割り切りの出会いを完全解説。割り切りにオススメな出会い系7選を体験談でご紹介!相場や掲示板についても徹底評価

お金払ってでもいいから今すぐセックスしたい!!

世の男性なら誰しも一度はこういった考えをお持ちになったことがあるのではないだろうか。

今回は「割り切り」の出会いについて徹底的に解説していこうと思う。

こちらの記事では、

割り切りに興味はあるけど始め方がわからない

といった割り切り初心者の方から、

割り切りにオススメな出会い系アプリを知りたい

というような割り切り経験者の方まで、幅広く「割り切り」について徹底的に取り扱っている。

もし割り切りについて何か知りたい情報気になる裏話などがある場合は、こちらの記事をご覧いただければ大体のことは解決するであろうことを読者の皆様にここで宣言したい。

また、割り切りについての情報をただお伝えするだけでなく、筆者が実際に一ヵ月間出会い系アプリを利用して得た生の体験談をお届けしたりなど、より読者の皆様にとって身近なコンテンツをお届けしたいと思っている。

それでは早速、「割り切り」についての解説を始めていこう。

■■INDEX

割り切りをおこなう3つのメリットとは?出会い系でセフレを作るよりも割り切りの方が良いとされる例をご紹介

割り切り」をおこなうメリットとは、何か。この問いに答えるのは意外と難しい。なぜならわざわざお金を払ってセックスするならば、風俗やソープランドに行った方が手っ取り早いと思われるからだ。

ここで一旦、割り切りでセックスすることでしか得られないメリットを整理し、改めて出会い系で“あえて”割り切りすべき理由を探り出してみることにしよう、

メリット1.お金を支払う代わりに、即セックス。

割り切りの一番のメリットと言えばこれではないだろうか。

お金を支払う対価として、時間をかけずすぐエッチなことができるのが割り切りの最大の特徴ともいえる。

ムラムラしたと思ったその瞬間、出会い系で割り切り交渉して、その後すぐに出会って即エッチするといった一連の中でのワクワク感、高揚感、そしてある種の背徳感-。一度味わってしまえば病みつきになること間違いなしである。

一方でこういった主張もあるだろう。

「出会い系で普通に出会ってセックスまで持っていった方がコスパ良くね?」

確かに通常はそうだ。お金を介さず、普通に出会った女性とデートしてそのままセックスまで持っていった方がいい、というのはもっともな意見である。

しかしこれには致命的な欠点がある。そう、なにより時間がかかるという点である。

普通ならやり取りして出会うまでに、お互いの予定などを考慮しておよそ1~2週間程かかってしまうのが常で、それまでは指を咥えて我慢しなければならないというのがいただけないポイントである。

だが割り切りを前提とした出会いならどうだろうか。

通常、割り切りであれば出会いは即日が基本であるため自身の欲求の解放を妨げられずに済むこととなる。男性が一番ヌきたいタイミングというのはまさしく、ムラムラが始まったその瞬間であるのだからその点は特に重要だ。

また、割り切り報酬を支払っているとはいえ、普通の出会いにおいても大体は居酒屋代、ホテル代など男性側が払うことになるのが一般的であり、トータルで換算したら実はそこまでかかる費用は変わらない、というのはよくある話である。

時間をかけずに、かつ最低限のお金のやり取りで最大限のパフォーマンスを実現できる「割り切り」という行為は、実は非常に理にかなった出会いの形の一つだと言える。

メリット2.素人なので融通が利く。

これも割り切りならではのメリットと言える。

風俗とは違い、割り切りで出会う女の子は全員素人である。

素人女性の初々しいリアクション生活感溢れる見た目、実際に出会うまでのドキドキなどを味わいたい方であれば、風俗ではなく割り切りを選ぶべきだろう。

▼割り切りの素人女性は、可愛い子も多い。

またもう一点風俗と異なる点と言えば、回数を重ねる毎に融通が利くようになることである。

風俗ならば当然一回毎にサービス内容は同じ、金額も同じとなるが、割り切りをおこなう相手は素人女性であるため、そういった交渉面での融通が利くようになるのも魅力である。

筆者
筆者
例えば、個人的な例で恐縮であるが、以前私が出会ったとある割り切りの女性とは一回目で本番なしの1万円交渉であったが、二回目の際は8千円、三回目では本番あり1万3千円と、回数を重ねる毎に好条件へと変わっていったことがある。

割り切りとはいえ相手は個人なので、回数を重ねたり個人的に仲良くなったりすれば条件が緩くなることは多々あるし、うまくいけばセフレに昇格するチャンスだってありうる。

こういった風俗では味わえない、あらゆる可能性を感じさせるロマンを楽しめるのは割り切りならではのメリットだろう。

メリット3.人間関係の面倒臭さがない。

たとえば職場の可愛い子とセックスしたとする。もちろん初めは浮かれて楽しい気持ちで一杯であろうが、次第に維持していくのが面倒になったりするものである。

そしてなぜだかわからないが、どこかから情報が洩れてしまいその子との関係性が噂され、会社に居辛くなって辞めてしまった……。というのは決して特殊な事例ではない。

ほんの一例であるが、現実世界でセックスできる相手を探そうとなると、大概人間関係的な面倒さが億劫になってしまい後悔するようなことが多々ある。

そんな面倒さを回避できるのが、割り切りの良さである。

「割り切り」と名の付く通り、所詮はセックスだけの関係と割り切れる点が素晴らしい。

筆者
筆者
現実世界のいざこざに巻き込まれず、ただ己の性欲を解消するためのツールとして割り切りを選択するのも素晴らしいことではないかと私は考える。

割り切りとは結局どういう意味?割り切りの正確な意味と定義を理解しよう。

そもそも、「割り切り」の厳密な定義を皆様はご存じであろうか。

「割り切り」に定義なんてあるのか、と思われるかもしれないが、意外と「割りきり」の意味を正確に把握している人はそんなに多くない。

ここで「割り切り」の意味を一度定義しておくことで、以後記事内で解説する色々なことに対して誤解が生じぬようにしたいと思う。

さて、結局「割り切り」の定義とは一体なんなのだろうか。もちろん人によって割り切りに対する考え方はそれぞれ微妙に異なるのだが、基本的には“お金を支払って一度きりの肉体関係をもつ”ことを、ここでは割り切りと定義することにしたい。

なぜこんな説明をするのかというのも、世間では「割り切り」というと、お金のやり取りが一切関係ないただのセフレ的な関係性のことを指す場合もあり、お金をやり取りしてセックスするという本来の定義から外れている場合が多々存在するからである。

※お金のやり取りが一切ないただのセフレ関係に興味がある方はこちらがおすすめ
セフレを作りたい男性必見!オススメ出会い系アプリ7選を筆者の体験談とともに徹底評価してみた!

もちろん正確な語源に関して言えば諸説あるのだろうし、上記のような定義を真っ向から否定するつもりは一切ない。ただ、こと出会い系の世界においては、「割り切り」という言葉には“お金を前提とした肉体関係”という意味が込められていることを、ここで留意しておきたい。

そのため、こちらの記事で取り扱う「割り切り」についても、原則お金を払ってエッチなことをするといった意味を指しているのだな、という風にご理解いただければ幸いである。

またここでいう”肉体関係”とは、必ずしもセックスだけを指すとは限らない。交渉次第ではキスやフェラまでといった条件もあり、どんなプレイをしたいかや金銭面などを考慮した上で決まっていく。

割り切り・援助交際・パパ活の違いは?意外と知られていない割り切り事情、それぞれの違いと3つの特徴とは

さてそうなってくると、ここで一つの疑問が生じてくる。

割り切りって援助交際やパパ活とどう違うの?

