指摘する意見

業者に関する口コミや評判以外の低評価のレビューでは、メルパラでポイント稼ぎを目当てに登録しているメールレディの存在を指摘する意見も多かった。

「メールレディ」とは?

「メールレディ」とは、出会い系に一般女性として登録し、男性会員からのメッセージ受信やアプリ内通話をすることでもらえるポイントを貯めることだけを目的に使う女性会員のこと。

貯めたポイントはWebマネーなどに換金できることから「キャッシュバッカー」とも言われる。

メルパラは女性の副業情報をつぶやくTwitterユーザーの間でメールレディができる出会い系として知られていることもあり、出会い系では比較的メールレディが多い。

今回の調査時もキャッシュバッカー(メールレディ)には何人も遭遇した。

会うことには積極的だが、連絡先交換は拒否する女性はキャッシュバッカーの可能性が高い
メルパラのキャッシュバッカーとのやり取り内容

LINE交換を提案すると「LINEはやっていない」、代わりにGmailやYahoo!などのフリメを聞いても「フリメアドレスは持っていない」などと言い訳して連絡先の交換を拒否する女性とは会う約束をしない方がいい。

そのような女性と約束しても待ち合せ時間ギリギリまでメールを引っ張った挙句に音信不通となるだけなので止めておこう。

時には連絡先を聞こうとすると、

どうしてそこまで直にこだわるかな~??意味不明なんだけど

などと逆ギレする女性もいる。そのような女性相手に文句を言ってもポイントを無駄にするだけで相手の思うツボなので無視してブロックするか運営側に通報するのが一番の対処法だ。

通報・ブロックはメッセージ画面右上のボタンから簡単にできるようになっている
メルパラのブロック・通報画面

通報したとしても必ずしも利用停止になるとは限らないが、少なくともブロックはしておいた方がいい。誤って同じ人物にメッセージを送ってしまうリスクを回避することができる。

メルパラの使い方と攻略法

ここからはメルパラの使い方と攻略法について紹介していく。使い方自体はとてもシンプルで簡単なので慣れていない人でもすぐに使いこなすことができるようになる。

アプリはiOSのみに対応

メルパラの使い方は、ブラウザからアクセス・ログインして使う方法と、公式アプリをダウンロードして使う方法の2通り。

ブラウザ版でもアプリ版でも操作性など使い勝手に大きな違いはないので、状況や利用環境に応じて選ぶのがおすすめだ。

たとえば、アプリ版には毎回ログインする必要がないというメリットがある反面、スマホのホーム画面にアイコンが表示されるので既婚者にとってはデメリットとなるかもしれない。その場合はブラウザ版を使う方がいいということになる。

ただし、アプリはiOS版のみの対応となっており、Androidスマホユーザーがメルパラを使う場合は、ブラウザ版からアクセス・ログインして使うのが基本となる。

ブラウザ版からしか使えないことは、使い勝手の面以外でも少し不都合がある。というのも、アプリ版ではプロフィール閲覧が無料でできるのに対して、ブラウザではプロフィールを見るのにポイントがかかる。Androidスマホユーザーにとっては利便性が悪くなっている点はマイナス評価とせざるを得ないだろう。

メルパラでの出会い方

プロフ検索

プロフ検索は、アプリ版では単に「さがす」という名称になっている。機能は基本的に同じ。検索の絞込みなどにも対応している。

ただし、すでに紹介したように、ブラウザ版ではプロフィールを見るのに1ptかかるが、アプリ版では無料で見ることができるのでプロフ検索をする際はアプリを使う方が断然いい

アプリ版の「さがす」ではプロフ写真を載せている人ばかりが表示されるが、これはデフォルトの設定が「プロフィール写真あり」になっていることによるもので、ブラウザ版の「プロフ検索」と検索できる人が違うというわけではない。

掲示板で募集を検索 or 投稿

掲示板を使って相手を探す方法も簡単なのですぐに使い慣れる。

目的に合う掲示板ジャンルを選んで次のいずれかの方法で相手を探すだけというシンプルなもの。

  • 募集を投稿して返事が来るのを待つ
  • すでに投稿されている募集に返事を送る

なお、メルパラの掲示板には「まじめ掲示板」と「アダルト掲示板(アプリでは『その他掲示板』)」の2つがある。

この二つの掲示板は、文字通りまじめな目的用と大人の出会い目的用という使い分けが想定されているが、実際には「まじめ掲示板」にも“大人の出会い”系の募集が投稿されていることも多く、あまり神経質になる必要はない。