確かに、“お金を払ってセックスをする関係”というのであれば、援助交際やパパ活なども一種の割り切りとして捉えられなければならない。

しかし、これら3つは微妙に異なるニュアンスが存在する。それらの違いとは一体何か。この辺で一度整理してみることにしよう。

「割り切り」と「援助交際」の違い

まずは「割り切り」と「援助交際」についてであるが、結論から言うとこの二つの言葉には厳密な違いは存在しない

つまり割り切りというのは援助交際を別の言葉に言い換えただけのようなもので、この言葉が使われ始めたのも“援助交際”という言葉の使用を制限する出会い系サイト対策として使われ始めたのがきっかけだという説がある。

それでは全く同じ意味として使われているかというとそうではなく、「援助交際」という言葉には18歳未満の少女に対する売春行為、という意味合いが込められている場合が多い。

もちろん18歳以上なら援助交際ではないのか、というと決してそうではないのだが、世間一般的には援助交際というと未成年との淫行というニュアンスを持たれることが多く、表現として少し気を付けた方がいいケースもある。

そして言うまでもないが、18歳未満の少女との性的行為はれっきとした違法行為であるため、もしバレてしまった場合には重い罪に問われる可能性が高い。

当サイトではそういった未成年の女性との援助交際に関しては一切責任を負わないため、それらの是非については読者の皆様方に一任したい所存である。

「割り切り」と「パパ活」の違い

次は「割り切り」と「パパ活」についての違いも説明しておこう。

「パパ活」という言葉自体はわりと最近できた新しい言葉で、ニュースやワイドショーにも取り上げられたりと一種の社会現象ともなっているので、一般的にも広く知られている用語だろう。

それでは一体パパ活の定義とはなんなのだろうか。これにも考え方によって微妙に異なる部分があると思われるが、一般的な意味としては以下のようなものが挙げられる。

パパ活とは、経済的に余裕のある男性と一緒の時間を過ごし対価として金銭を得る活動のこと。経済的な援助をしてくれるパパのような存在のパトロンを探す活動という意味で、2014年にSNSを発端に語感の良さからパパ活という単語が広まった経緯がある。(Weblio辞書「パパ活の意味・解説」より 2020年10月29日引用)

要するに、女性がお金持ちのパトロン男性と一緒に過ごす代わりにお金をもらうこと、と言い換えられる。

しかし、ここで最も重要なポイントなのが、パパ活は必ずしも体の関係を前提としていないという点である。

たとえば、とある現役大学生のパパ活女子は、一度の食事でお手当(パパ活で得られるお金のこと)を1万円もらい、2時間ほど楽しくお酒や食事を楽しんだ後、そのままタクシー代をもらって家まで帰る、などといった生活をしていることもあるのだとか。

このように、体の関係無しでも始められるという安全性や一度に多くのお小遣いを稼げるという手軽さから、大学生を中心とした若い女性に爆発的に人気を集めているのがパパ活なのである。最近ではこういった女の子のことをPJ(パパ活女子の略)とも言うそうである。

▼パパ活は必ずしも肉体関係を前提としていないことがわかるツイート。

筆者
筆者
最もパパ活女子の中には、肉体関係を前提により多くのお小遣いを稼ごうとするケースもあり(「ドカタ」という)、実態はほとんど割り切りと変わらなかったりすることが多々ある。

したがって、「パパ活」と「割り切り」の違いについてまとめると、パパ活はある種割り切りのような側面を持ちつつも、基本的にはセックス無しの食事やお話相手だけの関係性のことを指している、と定義付けることにする。

そのため、本記事内においても「パパ活」と「割り切り」の二つは別々なものとして扱うことにし、パパ活に関する出会いに関しても今回では取り扱わないこととする。

風俗は割り切りなのか?

こちらは番外編となるが、「風俗」は割り切り扱いになるか?ということについても言及しておこう。

結論から言うと、風俗についても今回の割り切りとは別モノとして取り扱うことにする。

たとえば風俗の中でもヘルスなら本番は可能であるし、お金を払ってセックスをするという点ではある種の割り切り行為だと言えなくないかもしれない。

しかしこれは直感的にもおわかりいただけると思うが、風俗と割り切りは完全に別モノである。

確かに行為としては似ている部分も多いが、そもそもプレイに至るまでの過程が全く異なるし、プロの嬢がサービスとして提供しているか・ただの素人との直接的な交渉か、といった部分でも大きく変わってくるポイントである。

そして二つのうちどちらが優れているのか、などといった議論はここではしないことにするが、私個人としては風俗には風俗の良さが、割り切りには割り切りの良さがそれぞれあって、単純に比較するのはナンセンスではないかと思っている。

▼風俗と割り切りの違いについて

また今回は風俗に関するテーマについても特に取り扱うことはないため、その辺はご容赦いただきたい。

【必見】割り切りする際の危険性とは?割り切りする上での2つの注意点を徹底的に解説

この記事では読者の皆様に割り切りの魅力を最大限お伝えすると同時に、割り切りをおこなう際の注意点も同時にお伝えすることにしたい。

割り切りはお金が絡んでくるという特性上、いくつか発生しがちなトラブルが存在する。割り切りを目一杯楽しむためには、そういった事前に起こりうるリスクについても十分に把握しておく必要があるのではと私は強く考えている。

今回は特に身近に起こりうる重要な2つのトラブルについて、順番にご紹介していきたいと思う。

注意1.相手が未成年の可能性がある。

これは最も注意しなければならないポイントの一つである。

あなたがもし割り切りをするのであれば、どんなに若くても18歳以上高校生以外の女性を対象としなければならない。なぜならそれ以外の、つまり18歳以下の女性とそういった行為をするとなった場合、問答無用で児童買春規制法違反という犯罪の対象となってしまうからである。

もし仮にこちらが18歳以下であったと知らなかった場合は罪に問われないが、そういったケースになる例は少ない

なぜなら相手女性がをつく可能性もあるし、警察側も前提としてこちらが18歳未満と知っていて行為に及んだと仮定し、捜査を進めることが多いからである。

児童買春法違反の罪は重く、5年以下の懲役または300万円以下の罰金と、相当大きな社会的制裁を食らうことになってしまう。

▼児童買春による逮捕例

特に気を付けたいのが、SNSでの割り切り募集である。

TwitterなどのSNSでは割り切り募集が盛んにおこなわれているのだが、中には未成年の高校生、場合によっては中学生の少女等が援助交際を募集している例もあり、無法地帯となっていることが多い。

その点、出会い系アプリではそういったことが起こらないよう、事前に身分証明書に紐づいた年齢確認がおこなわれるため、未成年との接触リスクが限りなく少ない。

したがって、当サイトにおいても割り切り募集の際は出会い系アプリを利用することを強くオススメしている。

筆者
筆者
たった一度の過ちで人生を棒に振るとあらば、そのショックで自身の棒さえも縮み上がってしまいそうな程である。

注意2.相手が素人女性ではなく援デリ業者の可能性がある。

これも児童買春と同じく、割り切りにおいて最も警戒しなければならない注意点の一つである。

つまり、出会う約束をした相手が素人女性ではなく、援デリ業者だった場合だ。

Q. そもそも援デリって何?
A. 出会い系において、素人女性と見せかけた風俗嬢が割高条件のもと本番プレイを取り付けようとする騙し行為。

援デリとは“援助交際風デリヘル”の略で、あたかも素人女性のフリをして男性に近づき、相場よりも割高な条件のもと行為を迫ろうとする組織的な悪徳業者のことである。
大抵援デリとして派遣される嬢の質は悪く、一般の風俗店では雇ってもらえないような女性達が集う魔の巣窟と化しており、条件金額でセックスするにはあまりにも割高であることがほとんどである。