まじめ掲示板にも即会い系の募集は数多く見られる
メルパラの「まじめ掲示板」

ただし、全体的な傾向としては「まじめ掲示板」と「アダルト掲示板(その他掲示板)」には次のような違いが見られる。

「まじめ掲示板」
最初は食事やカフェなどから会う
「アダルト掲示板(その他掲示板)」
いきなりのホテルデートや大人の関係、即待ち合わせの約束

「まじめ掲示板」は徐々に仲良くなっていくことを想定した募集が多いのに対して、「アダルト掲示板(その他掲示板)」は即会い系の募集が大半を占めるのが特徴だ。

即待ち合わせで即ホテルデートの募集が多い「アダルト掲示板(その他掲示板)」
メルパラの「アダルト掲示板(その他掲示板)」

ただし、「アダルト掲示板(その他掲示板)」に投稿されている募集には、援デリ業者が客を捕まえるために割り切りや即Hの女性のふりをして投稿しているものが数多く含まれているので、メッセージを送る場合は相手をしっかりと見定めて送るようにしよう。

ポイントの追加・購入方法

ポイントの追加・購入方法は、ブラウザ版とアプリ版で利用できる決済方法が異なるだけでなく、ポイントのレートや決済可能な金額も異なる。

ポイント追加・購入方法
ブラウザ版アプリ版
銀行振込
ゆうちょ振込
PayPal
クレジット決済
Yahoo!ウォレット
コンビニから選ぶ
BitCash
C-CHECK
コンビニダイレクト
セキュリティマネー
G-MONEY
Edy決済
クレジットカード決済
iTunesカード

ポイントを追加・購入する方法の選択肢が多いブラウザ版の方が圧倒的に利便性が高いのは間違いない。

ポイントレートの面でもブラウザ版から購入手続きをする方がお得な設定になっている。

ブラウザ版のポイント購入レート
(クレジット決済)
ポイント料金追加ポイント1ptあたりの料金
3,000円310pt9.7円
5,000円520pt9.6円
10,000円1,200pt8.3円
15,000円1,800pt8.3円
20,000円2,500pt8.0円
アプリ版のポイント購入レート
(クレジット決済 or iTunesカード)
ポイント料金追加ポイント1ptあたりの料金
1,100円80pt13.8円
2,200円170pt12.9円
3,300円280pt11.8円
5,500円480pt11.5円
10,000円960pt10.4円

これはブラウザ版とアプリ版でクレジットカード決済した場合の追加されるポイントとレートを比較したものだ。これだけを見ると、ブラウザ版からのポイント購入一択しかないように思えるかもしれないが、実際は少し事情が異なる。

というのも、ブラウザ版とアプリ版とは決済可能な額に大きな違いがあり、ブラウザ版のクレジットカード決済では最低課金額が3,000円以上となっているのだ。

ブラウザ版では3,000円以上からでないとカード決済が使えない
メルパラのブラウザ版のクレジット決済画面

それに対して、アプリ版では最低決済額が1,100円に設定されており、こちらの方がユーザーの心理的には使いやすい。

アプリ版では課金しやすい低めの額の決済が利用可能
メルパラのアプリ版のポイント購入画面

つまり、クレジットカード決済に関して言えば、ポイントレートの面ではブラウザ版を使う方がいいものの、決済額の面からはアプリ版から手続きする方が利便性が高いというジレンマがあるのだ。

ブラウザ版で少額のポイント購入をするには銀行振込やコンビニ決済などの他の方法を使うしかないが、その場合、今度はその場でポイントを追加するのが難しいというデメリットが生じる。

したがって、メルパラでポイントを購入する場合は、課金する額やどのぐらい急いでいるかなどによって最適な購入方法を都度選択するのが望ましいということになる。

課金額別のおすすめのポイント購入方法

  • ~1,100円未満
    →ブラウザ版からログインし、コンビニ決済で購入
  • 1,100円以上~3,000円未満
    →ブラウザ版からログインし、コンビニ決済で購入
    or
    アプリ版でログインし、Apple決済で購入
  • 3,000円以上~
    →ブラウザ版からログインし、クレジット決済またはコンビニ決済で購入

ポイント購入のしやすさや購入からポイント追加までの時間といった利便性とポイントレートを踏まえると、購入金額に応じてこのような使い分けをするといいかもしれない。

メルパラのポイント購入時の追加レートは、振込が最も高く設定されており最もお得に感じるが、振り込みの場合は振込手数料が発生するため、結果としてクレジット決済などよりもレートが悪くなるケースの方が多い(振込手数料によって変わる)。

ポイントを購入する場合は、各種手数料も踏まえてどの方法が一番お得かを検討しよう。

大手出会い系との比較と評価

出会い系でトップクラスのサイトと評価されるハッピーメールPCMAXワクワクメールの3つを比較対象に、メルパラの出会い系としての価値がどの程度のものかをより具体的に明らかにしてみたい。

まずは、メルパラの評価。こちらをベースに3つの大手出会い系サイトと比較してみよう。

メルパラの評価
評価項目評価
会員数150万人
運営開始2000年
出会いやすさ
★★★★★★★★★★
業者の多さ
★★★★★★★★★★
サクラ無し
初回お試しポイント最大1,000円分

ハッピーメールとの比較と評価

ハッピーメールのイメージ画像
ハッピーメールの評価
評価項目評価
会員数2,700万人
運営開始2000年
出会いやすさ
★★★★★★★★★★
業者の多さ
★★★★★★★★★★
サクラ無し
初回お試しポイント最大1,400円分