援デリ業者は出会い系やSNSの募集に紛れて顔を出し、カモとなる男性をひっかけるためあらゆる手段を使ってくるのが特徴である。

一例を挙げると、以下の出会い系アプリのアダルトな投稿は、紛れもなく援デリ業者の募集投稿であると言える。

援デリ業者と思われる割り切り募集

常識的に考えて、顔出しで知らない男性といきなり生Hを希望するような女性がいるだろうか。

当然そんなはずはなく、こういったアカウントはすべて援デリ業者のものであると断定できる。

もちろん実際に出会ったとしても、こんなに可愛いモデル級の女性が現れるようなことは決してなく、似ても似つかないような残念級のハズレ女性が待ち合わせ場所に現れた後、雑に行為を終えるだけである。

その点、今回ランクインしている出会い系アプリ、中でも上位3つのアプリ(ワクワクメールハッピーメールPCMAX)に関しては、そういった援デリ業者やその他悪徳業者を排除するような運営サポートを手厚く敷いており、より安全に割り切り募集を探せるようになっている。

筆者
筆者
出会い系において、どうしても業者という存在はつきものである。そういった面倒な可能性をいかに排除できるかという要素は、実は非常に重要なのである。

割り切りするならぜひとも覚えておきたい割り切り用語(隠語)集を一挙にご紹介

用語を覚えておくべき理由

さて、ここからは少し具体的な話へと進んでいく。

割り切りセックスを楽しみたいと思った時、避けて通れないのが割り切り用語隠語)である。

この界隈では割り切りに関する専門の用語がいくつか存在し、界隈の住人達はそういった用語を当たり前かのように駆使し、諸々の条件について交渉したりしているのである。

今回はそういった用語に関して、最低限の知識として覚えておきたい用語をピックアップしてまとめている。

もし初めての割り切りにもかかわらず、そういった用語がまったくわからず相手にされなかったとなれば悲惨である。

そうならないためにも、この辺で一度基礎的な用語をあらかじめおさらいしておこう。

これだけは覚えておきたい、割り切り用語集一覧

K(単位)

⇒金額を表す単位。1K=1000円。

条件を交渉する際などに使われる。
5Kなら5000円、10Kなら1万円となる。

使用例:「本番ゴム有りで2Kはどうですか?」

ホ別苺

⇒ホテル代別で1万5千円。

条件交渉の際によく出てくるのがこれ。
ホテル代別を別にして1万5千円の報酬、というのはよくある条件のうちの一つで、相場の基準ともなる金額である。

ホ別2(2万円の略)などのパターンもある。

ホ別苺の画像

サポ

援助交際の隠語。

「援助交際」というワードが検閲で引っかかるためにできた略語。他にも微妙な言い回しの違いがあるが、「エン」と読める場合は基本的にこれを指す。

援助交際の隠語

大人の関係

肉体関係。

セックスのこと。

使用例:「大人の関係を希望されてますか?」

意味が分かる方/余裕のある方

援助交際とわかって会ってくれる方という意味。

主に掲示板の募集などに書かれている。援助交際以外の誘いをシャットアウトするのによく使われている。

使用例:「意味が分かる方だけご連絡お願いします。」

定期

定期的に会ってくれる人。

一度だけでなく、長続きする割り切り関係を求める時に使われる。

使用例:「今のところは定期さんを募集してます!」

定期募集の隠語

/黄色

⇒それぞれLINE/カカオトークのこと 。出会い系内で連絡先を伝えるのに用いられる。

使用例:「緑はNGですが、黄色なら移動OKです!」

手当/お礼

もらえるお金(報酬)のこと。※パパ活用語

パパ活界隈では報酬のことを「手当」や「お礼」などと表現し、割り切り界隈との線引きがなされている。
この言葉を使うのはパパ活女子だけなので、こういった女の子達には割り切りの打診などはしないようにしよう。

使用例:「お食事の代わりにお礼をいただいてます。」

割り切り募集する方法には何がある?SNSと出会い系の2種類について理解しよう

それではいよいよ、実際に割り切りを募集する方法について解説していくことにする。

結論から言うと、割り切りを募集する方法は基本二つしかない。

それは出会い系アプリで募集する方法、SNSから募集する方法の二通りである。

考えてみればわかるのだが、現実世界において割り切りを募集するのはほとんど不可能に近い。

たとえばナンパしていきなり「ホ別2で僕とエッチしてくれませんか?」などと言っても乗ってくれるわけがないし、飲み屋での声掛け、友達の伝手、職場やバイト先の仲間……どの方法をとっても割り切り交渉するにはあまりにも無理があるし、最悪そんな誘いをしたのがバレたら社会的な信頼を損なう恐れが高い。

したがって、割り切り交渉というのは当然であるが、基本インターネット上でしか行われない。

そしてその中でも、まずはSNSを使用した割り切り交渉についてご紹介したいと思う。

SNS(Twitter)を利用した割り切り方法

SNSでの割り切り募集には、「Twitter」が使われることがほとんどである。

Twitterがよく割り切りに使われる理由としては、

  • アカウントが作りやすく、消しやすい
  • 匿名性が高いので身バレの心配がない
  • アクティブユーザーが他のSNSと比べて圧倒的に多い

などが挙げられる。要するに使い勝手が一番良いのだ。

それでは具体的に、Twitterでどのようにして割り切りの募集を探していくかを、順を追ってご紹介していこうと思う。

その1 検索画面でハッシュタグを使い、割り切りを募集している女の子のアカウントを見つける。

大前提として、「Twitter」で割り切り募集を探す際に使われるのが「ハッシュタグ」である。検索窓からツイートを検索する際、頭に“”をつけるとそれがキーワードとして認識され、同じタグの投稿をまとめて検索できる機能である。

筆者
筆者
Twitter界隈では割り切りを意味するハッシュタグがいくつか存在していて、それを用いて募集をかけていくのが一つの定石と言えよう。

たとえば「#プチ」で検索した時の結果がこちらであるが、女の子の募集が腐るほど出てきており供給過多状態である。(金曜の夕方時点での募集)

ツイッターの「プチ」ハッシュタグ検索の結果

ちなみに割り切りでよく使われるハッシュタグランキングは以下の通りである。

  1. #
  2. #サポ
  3. #プチ

※「#オフパコ募集」や「#裏垢/裏アカ女子」なども人気の高いタグとなっているが、前者は業者が絡んでいることが多く、後者は割り切りというよりかはセフレ探し・エロ動画販売専用的な側面があるため、あまりオススメできない

その2 実際に条件交渉をしていく。

良さそうなツイートを見つけたらDM(ダイレクトメール)で女の子にメッセージを送り、反応を待つ。

ツイッターでの割り切りに対するダイレクトメッセージ

このように、交渉する際の文面はビジネスメールばりの丁寧さで臨むと良い。

丁寧で紳士的な態度というのは割り切りにおいて非常に重要であり、特にいきなりDMで話しかけるなら丁寧すぎるくらいが丁度よい。

ポイントとしては、

  • FF外(フォロー、フォロワー外)からいきなり連絡したことを詫びる
  • なぜ連絡したのかをわかりやすく簡潔に伝える
  • 条件は基本的に相手から聞いた後交渉する(どうしてもこちらから設定したい場合は簡潔にまとめて伝える)

といったことが重要になる。

そしてしばらく待っていると、このようにさらに返信が返ってくるのでこれもまた丁寧な対応を心がけよう。

ツイッターでの割り切り募集DMに対する返信

筆者
筆者
この時はたまたま条件が合わず出会うことはなかったが、基本的なメッセージの流れは以上のような形が基本となる。

その3 場所と時間を設定して、実際に出会ってみる。

基本的にTwitterの募集は即日の出会いがほとんどなので、1時間後30分後などのかなりタイトな約束となることが多い。

そのため、基本的には近場で募集をかけるのが定石である。横浜で募集をかけているのに、「今から東京でて向かいます!」などと言ったらドタキャンされる可能性がある。

よって、募集を見つけるならなるべく近場で(できるだけ電車で15分以内)探すと成功確率がグッと上がりやすくなり、オススメである。

また相手女性と出会ってからも、必ず紳士的な対応を心掛けよう。

大抵の場合、相手は慣れない素人女性であるためかなり緊張していることが多い。

そのため、一番最初に話しかける際も笑顔でかつ丁寧に挨拶をしたり、女性の体調を気遣ってあげたりなど紳士的に振る舞ってあげよう。

そうすれば女性側も好印象を抱くし、もし次回以降会うことになればいい条件で交渉できるかもしれない。

当たり前のようだが、こうした丁寧な対応というのは相手に対する基本的なマナーでもあるので、紳士たるもの忘れずに実践したいところである。

出会い系アプリを利用した割り切り方法

次に出会い系アプリを利用して、割り切りの募集から実際に出会うまでの流れをご紹介していこうと思う。

ちなみに、今回の記事では実際にこの方法を利用して割り切りの募集をおこない、交渉して出会うまでの一連の流れを体験談としてまとめているため、ぜひともチェックしていただきたい。

それでは早速流れを確認していこう。

その1 掲示板を用いて割り切り募集を探し出し、メッセージを送る。

出会い系アプリで最も効率的に割り切り募集を探し出す方法とは何か。

それは掲示板を使うことである。

出会い系で割り切りしようと思ったら、この掲示板をいかに活用するかが一番のキーポイントとなる。

それではどのように掲示板を活用していけばよいか。

それを知るために、まずは掲示板で実際にどのような投稿がされているかをチェックしていこう。

試しに「ハッピーメール」の掲示板を覘いてみる。タイミングにもよるが、割り切り募集が多く見られるジャンルには「遊びたい」がよく挙げられる。こちらも「遊びたい」での投稿一覧の画面となる。

筆者
筆者
ちなみにアダルト掲示板にも割り切り募集の投稿はいくつかあるが、素人のフリをした業者(援デリ)である可能性が比較的高いため、、あえてピュア掲示板の「遊びたい」の利用をオススメしたい。

少し下にスクロールしていくと、以下のような投稿が見られた。ちなみに時間にして平日の夕方頃である。

結論から言うと、4つある投稿のうち赤枠で囲ってある3つの投稿は、どれも割り切り募集である可能性が非常に高い。

割り切り募集の投稿一覧

つまりここでは何が言いたいかというと、出会い系アプリで割り切り相手を探している女性というのは想像しているよりも遥かに多く、特に掲示板における割り切り募集の割合の高さは非常に高いためほとんど入れ食い状態であることがわかる。

これこそが出会い系アプリで割り切り交際の相手を探す最大のメリットであると言え、私が最もオススメしている理由でもある。

その2 割り切り交渉をしてみる。

無事返信が返ってきたら、早速条件交渉をしてみよう。

ポイントとしては、まず相手から条件を先に聞き出すことが鉄則である。

なぜなら条件の相場というのは一人ひとりによってかなり変わってくるものであり、仮にこちらが適正だと思って出した条件が相手にとって低すぎれば当然返信は返ってこなくなる。

逆も然りで、もし高すぎる条件を出してしまったら当然それは無駄な出費になるわけで、どちらにしろ損をするだけなのである。

もし相手が提示した条件が高すぎる場合は値段を交渉すればいいため、先に相手から条件を聞き出すというのはマストなのである。

筆者
筆者
始めたばっかりでよくわからない、という場合はとりあえずイチゴ(1万5千円)が基準価格だということを頭に入れておけば間違いはない。

割り切りにオススメな出会い系アプリ7選をランキング形式でご紹介。(筆者の実録割り切り体験談付き)

割り切りアプリのランキングについて

それでは本題へと入っていこう。数ある出会い系アプリの中でも、最も割り切りにオススメだといえるアプリは一体どれなのだろうか。

今回はごまんとある出会い系アプリの数々の中でも、信頼実績を兼ね備えた優良出会い系アプリと呼ばれるサービスを7つに厳選してご紹介していくことにする。

その7つのアプリというのが以下の通りである(※順不同)。

  • ハッピーメール
  • PCMAX
  • ワクワクメール
  • イククル
  • メルパラ
  • Jメール
  • YYC

これらをそれぞれ、

出会いやすさ」、「セフレの作りやすさ」、「アプリの使い勝手」、「コスパ

の4つの指標で評価していきたいと思う。

また今回はなぜこれ以外の出会い系アプリについて取り扱わないかというと、単純に世に出回っている悪徳詐欺アプリが多すぎるからである。

AppStoreやGooglePlayストアに上位表示されるアプリというのは通常人気で知名度のある優良アプリであることがほとんどなのだが、稀に実態のよくわからない詐欺まがいのアプリが上位表示されてしまうことも結構ある。

出会い系アプリに関しても同じで、例えばAppStoreに現在ランキング上位として表示されている「リアトーク」というアプリは、いくら課金しても全く出会えないサクラだらけの詐欺アプリであることが判明している。

一方で上記の7つのサービスは、出会い系サイト黎明期から現在に至るまで信頼と実績を培ってきた老舗優良アプリばかりなので、安心してインストールしていただきたい。

筆者の一ヵ月間による実録体験談について

また今回は、筆者の私が実際にこれらのアプリを利用して、どれだけ割り切りができるかを徹底的に検証してみることにした。

検証した割り切りアプリ一覧

結論から言うと、今回の検証で割り切りできた人数は合計で3人となった。(割り切りを除けばもう少し多い)

正直取材目的とはいえ、割り切りに使った金額はそこそこ大きく財布へのダメージが計り知れなかったが、その分オイシイ思いもできたのでチャラである。

なによりどのアプリが割り切りに特化しているか・出会いやすさはどうかなどの情報を直接自分の手で調べることができたのは何よりの収穫であった。

私が今回調べた情報を皆様にも共有させていただき、より良い割り切りライフを楽しんでもらえれば幸いである。

それでは早速ランキングをご紹介していこうと思う。

第1位:「ワクワクメール」

ワクワクメールのイメージ画像

今回、見事第1位にランクインしたのは「ワクワクメール」である。

筆者が一ヵ月間出会い系アプリの検証をおこなったところ、最も割り切りでの出会いが成功できたのはこの「ワクワクメール」なのである。

それでは一体「ワクワクメール」とはどんなアプリなのか、またなぜ割り切りの出会いが最も成功しやすいのか、アプリの特徴を紐解きながら解説していこうと思う。

ワクワクメールの基本的なデータ・特徴

ワクワクメールに関する詳細データ
累計会員数904万人以上
運営実績2021年現在22年(1998年よりサービス開始)
メディア街頭広告、CM放映、多数キャンペーンの実施など
利用目的恋活から遊びまで幅広く対応
費用の目安無料~1,500円
セキュリティ・安全性24時間体制の問い合わせサポート、業者の徹底排除等
運営会社有限会社コロン
公式サイトワクワクメール公式 *18歳未満禁止

「ワクワクメール」は、現在までおよそ22年の運営実績を誇る超老舗サービスで、パソコンの出会い系サイトが流行りだした頃から変わらずサービスを続けているというすごい会社なのである。

「ワクワクメール」が評価されるポイントはいくつかあるが、まず一つはアプリの使い勝手の良さが個人的に一番に挙げられる。

例えば、掲示板で相手女性を探すにしても、このように目的がハッシュタグのような形で一覧化されており、非常に見やすくなっている。

ワクワクメールの掲示板の画像

それに加えて、アプリの操作性や見た目が今風で使いやすい。

ワクワクメールのメニュー画面

マイページのメニュー画面は、画像のように直感的でわかりやすいボタン配置になっているため、初心者でも迷わず操作でき、スクロールした時もサクサクと動く感じがストレスフリーで心地よい。