会員数

会員数は圧倒的にハッピーメールの方が多い。会員数が多いことは、それだけ知名度が高くまた人気であるという証拠。会員数が多いことは単純に会える可能性がある人が多いということでもあるので、ハッピーメールの方がはるかに出会いのチャンスが多いと言える。

出会いやすさ

ハッピーメールは登録者数が多いこともあって出会いやすさに定評のある出会い系だ。アプリの人気チャートでも上位のハッピーメールには20代30代の女性を中心にたくさんの新規ユーザーが流入してくる見込みが高いので、それが出会いやすさにもつながっている。

この点においてもメルパラよりも数段優れていると評価することができるだろう。

業者リスク

ハッピーメールは、人気の出会い系サイトであり、出会い系アプリでもあることから援デリなどの業者も集まりやすい。そのマイナス面を補って余りある出会いやすさがあることは事実だが、業者が多いという点はややマイナスポイントだ。

ただし、メルパラの女性ユーザーの大半を業者が占めることに比べると、割合や業者リスクはハッピーメールの方が低いと言える。

ハッピーメール公式はこちら *18歳未満禁止

ハッピーメールに業者が多いと言われる背景には、ログイン時に業者が設定しているbotのサクラが自動でメッセージなどを送ってくることが多いことが関係している。

ハッピーメールでは業者が自らアプローチしてくることが多いのでどうしても実態よりも業者の数が多く感じられてしまうのだ。

そういった業者に惑わされずに無視して相手を探すことがハッピーメールで一般の女性ユーザーと出会うコツだ。

PCMAXとの比較と評価

PCMAXのイメージ画像
PCMAXの評価
評価項目評価
会員数1,600万人
運営開始2002年
出会いやすさ
★★★★★★★★★★
業者の多さ
★★★★★★★★★★
サクラ無し
初回お試しポイント600円分

会員数

PCMAXの会員数は業界トップのハッピーメールにこそ及ばないものの、ハッピーメールに次ぐ規模の最大手の出会い系のひとつだ。1,500万人の登録会員数はメルパラのざっと10倍。単純に計算すると、メルパラと比較すると出会いのチャンスも10倍ということになる。

出会いやすさ

PCMAXは人気の出会い系となった背景には、セフレなど大人の関係を主な目的としたサイトとしてプロモーション活動を展開していることによるもの。女性ユーザーも大人の関係前提の出会いであることを分かった上で登録しているのでとても出会いやすい。この点でもPCMAXの方が圧倒的に優位と言えるだろう。

業者リスク

セフレや割り切りなどの大人の出会いに強みを発揮するPCMAXには、残念ながら援デリ業者も少なくない。だが、それでもメルパラに比べると随分マシなレベルで気をつけていれば業者に遭遇することなく会うことができる。

PCMAX公式はこちら *18歳未満禁止

元々大人の出会いに強いPCMAXにはこのところパパ活や割り切り目的の一般の女性ユーザーが急増している。それによって出会いやすさがより増していると専ら評判。一般女性との割り切りを楽しみたい男性には最も向いている出会い系と言えるだろう。

ワクワクメールとの比較と評価

ワクワクメールのイメージ画像
ワクワクメールの評価
評価項目評価
会員数950万人
運営開始2001年
出会いやすさ
★★★★★★★★★★
業者の多さ
★★★★★★★★★★
サクラ無し
初回お試しポイント最大1,200円分

会員数

ワクワクメールは大手出会い系の中では会員数が少ない方に分類されるが、これは援デリなどの邪魔な業者が排除されていることによるもの。会員数930万人のほとんどが出会いを目的とした人ばかりで構成されていると考えるとその価値は数字以上のものがあると言える。

出会いやすさ

ワクワクメールは大手出会い系の中では例外的に援デリ業者などに対する規制が厳しいことで知られる。また、以前からパパ活や割り切り目的の女性が多いこともあって出会いやすさが抜群に優れている。SNS機能の充実にも早くから取り組んできたこともあり、20代だけでなく30代、40代の熟女や人妻のユーザーも多いのが特徴。

それ故、出会いやすさは出会い系でダントツと言ってもいいほど簡単に会える。正直、メルパラとは比較にならないぐらい出会いやすい

業者リスク

ワクワクメールにも業者がいないわけではないが、普通に使っている限り遭遇することはほとんどない。業者の存在をあまり気にせずに快適に使えるところが人気の理由の一つになっている。

ワクワクメール公式はこちら *18歳未満禁止

ハッキリ言ってしまうと、メルパラに登録するぐらいであれば、ワクワクメールに登録する方がはるかに簡単に、そしてコスパよく出会える。

割り切りやパパ活目的の女性だけでなく、セフレ関係や遊び相手感覚で会える一般の女性が多いのもワクワクメールの特徴なので、メルパラにこだわりたい理由がない限りはワクワクメールを使う方がはるかにいいだろう。

↑ページTOPへ戻る