こういった細かい動作に関する評価は意外と見落とされがちであるが、利用する上でとても重要だと私は思っている。そういった点でも「ワクワクメール」は高評価である。

さらに言えば、「ワクワクメール」の最大の特徴といえば、割り切りパパ活といった大人の出会いが非常に活発なところである。

もちろん暇つぶしや食事相手を探す目的、恋人探しや婚活で利用されることもあるが、「ワクワクメール」では特に割り切り界隈が他のアプリと比べて圧倒的に成熟しており、初心者が割り切りを楽しみたいのならとりあえず「ワクワクメール」を使っておけば間違いない。

筆者
筆者
今回筆者が実際に一ヵ月間「ワクワクメール」を利用してみて感じたのも、とにかく“割り切り目的の女の子が多い”というものであった。特に休日の昼~夕方頃の時間帯で割り切り狙いの女性が多く見られ、完全に入れ食い状態であった。

結論から言うと、最終的に「ワクワクメール」では2人との割り切りを成功させることができた。

今回の検証で得た成果は以下の通りである。

  • LINE・カカオの交換…5人
  • 出会った人数…5人
  • エッチできた人数…3人※内二人は割り切り
  • セフレ化した人数…0人

一ヵ月間で考えればそこまで多くないが、時間対効果を考えれば圧倒的にコスパが高く、ダントツでオススメできると言える。

そんな「ワクワクメール」を利用した筆者の実録体験談を、掲示板から条件交渉、出会いに至るまで徹底的に解説しているので、ぜひとも参考にしていただきたい。

ワクワクメールで実際に出会ってみた体験談

早速「ワクワクメール」で割り切り相手を探していくことにする。

▼割り切り募集へのテンプレ返信
ワクワクメールで使用した割り切り募集テンプレ

先ほども書いたように、割り切り相手を探すためにはとにかく掲示板を活用しなければならない。ということで、手始めに一日10通ほどテンプレ返信を繰り返していこうと思う。

すると一人の女性がどうやら食い付いてくれたようだ。

ワクワクメールの割り切り投稿

掲示板のジャンルは「今から遊ぼ」であるが、明らかに割り切り目的っぽい投稿内容である。

早速カカオに移動して軽くやり取りを繰り返していると、やはりお金に困っている女性であることが判明。

パパ活がうまくいかなかったため割り切りで募集を探していたそうである。パパ活業界にも苦労はあるようだ。

ということで早速条件の交渉に入っていくことにする。

ワクワクメールの割り切り交渉

条件は苺(1万5千円)が希望なようで、個人的にもこの金額であればボーダーラインかなと思っていたのであっさりと承諾。

その日に会う約束を取り付けることになった。

筆者
筆者
ここまでトントン拍子に話が進むと逆に怪しいんじゃ?と思われるかもしれないが、割り切りとは大体こういうものである。

そして、待ち合わせ場所の駅に到着。時間は昼過ぎ頃であるが、風が強く薄ら寒い心地がした。

待ち合わせ場所の駅についてしばらく待っていると・・・

あのー…〇〇さんですか?
女性
女性

そこに現れたのは意外にも若い女性であった。

※イメージ画像

見た目はだいぶおとなしめでもう少し色気が欲しかったのだが、顔立ちは綺麗だし何よりも胸が結構大きい。雰囲気と見た目のギャップに戸惑いつつも、この女性と今からエッチなことができるという妄想が頭をかすめるだけで、興奮が冷めやらぬ私の息子であった。

筆者
筆者
こんばんは。今日はよろしくお願いします!
あ、はい。よろしくお願いします…。
カナ
カナ

カナと名乗るその女性はだいぶ緊張している様子で、なんでも割り切りでエッチをするのは初めてだそうである。こういった初めての経験を奪えるというのは、なんとも気持ちの良いものだ。

立ち話も束の間に、早々とホテルへと歩みを進めていく。

道中での会話はほとんどなく、淡々と二人で並んで歩いていく感じはなんとも不思議な感覚である。しかしひしひしと伝わる緊張感が横から感じ取れる度に、こちらも同じくらい緊張してきてしまうがまた面白い。

ホテルに到着したあとは、ソファに座ってまずはひと段落。なんの会話もなくスタートするのも味気ないので、とりあえず色々と話を掘り下げてみることにした。

カナさんに関する情報は大体以下の通りである。

  • 塾講師のバイトをしてたけど面倒でやめた
  • パパ活で楽に稼げることを知ってからちょくちょく手当をもらっていた
  • パパ活では基本的に体の関係はなし
  • でもエッチなことが嫌いなわけではない

そういった経験自体はあまりないそうで、今までの経験人数も数人しかいたことがないそうだが、好きなプレイを聞いてみるとあっさり答えていたので、エッチなことが嫌いなわけではなさそうである。

そんなやり取りをしていく中で、少しずつスイッチが入っていく様子のカナさん。

お風呂が溜まってきたので、先にシャワーに入ってもらうことに。

こっそり脱衣所を覗いてみると、あまり色気のない下着からはみでる乳は想像よりも少し大きく、推定Eくらいはあるのではないかというくらいの胸の持ち主。これは想定しいていたよりもかなり大当たりなのではないか。

シャワーから出てきてまだ湯気が冷めきっていない体を思わず抱きしめてみると…。あまり嫌そうな反応がない。むしろ少し楽しんでいる様子さえ感じられた。

また何よりも、首筋から香るその人特有の匂いが私的にかなり好みだったこともあり、既に興奮度はマックスに。

私も早々にシャワーを浴びてから、そっとバスローブを脱がせてみる。すると、なかなかに巨大な胸が恥ずかしげもなく露わになった。Eと見積もったが、果たしてどうだろうか?思わず本人に直接聞いてみたところ、

最近大きくなってて、今Fとかなんだよね(笑)
カナ
カナ

おお・・・。思わず唸ってしまった。Fカップレベルの巨乳は結構レアなものだ。

もはや理性などそこには存在しない。思う存分己の欲求に身を任せて、なりふり構わずその淫らな乳を揉みしだいていく。

ふふっ。(笑)
カナ
カナ

必死な私の様子に思わず吹き出してしまったカナさん。

少し恥ずかしさを覚えて冷静になりかけるが、もはやそんなことは気にしない。雰囲気に慣れてきたのか、カナさんも少しずつ興奮を覚えてきたようだ。

んっ…あっ…
カナ
カナ

漏れ出る声が可愛い。サバサバタイプかと思っていたが、実はいじめがいのあるM気質な女の子なのかもしれない。

時間をかけてゆっくりと前戯をしていくと、徐々にアソコもそれに応えるようにじわじわと湿っていくのが伝わる。

そろそろかなと判断し、「挿れるね」と一言添えてから、いやらしく濡れた秘部へと突入していく。

ああっ…
カナ
カナ

ゆっくりと挿れた瞬間、我慢していた声がかすかに部屋に響いた。

反応が可愛すぎる・・・

肉体的な気持ちよさと精神的な高揚から既にイキかかってしまったが、それではあまりにももったいない。胸と乳首を同時に触りながら、しっかりとカナさんを気持ちよくさせてあげることに専念していく。

中…きもちいいかも…
カナ
カナ

ゆっくりと愛撫したことで、中もしっかりと気持ちよくなってもらえている模様。たまに奥をグリグリと動かしたりすると、体がビクっとのけぞる姿がなんだか愛らしい。

いやらしい体を存分に楽しんだあとは、最後にバックでフィニッシュまでもっていく。中イキまでは難しそうだったため、下から胸を掴みながら突き上げるようにして奥をガンガン突いていく。

そして…

筆者
筆者
ヤバイ…イクっ…!

ドクドクッと物凄い勢いでゴムの中に注ぎだされた。

めちゃくちゃ気持ちよかった…。カナさんは少しだけ息を乱していたが、しばらくするとホテルに来る前ぐらいのテンションにまで元通り。さすがビジネスマンである。

ささっとシャワーを浴びて、15分ほど休憩したらすぐに解散した。

さすがに少しあっけないなあとも思ったが、割り切りとはこういうものである

お互いがお互いの利害のために関係を持つ。そのひと時を楽しめる人間こそ、割り切りを真に楽しめるのではないかと考えている。

私としては今回のカナさんはかなりアタリだったので大満足である。次のチャンスは恐らくないだろうと思うものの、しっかりと楽しむべきことを楽しめたので全く問題はない。

また今回の検証で明らかになったのは、「ワクワクメール」は割り切りやパパ活の出会いに非常に適しているということであろう。こちらの記事では割愛しているが、内一人は割り切り交渉なしで本番までいけたため、セフレを作る目的でも利用することは十分に可能であると考えられる。

ワクワクメール公式はこちら
*18歳未満禁止

第2位:「ハッピーメール」

ハッピーメールのイメージ画像

続いて第2位にランクインしたのは「ハッピーメール」である。数ある出会い系アプリの中でも最も利用者数が多い出会い系アプリの一つであり、出会い系アプリを利用しないような方でも名前だけは知っているという方は多いのではないだろうか。

なぜ「ハッピーメール」が今回2位にランクインしたのか、その理由と魅力をこれから徹底的に追及していこうと思う。

ハッピーメールの基本的なデータ・特徴

ハッピーメールに関する詳細データ
累計ユーザー数2,500万人以上(2021年時点)
主なユーザー層20~30代を中心とした幅広い層に人気
利用料金女性:無料
男性:従量課金制(1メッセージにつき50円)
主な利用目的遊び、恋活、暇つぶしなど
運営会社情報株会アイベック(2000年サービス開始)
公式サイトハッピーメール公式 *18歳未満禁止

「ハッピーメール」は、現在に至るまで創業20年の歴史を持つ超老舗企業であり、累計会員数はなんと2,500万人を記録している超巨大な出会い系アプリである。

そんな「ハッピーメール」の特徴と言えば、やはり圧倒的な規模による出会いやすさに尽きると言える。

単純に出会い系アプリで出会える確率は、「出会いの数×出会いやすさ」で決まる。そのうえで「ハッピーメール」は他を凌駕する圧倒的なユーザー数を武器に、圧倒的な出会いの数を提供し、出会える確率を増やしているのである。

出会いの数が多いというのはそれだけで他のアプリよりも有利で、ランキング上位に位置するのも納得がいく。

実際に私が体験したうえでも、出会いの数だけで言えば「ハッピーメール」が一番多かった。

そしてその分知名度も高く、つい最近では「ハッピーメール」の映画が上映されたことでもSNSで話題を集めた。

映画ハッピーメールのイメージ画像

数多くの選択肢の中で自分の好みの女性を見つけたいと思ったら、「ハッピーメール」を利用することを強くオススメしたい。

ハッピーメールで実際に出会ってみた体験談

「ワクワクメール」と同様、今回も「ハッピーメール」がどれだけ出会いやすいアプリかを筆者自ら研究していくことにする。

「ハッピーメール」での詳しい体験談はこちらに掲載させていただくことにするのだが、当記事では簡単に「ハッピーメール」で1ヵ月間どういった出会いがあったかを、数字にまとめてご報告させていただこうと思う。

結果としては、以下の通りである。

  • LINE・カカオの交換…10人
  • 出会った人数…3人
  • エッチできた人数…2人
  • ※内一人は割り切り

  • セフレ化した人数…1人(3回して自然消滅)

「ハッピーメール」は前述の通り利用ユーザーが多いため、数打ちゃ当たる戦法でゴリゴリ進めていけばLINEの交換までもっていくことはわりと簡単である。

その証拠に、LINEの交換までもっていけた人数は10人と、今回の検証内でも一番大きな数を記録した。

そして肝心の割り切り情報であるが、「ハッピーメール」でも「ワクワクメール」と同様割り切り市場がかなり形成されており、金曜の夕方現在、掲示板投稿にはこのように割り切り募集と思われる投稿がかなり多く見られた。

▼赤枠で囲った投稿は割り切り募集。
ハッピーメールの割り切り募集投稿

赤枠で囲った投稿は割り切り募集である可能性が高く、その数は投稿時間を見てもわかる通りかなり多い。

実際今回の検証でも、エッチできたうちの一人は割り切りだったため、「ハッピーメール」でも十分そういった出会いは可能であることがわかる。

筆者
筆者
他にも「ハッピーメール」では、セフレと言えるかどうかは微妙であるが、その後も数回会ってエッチできるような関係の女性と出会うことができた。気づいたらLINEをブロックされてしまい、現在は音沙汰無しなのだが…。

ということで、「ハッピーメール」では割り切りの出会いの他にもセフレ人妻など、幅広い使い方を楽しめる優良アプリであることがわかった。

今回に関して言えば、特に割り切りに特化しているアプリが「ワクワクメール」だったため惜しくも2位となったが、総合的な評価で言えば「ハッピーメール」が最強の出会い系アプリだと強く言える。

個人的に出会い系初心者が一番最初に始めるべきアプリを挙げろと言われたら、私は迷いなく「ハッピーメール」をオススメするだろう。

多くの出会いの選択肢の中で好みの女性を選べるし、中でも「ハッピーメール」は業者の少なさをひしひしと感じた。

業者が多いと無駄にお金を消費するだけでなく、出会いのモチベーションも落ちてしまうためそういった要素は非常に大事なのである。

もし出会い系初心者でかつ割り切りなどの色んな出会いを楽しみたいといった願望を持っているそこのあなたは、「ハッピーメール」を試しにインストールされてみてはいかがだろうか。

ハッピーメール公式はこちら
*18歳未満禁止

第3位:「PCMAX」

PCMAXのイメージ画像

続いて第3位にランクインしたのは、「PCMAX」である。

「PCMAX」が、なぜ今回3位という上位にランクインできのか、またどういった点が割り切りするうえでのポイントとして評価されたのか、その理由を詳しく見ていくことにしよう。

PCMAXに関する詳細データ

運営会社株式会社マックス(2008年創業)
ユーザー数1,500万人以上※2021年現在
基本利用料ポイント制(1pt=10円)
利用者層20代~40代を中心とした幅広い年齢層に支持
安全性サポート体制や年齢確認制度など多数の安全対策あり
特徴大人の出会いを中心とした国内最大規模の出会いコミュニケーションサービス。
公式サイトPCMAX公式 *18歳未満禁止

「PCMAX」は、株式会社マックスが運営する大手出会い系サービスの一つで、創業は2008年と比較的若いものの、累計会員数は2020年現在で1,500万人を突破するなど非常に勢いのある出会い系アプリなのである。

そんな「PCMAX」ならではの特徴というのが、遊びワンナイトに特化した出会いが多いという点である。

「PCMAX」は公式サイトでAV女優とタイアップした企画をおこなうなど、アダルトな出会いを推奨しているのが特徴的である。

そういったことも相まって、「PCMAX」では遊び目的のユーザーが比較的多く集まる傾向にあり、主にワンナイトセフレ作りのために利用されることが多いのが特徴的だと言える。

ただ少し気になるのが、業者の多さである。業者対策が徹底的になされているとはいえど、出会いの性質から他の大手アプリよりも業者が多くみられる傾向にあるのは否めない。利用の際は少し注意が必要である。

PCMAXで実際に出会ってみた体験談

「PCMAX」では、主にワンナイト遊び目的の女性と多くの出会いを果たすことができた。こちらの記事で解説している通り、「PCMAX」は他のアプリよりも男女ともに遊び目的で利用されることが多いため、根気よく探していけばタダで女の子と気軽に遊ぶことができるアプリなのである。

検証結果は以下の通りだ。

  • LINE・カカオの交換…8人
  • 出会った人数…4人
  • エッチできた人数…3人※内一人は本番なし
  • セフレ化した人数…1人

LINEの交換が8人に対して、実際にセックスまでいけたのは3人、本番抜きの子を除いても2人と最後まですることができた。これは打率的にはかなり良い数字ではないだろうか。

「PCMAX」ではこのようにセックスに至るまでの出会いにとても特化しているだけでなく、セフレを作るに至るまでもかなりスムーズにいけることが検証で判明した。

また割り切りに関してであるが、結論から言うと「PCMAX」では割り切りでの出会いはできなかった

理由としては、

  • 「ハッピーメール」と「ワクワクメール」に比べると割り切り投稿少なかった
  • 業者を見分けるのが途中からしんどくなった
  • そもそも割り切りに使うお金が足りなくなってきた

以上が挙げられる。

お金に関しては完全に私のせいなのだが、上位2アプリと比べると少し割り切りの規模は小さいのではないかと感じたのは事実である。

それでも決して割り切りができないわけではなく、むしろ時間帯を見定めれば「PCMAX」で割り切りを探すのはとても簡単であると考える。

その証拠に、金曜の夕方頃掲示板募集を覗いてみると、割り切り募集と思われる投稿がいくつか見られる。

▼PCMAXの割り切り募集
PCMAXの割り切り募集投稿

今回はたまたま割り切りができなかったが、「PCMAX」でセフレを探しつつ、片手間に割り切りを探してみるといった使い方をしてみるのも面白いかもしれない。

PCMAX公式はこちら
*18歳未満禁止

第4位:「イククル」

イククルのイメージ画像

ぶっちゃけ言うと、ここから下の4位~7位のアプリに関しては出会いの数・質とともに、上位アプリ(「ワクワクメール」、「ハッピーメール」、「PCMAX」)には少し見劣りしてしまう傾向にある。

もちろん出会えないアプリというわけではないのであるが、アプリの特徴や使い勝手に一癖あったり、ユーザーの好みを選ぶようなものが少し見られるため、利用の際は少し注意が必要となる。

やはり、基本的には上位3位までの最大手出会い系アプリを中心に利用されていくことをオススメしたい。これらを選んでおけば間違いはないと自信をもって言える。

ということで第4位のご紹介。ランクインしたのは「イククル」である。

「イククル」とは一体どんなアプリなのか、特徴やデータ・体験談をまとめていこう。

イククルの基本的なデータ・特徴

イククルに関する詳細データ
累計ユーザー数1,500万人以上(2021年時点)
主なユーザー層20~30代を中心とした幅広い層に人気
利用料金女性:無料
男性:従量課金制(1メッセージにつき50円)
主な利用目的恋活から遊びまで幅広く対応
運営会社情報プロスゲイト株式会社
公式サイトイククル公式 *18歳未満禁止

「イククル」は「ハッピーメール」や「PCMAX」などに比べたら少し知名度で劣るが、実は2000年に創業したサービスで、累計会員数は1,500万人を数えるというれっきとした老舗大手出会い系サービスなのである。

そのため安全性に関する信頼はとても高く、サクラはもちろんゼロを徹底しているため決して出会えないアプリではないのである。

また「イククル」の出会いの特徴で言えば、比較的若い女性が多くいることが挙げられる。

画像を見ていただいてもわかるように、適当に掲示板をのぞいてみただけでも20代女性が立て続けに並んだりと、若い女性に比較的人気のアプリだということがわかる。

というのも「ワクワクメール」と同様、「イククル」は割り切りやパパ活アプリの一つとして若い女性から認知されていることもあるため、そういった割り切りやお手当目的の募集なんかもちらほら見られるのである。

もちろんそれだけが理由ではないが、少なくとも「イククル」はパパ活目的のアプリだという側面がある点は否定できない。

イククルで実際に出会ってみた体験談

「イククル」での1ヵ月間の出会いの検証を経て、連絡先交換人数やセフレができたかどうかについての結果をご報告させていただこうと思う。

まず結論として、「イククル」でセフレを作ること・またセックスをすることはできなかった

というのも、割り切り女性と本番に至るまでの交渉はしていたのだが、金額面での妥協点が見つからず、結局私が降りてしまったからである。

しかし以下の画像のように、掲示板募集には割り切り目的の女性が数多くいることも事実であり、実際カカオの交換なども簡単にできたことは、「イククル」が本当に出会えるアプリであることを示していることに他ならない。

▼イククルの割り切り募集
イククルの割り切り募集

まあどうにももったいない気はするが、検証内でも何度か割り切りセックスを行っている関係で、少々予算オーバーのきらいがあっためやむなく諦めざるを得なかったのである。

誠に情けないご報告となってしまったことに、読者の皆様に深くお詫びを申し上げたい。

ということで、結果は以下の通りである。

  • LINE・カカオの交換…6人
  • 出会った人数…0人
  • キス・フェラまでした人数…0人※割り切り

まず出会いの総括としては、LINEの交換まではうまくいくもののその先にあまり発展しないことがほとんどだった。

これはやはり「イククル」の特徴によるもので、割り切りや手当を前提とした出会いというのが既に共有されているようで、普通に出会ってセックスをするといった価値観があまりアプリ内に根付いてないイメージがあった。

内2人ほどはそのようなことはなく、ただ単に連絡を無視されただけであるのだが(それでも真意はわからず)、「イククル」はやはり割り切りに特化した出会い系アプリだということが改めてわかった。

また、それでも第5位にランクインしたのは、完全に出会えないというわけではなくあくまでも条件交渉に失敗しただけということであるので、使う人の技量テクニックがあれば出会えるという意味で一応この順位にランクインさせていただいた。

今回の検証では出会うことができなかったのが非常に残念であるが、実際に連絡先を交換した相手が実は全員業者だった、みたいな地獄絵図でもない限りこの手の類の出会い系は優良アプリと言えよう。

イククル公式はこちら
*18歳未満禁止

第5位:「YYC」

YYCのイメージ画像

第5位にランクインしたのは「YYC」である。

「YYC」は一体どんなアプリなのか、またなぜ5位という微妙な位置にランクインしてしまったのか、その原因を追究していくことにしよう。

YYCの基本的なデータ・特徴

YYCに関する詳細データ
累計ユーザー数1,400万人以上(2021年時点)
主なユーザー層20~30代を中心とした幅広い層に人気
利用料金女性:無料
男性:従量課金制(1メッセージにつき50円)
主な利用目的恋活から遊びまで幅広く対応
運営会社情報株式会社Diverse(IBJグループ)
公式サイトYYC公式 *18歳未満禁止

「YYC」は、婚活業界No.1のIBJグループである株式会社Diverse社が運営している大手出会い系アプリであり、恋活婚活に特化した出会いが特徴の実績あるサービスである。

「YYC」は運営元が恋活事業の大手であることもあり、本当に出会えることで定評のある優良出会いアプリだと言える。

運営は恋活・婚活を目的とした出会いを推奨しているものの、実態としては遊び割り切り目的中心の出会いが大半を占めているため、今回はランキングに掲載させていただいた。

実際にAppStoreの口コミ評判を見てみても、出会いの質に関する評判の高さが窺える。

男性
AppStore
なかなか他の出会い系ではいい思いをしたことがないんですが、ワイワイシーは本当に逢えました!ユーザーが多くて機能がしっかりついているのはもちろんなんですが、なによりも運営のサポートセキュリティが安心感あるおかげで、のびのび自由に使えているお陰なのかなって思います。ちゃんと出会いたい人にはおすすめしたいマッチングアプリです。

一方で、大手3サービス(ワクワクメール、ハッピーメール、PCMAX)らと比べて業者の多さが気になるという口コミも一定数見られ、利用には少し注意が必要だと言える。

私自身も利用していて、大手三社より業者の数は圧倒的に多いと感じた。業者が多いほどメッセージを無駄打ちしてしまい、ポイントが一方的に減るだけなのでなるべく業者対策を徹底しているサービスを利用するべきである。

YYCで実際に出会ってみた体験談

結論から言うと、「YYC」ではセフレを作ることはできなかった

しかし数で言うと、

  • LINE・カカオの交換…5人
  • 出会った人数…1人
  • キス・フェラまでした人数…1人

と、そこそこ良い結果を残すことができた。

また「YYC」では実際に出会って、キス・フェラまでしてくれた女の子がいたのだが、今回は割り切りをメインとした出会いのご紹介であるため、一応5位という結果になった。

詳しくはこちらの記事で体験談を詳しくご紹介することにするが、「YYC」では比較的遊び目的の出会いが盛んなようである。

割り切り目的の投稿も少なくはなかったが、印象としてはやはり上位のアプリよりも割り切り募集は乏しい印象である。

YYC公式はこちら
*18歳未満禁止

第6位:「メルパラ」

メルパラのイメージ画像

第6位にランクインしたのは「メルパラ」である。

6位ともなるとかなりマニアックなアプリなのでは?と勘繰られる読者の方も多いと存じるが、「メルパラ」とは一体どんなアプリなのか、その詳細について解説していくことにする。

メルパラの基本的なデータ・特徴

メルパラに関する詳細データ
累計ユーザー数150万人以上(2021年時点)
主なユーザー層20~40代が中心。
利用料金女性:無料
男性:従量課金制(1メッセージにつき50円)
主な利用目的恋活から遊びまで幅広く対応
運営会社情報有限会社MIC総合企画
公式サイトメルパラ公式 *18歳未満禁止

「メルパラ」は規模で言うと、上位アプリと比較して少し見劣りしてしまうのはいただけない。

累計会員数は150万人と、ランクインしているアプリの中でも一番低い数字になってしまっている。

しかし運営実績に関しては創業が2001年と、歴史ある優良出会い系サービスであることは見て取れる。

確かに「メルパラ」は一時期非常に人気の高かった時があり、ガラケーやPCでの出会い系サービス時代に全盛期を迎えている。

しかし現在では競合の「ハッピーメール」などに一歩出遅れてしまっており、アクティブユーザー数でいっても比較的もの寂しい雰囲気が漂っている。

だが、裏を返せば現在でも根強い人気を持っている隠れ優良アプリである、という見方もできよう。実際に現在でも使っているユーザーは確かに存在しているし、好みは別れるかもしれないが決して使えないアプリではないと言える。

メルパラで実際に出会ってみた体験談

「メルパラ」に関してはデータのみでのご紹介とさせていただくが、出会いの数に関しては以下の通りである。

  • LINE・カカオの交換…3人
  • 出会った人数…0人
  • キス・フェラまでした人数…0人

「メルパラ」は「イククル」と似ていて、やはり割り切りに特化したアプリであると言わざるを得ない。

また、実際にセックスまで持っていけるアプリではあるのかもしれないが、やはりどうしても割り切りを挟まなければそういった話題にならないような雰囲気がどことなくあり、使い勝手そこまで良くないのが正直な印象である。

そして残念ながら、今回の検証では割り切り相手を探すことができなかった。理由としては、単純に会いたいと思うような魅力的な女性が少なかったからである。

筆者
筆者
正直クオリティが微妙だ…

実際LINEやカカオの交換はできたものの、年齢層も正直微妙であったし本当に出会えるかどうかは怪しいような雰囲気が感じられた。よって、「メルパラ」は惜しくも残念な結果となってしまった。これからのサービスの向上に期待したい。

メルパラ公式はこちら
*18歳未満禁止

第7位:「Jメール」

Jメールのイメージ画像

惜しくも第7位にランクインしたのは「Jメール」である。

残念ながら今回のランキングでは最下位となってしまったが、一体その決め手は何か・また「Jメール」の出会いの特徴と実際の出会いやすさはどうか、徹底的に検証していくことにする。

Jメールに関する詳細データ

Jメールの基本データ一覧
累計ユーザー数600万人以上(2021年時点)
主なユーザー層20~40代が中心。
利用料金女性:無料
男性:従量課金制(1メッセージにつき70円)
主な利用目的恋活から遊びまで幅広く対応
運営会社情報有限会社MIC総合企画
公式サイトJメール公式 *18歳未満禁止

実はこの「Jメール」、6位の「メルパラ」と同じ運営会社の出会い系サービスで、「メルパラ」と同様に出会い系サービス黎明期から業界を支えてきた老舗サービスなのである。

むしろ累計会員数で言えば「Jメール」の方が600万人と圧倒的に多く、下支えのある根強いサービスであることが窺える。

しかし今回はなぜ「Jメール」を7位にしたかというと、とにかく業者が多いのがその理由である。

「Jメール」はサービス自体は使いやすく、ユーザーも可愛い女性がたくさんいるように見えるため一見かなり優良出会い系アプリに見えるが、その実はほとんど業者の巣窟と化してしまっているのが残念なポイントである。

今回検証していて最もつらかったのはこの「Jメール」を使っている時で、いくらメッセージを返しても一向に業者以外のユーザーが見つからず、さすがに心が折れかけてしまった。

しかしそんな状況でも出会いというのはあるもので、めげずに何日かかけて返信を繰り返していったところ一般の女性からも返信が返ってくるようになった。

それでは早速「Jメール」の検証結果をご報告させていただこう。

Jメールで実際に出会ってみた体験談

例のごとく「Jメール」でもこちらの記事で詳細の体験談をご覧いただきたい。本稿では省略して出会いの結果だけを簡潔に述べさせていただこうと思う。

結果は以下の通りである。

  • LINE・カカオの交換…3人※業者除く
  • 出会った人数…1人
  • エッチできた人数…1人

なんと、「Jメール」では出会った女性と本番までいくことができたのである。しかも割り切りではなく、通常の出会いによって、だ。

しかしそれではなぜ「Jメール」が最下位になってしまったかというと、連絡を取れた女性が漏れなく40代後半以上の熟女世代のみだったからである。

もちろんこれは私の力量不足である可能性が十分にある。中には若くて綺麗な女性もいることに間違いはないだろうし、実際そういった報告も聞いたことがある。

筆者
筆者
だがしかし、私が実際に検証して確かめた以上では、どう頑張っても熟女としか出会えなかったのがマイナスポイントである。

私自身そこまで熟女女性に抵抗はなく、むしろ好きな部類ではあるのだが、熟女女性に偏りがある点・どうしても業者の数が気になってしまう点の二つのポイントから、惜しくもこの順位とさせていただいた。

もし「Jメール」で若い女性と出会えたというような情報があれば、ぜひとも私まで教えていただければ幸いである。

また実際に出会ってセックスできたとは言っても、割り切りの出会いではない普通の出会いとなったため、今回のランキングでは残念ながら最下位とさせていただいた。

※熟女との出会い、セフレ関係に興味がある方はこちらがおすすめ
1ヵ月で5人の熟女と出会いセックスできたアプリを7つ厳選してご紹介。体験談や口コミ評判も徹底評価

Jメール公式はこちら
*18歳未満禁止


※参考記事

↑ページTOPへ戻る